魔女の宅急便 [DVD]

  • 4839人登録
  • 4.17評価
    • (1333)
    • (654)
    • (797)
    • (23)
    • (4)
  • 591レビュー
監督 : 宮崎駿 
  • ¥ 4,950 (参考価格 ¥ 5,076)
  • ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2011年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241980083

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

魔女の宅急便 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 大人になって社会人になってもまた、色々噛み締めることが出てくる映画。

  • 田舎から単身で出て来たキキへの、人の反応が都会的で、手を差し伸べてくれる人、無視する人、馬鹿にする人、見守る人、いろいろ、そのたくさんの誰かに囲まれて自分がある。

    気になる男の子と、すごくこわい体験をした後に、ホッとして涙が出るほど大笑いするの、夏休みっぽくていい。
    何度も観てるのに、魔女宅に、たくさん海が出て来ることに、初めて気が付いた。
    キキが選んだ街は、海に浮かぶ島。
    ジブリって、こんなふうに見落としてるものが無くならない魅力がある。
    繰り返し観るのは、何かあるやろ?が、させてる。

  • 初めて観た。名作なのになぜ避けていたのかしら。

    とても良かった。思ってたのと違って。

    ジジって話せるんだーとか。
    空ものの時はユーミンなのか?とか。

    最後飛べるようになったけどなんでジジの言葉がわからないままだったんだろ。

    よかった。また観たい。
    (160710)

  • 「金曜ロードショー」にて久々の視聴。悪者がまったく出てこないし、健気な美少女が苦労を経験しながら成長していくという、人畜無害な話。でも、町の人々が淡々と日常生活が送るなかで、異物であるはずの「魔女」がふつう溶け込んでいるという世界観が何気に狂ってる(笑)。

    童心を失うと空を飛べなくなるという設定はおっさんはしんみりしてしまいます。

  • ヨーロッパ(スウェーデンの都市などがモデル?)の石畳の街並みとかお店の雰囲気がキレイで気に入った( ˆωˆ )♡

    そして何よりもキャラクターそれぞれがかわいい…!!
    キキ、ジジは抜群のかわいさ!
    おソノさんやウルスラ(絵描きの女の子)とかも見てて清々しい。
    トンボとキキのからみもたまらない。

    キキがトンボとケンカして、不貞腐れてベッドにボン、て倒れるシーンが好き。
    嫉妬、というか、自分で勝手に屈折した気持ちになって、他人に当たって、自己嫌悪に陥ることって、今でもある。
    それからひたすら悩んで、魔法も使えなくなってしまって、がむしゃらに悩む。
    すごく共感…ひたすら頑張って、それでもダメなら、好きなことして休む。そうすればまた力が湧いてくる、大丈夫。
    何か大切なものを思い出せた気がします。

  • ラジオをつけたらルージュの伝言が流れるオープニングいつみても何度見てもかっこよすぎる。
    新しいところにいく、わくわく感はんぱない。
    そして新しい街でであうオソノ夫婦すてき。
    人生なんてとんとんうまくいかないし、悩んで立ち止まってしまうけど、そんな時ってぽっと手を差し伸べてくれる人がいて、また前に進めるんだよね。

    エンディングほっこり。

  • 久しぶりに金曜ロードショーで観ました。

    今まではキキに感情移入して、新しい生活への憧れや不安なんかにそわそわしながら観ていたんだけど、もうそんなトシじゃなくなったらしい。

    お父さんが、キキを抱き上げるのにちょっと手間取るところとか!なにそのリアルさ!泣

    キキを見守る立場で観ていると、はじまりから旅立ちの場面までうるると終始涙ぐんでいました。

    そして、ラジオをつけて「ルージュの伝言」が流れ…ああ、なんてすてきなオープニングだろうと、ジブリすごいなーなんて思いました。

    また観よう。

  • 今まで何回も観たことがあるのに、以前のラピュタと同様に、ほとんど覚えていなかった。。なぜこんなに忘れているんだろう。そして、最後は感動して涙が…。

    魔女の宅急便がすごく素敵な話だったことに今頃気付いた。

  • 何年経っても色あせない作品と音楽。ルージュの伝言を聞くと背伸びしたかった子供時代を思い出します……街を探して飛んでいくわくわく感やきらめき。観るたびに新鮮な気持ちになれます

  • 金曜ロードショーありがたや。小学生だかに観たけどまったく面白さもわからずなんだこれとしか思わなかったけど、この歳になって初めて観るくらいの気持ちで改めて観たらわかった。キキのコロコロ変わる態度やそれに付随して挿入される独特の「間」は、全部乙女ゴコロなんだねきっと。やっとわかりました。
    そして途中から聞こえなくなるジジの声の意味ね。あとから聞いてへぇーと。深いというかなんというか。魔女という特殊な属性を持ってはいるけども、誰にでも訪れるような経験を通じて描かれる1人の少女の成長物語なんですねきっと。

