Tracy Chapman

  • 36人登録
  • 3.65評価
    • (6)
    • (0)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
アーティスト : Tracy Chapman 
  • Elektra / Wea (1988年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0007559607742

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Tracy Chapmanの感想・レビュー・書評

  • 1988年発表。
    グラミー賞
    『最優秀新人賞』
    『最優秀女性ポップス・ヴォーカル賞』
    『最優秀コンテンポラリー・フォーク賞』

    三冠受賞の効果もあって
    ファーストアルバムにして
    1000万枚以上のセールスを記録した名盤♪


    トレイシー・チャップマンは、
    アフリカ系アメリカ人の
    女性シンガーソングライターです(^^)


    打ち込み系や
    MTV的POP SONG全盛の時代に
    突如として現れた
    切なく哀しげな、
    ソウルフルなフォークナンバー。


    ラジオから流れてきた曲は
    『Fast Car』。


    どこか中性的で力強く、
    淡々と歌っているのに
    深みのあるその声の魅力に
    一瞬にして心持っていかれました。


    黒人の女性歌手が
    アコースティックギター1本で歌う
    シンプルだけど
    強烈なインパクトを持ったフォークソング。
    あとで歌詞を自分なりに訳してみて
    その内容自体にも
    ガツンと打ちのめされた。



    両親の離婚後、
    貧しさのために
    学校を辞め働かなければならなかった
    主人公の少女。

    酒浸りの父親との
    辛い現実から逃れるために、
    ボーイフレンドに
    あなたの早い車で
    私を連れて逃げてと歌う
    刹那的で悲しい歌。


    主人公の少女は
    夢を託した彼と逃げるものの、

    いつしか魅力的に見えた彼も
    自分が嫌っていた父親と同じく
    職もなくアル中になり、

    また逃げる前と同じ
    どん底の暮らしに戻っていくといった
    衝撃的な内容。


    このファーストアルバムも、
    貧困や人種差別、
    家庭内暴力、孤独など
    黒人社会にはびこる矛盾や現実、
    社会問題を鋭く描写した
    メッセージ性の強い歌詞で、
    静かなる怒りや
    哀しみで溢れています。



    悲しくも躍動感みなぎる
    デビューシングル
    『Talkin' Bout A Revolution』

    大ヒットした心震わす名曲
    『Fast Car』

    人種差別を歌った
    『Across The Lines』

    家庭内暴力や社会への怒りを描いた
    アカペラナンバー
    『Behind The Wall』

    陽だまりを思わす温かなメロディーの
    『Baby Can I Hold You』

    など
    メッセージ色の強い内容ですが、
    歌詞の意味が例え解らなくても
    美しいギターの音色と、
    そのエモーショナルで切実な歌声と共に
    誰の胸にも必ず響く
    本当に素晴らしいアルバムです(o^-^o)

  • このファーストでしびれて、新譜が出るごとに買っている。
    もっと注目されていい人だと思う。

    個人的には、大島弓子のマンガを読むときに、これをかけると、泣ける……。

    2010年10月に(Metal Box)が出た。
    ASIN: B003UNNB1O

  • #2のfast carが好き。

  • 1988年にリリース。アコースティックなメロディーが心を打つ。「Fast Car」は必聴!

  • 烏兎の庭 第一部 音楽 Home Again――遠きにありて思うもの 1.1.04
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto01/music/Home_Again.html

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Tracy ChapmanのLP Record

Tracy ChapmanのLP Record

Tracy ChapmanのLP Record

ツイートする