GHOST WORLD 日本語版

  • 36人登録
  • 3.89評価
    • (6)
    • (4)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 峯岸康隆  Daniel Clowes  PRESSPOP LABO  山田祐史 
  • PRESSPOP GALLERY (2001年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784990081201

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
リチャード ブロ...
エードリアン・ト...
ダニエル・クロウ...
アレハンドロ・ホ...
ダニエル・クロウ...
梶井 基次郎
マーク・ミラー
有効な右矢印 無効な右矢印

GHOST WORLD 日本語版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ずいぶん前に買っていた。大傑作映画の原作で、映画は何度も見ていて、頭の中で照らし合わせながら読んだ。

     コマの大きさが均一に近くて、どのコマもしっかり背景が入っており、映像みたいだった。登場人物の姿勢の悪そうな脱力した感じがコマの構成から始まっているようだった。

     映画は物語的な浮揚を意識して構成しなおしているようであった。結末もふわっとしていて、これはこれですごくいい。原作の方がずっと気だるかった。周囲の人を揶揄し嘲笑している感じが、わが身にとっても恥ずかしくて読んでいて叫びだしたくなる。ただ、彼女たちは認めるところはちゃんと認めていて地に足が着いている。

     ジョシュの存在が映画より大きかった。イーニドは片親で、継母が何人もいて愛着障害があるのかもしれない。

     スカヨハはすっかり大出世しているけどソーラ・バーチは元気にしているのだろうか。

  • あなたは本当に 素敵な女性に なった
    最後につぶやくそれがたまらなく悲しい

  • アナーキーになりたかった。
    若い故の、刺々しさ、自意識の強さ。
    ミーハーな事に踊らされている世間をバカにしながら、友達と毎日を過ごす自分らもまたその対象になっている事に気付かないで。
    退屈で居心地のいい時間は永遠に続かない。
    あの頃はもう訪れない。

  • 漫画の方もいいです。

  • 絵がかわいい。言葉づかいがかわいい

全5件中 1 - 5件を表示

GHOST WORLD 日本語版はこんなマンガです

ツイートする