勝訴ストリップ

  • 3726人登録
  • 3.71評価
    • (773)
    • (421)
    • (1553)
    • (10)
    • (4)
  • 450レビュー
アーティスト : 椎名林檎 
  • EMI Records Japan (2000年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988006166141

勝訴ストリップの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校時代に聴いていたもの。今はちょっと自分がおばさんになってて、耳が痛くて勝訴は聴けない。
    当時は毎日聴いてました。気に入ってたのは浴槽、月に負け犬、依存性。若かったなーと自分でも思います。

  • 無罪モラトリアムより音が全体的に華やかな感じ。
    より亀田さんっぽい。

    初めてちゃんと歌詞カードを見て、今更ながら歌詞を正確に把握した。。
    たぶん音が優先で意味が分からない部分もあるけど、「闇に降る」は言葉の選び方と曲がすごく合っていて聴いてて気持ちよい。ストリングスもかっこいいし、師匠のベースなどバンド演奏も素晴らしいせいでしょうか。

    「アイデンティティ」みたいな勢いのあるロック!て感じも好きですが。
    「ギブス」はいつ聴いてもいい曲ですね。”力作”って感じ。
    「罪と罰」の出だしでは鳥肌が立ちます。
    声の迫力が半端ない。

  • 東京事変になってからのほうが好きなのですが、たまに聴きたくなります。

  • どこを切っても違うものが出てくるけど、どこを切っても「女」だ。なぜか女というものを強く感じる。椎名林檎は恐るべきメロディメイカーだと感じる。好きな曲は「虚言症」「闇に降る雨」「月に負け犬」そして「罪と罰」。

  • この独特のもたれかかってくるような調子が好き。

  • 「月に負け犬」が好き。

  • どちらかといえば無罪モラトリアムのが好きかな。

  • すごくよく聞いてたから収録曲順に思い出せる感覚がある。古いCDなのにずっとレンタル中でタイミング悪かったんだけどようやく。「浴室」が好き。

  • 月に負け犬
    「好きな人や物が多過ぎて 見放されてしまいそうだ」
    歌い出しの、これ。
    この言葉があまりにも私とかぶるものだから、つらいを通り越してニヤニヤ笑ってしまう。
    歌い方やメロディ自体も大好きで、もう、何度も聞いてしまう。

    そうなのだ。
    好きな人や物が多すぎるのだ。
    そういうものが身の回りにあふれすぎていて、何をいちばんにするのかが自分でも全くわからないのだ。
    だから誰からも、何からも見放されてしまうようなおそれのようなものもあるけれど、でもその恐怖は本物ではなくて、嬉しい嬉しいという気持ちの別な形の発露なのだ。

    だって、大好きなものが周りに溢れているなんて、多すぎるなんて、しかも今は見放されていないなんて、恐ろしく幸福な話じゃないか。
    「虚勢を張る気は無いのだけれど 取分け怖いこと等ない」のだ。

  • 好きだー!

全450件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

勝訴ストリップに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

勝訴ストリップを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

勝訴ストリップを本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

勝訴ストリップのMP3 ダウンロード

ツイートする