スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!

  • 98人登録
  • 3.74評価
    • (9)
    • (12)
    • (16)
    • (0)
    • (1)
  • 10レビュー
  • ¥ 2,376
  • マセマ出版社 (2003年04月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784944178209

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!の感想・レビュー・書評

  • 請求記号:413.3/B12

  • 微分・積分の3冊目。これも非常にわかりやすい。εーN論法、εーδ論法、テイラー&マクローリン展開、ラグランジュの未定乗数法、重積分、ヤコビアンなどが扱われている。

    問題数自体は少ないが、演習問題の途中式が省略されておらず、行間を自力で埋める必要がない点はありがたい。

    しかし解説が親切な分、本書を一読しただけでは自力で解けるようにはならない。何度か復習する必要がありそうだ。

    駿台⇒代ゼミ⇒マセマとやってきて、一応微積分の基礎固めはできたと思う。これらを復習しつつ、いずれ、もう少し厳密な基本書にも取り組みたい。

  • 解説が可也丁寧で良いです。
    問題数は少ないので、必要に応じて他のテキストで補う必要があります。

  • 今の実生活につながることはほとんど無いけど、アタマのトレーニングで読んでいる。

  • 一年生のときにお世話になった。
    基本的な微積分の計算のためにこれぐらいマスターすれば良いと
    思う

  • 和図書 413.3/B12
    資料ID 2011101035 / 2011101036

  • マセマ出版の他の本にも言えるが、独特の語り口で丁寧に説明してあり、一見取り組みやすそうにも見えるが、内容的には初級〜中級という感じのレベルの本だと思う。しかしこの本1冊だけではやや網羅し切れていない部分もあるので、そこは他の微積分の参考書にも取り組むべきか。いずれにしても、数学・物理の取り組みやすい参考書としては、このシリーズはかなり有用だと思う。

  • 2006年

    すべては読みきっていないけど、大学1年の1、2学期(2006年 4~6月、9~11月)にこの内容を勉強しました。線形代数と同様とても平易な参考書で、高校数学から大学数学へ入っていくのにとても良い本だと思います。最初の方にあるε-N論法で、記号を使って簡略化した書き方をしているが、これに惑わされずきちんと意味を捉えるようにして読みたいところ。
    今はテイラー展開やマクローリン展開のの公式を調べるための辞書としてしか使っていないけど、もう一度じっくり読みたいと思う本。ちゃんと読めば、微積分の本質が見えるかもしれないと言う予感。

  • 受験勉強ののりがいいんじゃないでしょうか。できる人は高度な本をやればよいのであって。

  • わかりやすい!苦手の数学でしたが良がきました。

全10件中 1 - 10件を表示

馬場敬之の作品一覧

馬場敬之の作品ランキング・新刊情報»

高杉豊の作品一覧

高杉豊の作品ランキング・新刊情報»

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!を本棚に登録しているひと

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!を本棚に「積読」で登録しているひと

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!はこんな本です

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

吉田尚記

コミュニケーションが苦手な人への処方箋

ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんが、コミュニケーションが苦手な人に向けて、テクニックや考え方をつづった本です。自身も、「コミュ障」という吉田さんですが、コミュニケーションをゲーム捉え、どうルールや制約の中で動いたり、また相手に気持ち良くなってもらうかを惜しむことなく語っています。
そして吉田さん自身も「コミュ障」だった経験から、コミュニケーションが苦手な人にとても寄り添った内容となっています。

本の詳細&レビューを読む»