スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!

  • 105人登録
  • 3.77評価
    • (10)
    • (12)
    • (16)
    • (0)
    • (1)
  • 10レビュー
  • ¥ 2,376
  • マセマ出版社 (2003年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784944178209

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!の感想・レビュー・書評

  • 請求記号:413.3/B12

  • 微分・積分の3冊目。これも非常にわかりやすい。εーN論法、εーδ論法、テイラー&マクローリン展開、ラグランジュの未定乗数法、重積分、ヤコビアンなどが扱われている。

    問題数自体は少ないが、演習問題の途中式が省略されておらず、行間を自力で埋める必要がない点はありがたい。

    しかし解説が親切な分、本書を一読しただけでは自力で解けるようにはならない。何度か復習する必要がありそうだ。

    駿台⇒代ゼミ⇒マセマとやってきて、一応微積分の基礎固めはできたと思う。これらを復習しつつ、いずれ、もう少し厳密な基本書にも取り組みたい。

  • 解説が可也丁寧で良いです。
    問題数は少ないので、必要に応じて他のテキストで補う必要があります。

  • 今の実生活につながることはほとんど無いけど、アタマのトレーニングで読んでいる。

  • 一年生のときにお世話になった。
    基本的な微積分の計算のためにこれぐらいマスターすれば良いと
    思う

  • 和図書 413.3/B12
    資料ID 2011101035 / 2011101036

  • マセマ出版の他の本にも言えるが、独特の語り口で丁寧に説明してあり、一見取り組みやすそうにも見えるが、内容的には初級〜中級という感じのレベルの本だと思う。しかしこの本1冊だけではやや網羅し切れていない部分もあるので、そこは他の微積分の参考書にも取り組むべきか。いずれにしても、数学・物理の取り組みやすい参考書としては、このシリーズはかなり有用だと思う。

  • 2006年

    すべては読みきっていないけど、大学1年の1、2学期(2006年 4~6月、9~11月)にこの内容を勉強しました。線形代数と同様とても平易な参考書で、高校数学から大学数学へ入っていくのにとても良い本だと思います。最初の方にあるε-N論法で、記号を使って簡略化した書き方をしているが、これに惑わされずきちんと意味を捉えるようにして読みたいところ。
    今はテイラー展開やマクローリン展開のの公式を調べるための辞書としてしか使っていないけど、もう一度じっくり読みたいと思う本。ちゃんと読めば、微積分の本質が見えるかもしれないと言う予感。

  • 受験勉強ののりがいいんじゃないでしょうか。できる人は高度な本をやればよいのであって。

  • わかりやすい!苦手の数学でしたが良がきました。

全10件中 1 - 10件を表示

馬場敬之の作品一覧

馬場敬之の作品ランキング・新刊情報

高杉豊の作品一覧

高杉豊の作品ランキング・新刊情報

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!を本棚に登録しているひと

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!はこんな本です

創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史 (光文社新書)

輪島 裕介

「忘れ去られようとしている伝統」は忘れて『演歌』を楽しく聴く作法

今年3月に超党派議員らが設立した『演歌・歌謡曲を応援する国会議員の会』において、「日本の伝統が忘れ去られようとしている」という危機感が表明されましたが、本書はその「日本の伝統」たる『演歌』の本当の歴史的事実を、膨大な資料を渉猟しながら具体例とともに論じた、第33回(2011年) サントリー学芸賞・芸術・文学部門を受賞した名著です。
もともと自由民権運動の文脈の中で社会批判と風刺の「歌による演説」であった明治・大正期『演歌』が昭和初期に廃れ、戦後1960代後半に全く別の文脈で復興され、やがて「真正な日本の文化」とみなされるようになった史実を、添田唖蝉坊「ラッパ節」からひもとき、半田健人におけるサブカルチャー的受容までコンパクトに一冊に整理されています。
個人的に以前から気になっていた『演歌』におけるショーアップ的な地名ソング、襟裳岬、長崎、横浜、神戸、津軽海峡、天城、等々、昨今のJ-POPにおいては消えてしまったこの「旅情」感度のルーツとは「股旅者」であったという指摘は大変に腹落ちました。改めて「忘れ去られようとしている伝統」は忘れて「創られてきた伝統」を通観した上で『演歌』を聴いてみるのはいかがでしょうか?

本の詳細&レビューを読む

ツイートする