  • ジブリ史上一番の萌えキャラは、キキのお父さんだと思うのです。そこは譲れない。
    そして結婚したいジブリキャラ一位は絶対にトンボ!あんな良いひと、なかなかいないぜ。雨の中待っててくれるんだぜ。つれなくしてもフレンドリーなままなんだぜ。行動力もあって、そこそこ頭も良くて(でないと飛行機は作れないはずだ)、ドタキャンしても怒らない懐の深さまであるんだぜ。あの歳で。トンボ、恐ろしい子…!

    小さい頃はただただジジが可愛くて、ジジと犬のやりとりが好きなだけだったけれど、大人になってから観ると泣けます。寂しいとか辛いとか、誰にでも言える感情ではないから言わないでいると、どんどんと内側を侵食していく。それをどうやって吐き出して消化していくのか、が大人になるということなのかもしれません。

    糸井さんの「いろいろあったけど、私は元気です」が鑑賞後に染み入る。

  • 今さら説明もいらんだろう、というくらい有名かつ人気の映画です。

    好きなジブリ映画の一つです。
    もうほんと何もかもがいい。

    オープニング曲の入り方が神がかっている。
    この時点で泣ける。
    原作を読んで観るとなお面白い。
    何度でも観れる映画です。

    コリコの街はスウェーデンをモデルにしているそうですが、わたくし、見つけました。
    クロアチア、ドブロブニクの壁があるよー!
    ちょっと感動。

  • いま見終わったところです。
    いい作品ですね。

    魔女は、13歳になったら、魔女のいない街で修行をする。
    そして、自分で生活する。
    海の見えるきれいな大きな街。
    魔女キキは、ステキな街だと思って、その街にするが。

    しかし、都会だった。
    ふーむ。
    都会では、やはりなれないことが多い。
    人間関係も違ってくる。

    キキの心の動き。
    そして、あおい屋根の家のおばあちゃんのパイを届けることで、
    なにか、つめたいものを感じ・・・そして、
    おばあちゃんが、
    ケーキを焼いてくれるのがステキですね・・・

    なにか、あったかいものが、
    さーて、集中して、
    デッキブラシさえもかえる魔力を持つぞー。
    しまった、魔女ではなく、魔男だった。

  •  
    わたしのジブリ映画ナンバースリーに入る魔女宅!こどもの頃から金曜ロードショーで必ずみたりして何度目かわからないけれど、ほんとにすきだー!(ちなみにあとは紅の豚とラピュタがすき。どうやら主人公が何かしら旅に出る、海がみえる、敵がいて戦って恋愛する、のがすきたぶん)いま小説のほうの魔女の宅急便を読んでて、映画もみようと思い立った。この映画のつづきをはやく文章でよみたい。キキはたった13さいでこんなに立派なのに・・と思って早10年も過ぎてしまった。わたしはいつこれだけ町となじんでひとと必要とされて生きていけるんだろう。キキすごい。わたしもがんばるぞー!

  • キキの葛藤が、なんだか心にグサッときた。
    そしてジジとか出てくる動物がすごくかわいくて、街も登場人物も、すべてが好きだった。
    何度も繰り返し観たい。

  • 請求記号:05D132(館内視聴のみ)

  • 久しぶりに見たくなってDVDを借りた。
    魔女の宅急便とか天空の城ラピュタとか見たことあるけど細部までは覚えていない。ただ見終わった後はやっぱり感動していい気分になるんだよな。
     スタジオジブリは千と千尋あたりまでしか知らないけど。過去の作品は色あせないなー。wiki見て原作があると初めて知ったが、一度読んでみようかな。
     絵描きさん色合いがフィオにしか見えないからずっと心中でフィオって呼んでたけど。ウルスラさん。
     やっぱり昔のジブリが素晴らしいのは、絵の雰囲気があると思うんだよね。ウルスラの家とか、OPの川辺の木とか。一枚の絵としてずっと見ていられるクオリティ。
     好きなシーンはキキがトンボを助けに行くクライマックスシーン「飛べ」って静かに言うの超カッコいい。奥様とニシンのパイを焼くシーンもいい。ウルスラの家のシーンは全部好き。
     古いものと新しいものっていうテーマがあるのかな。空飛ぶ魔女と飛行機とか。田舎と都会とか。オーブンとかまどとか。おばあさんと若い娘とか。
     なんかジブリって語ろうとしたらいくらでも語れちゃうのがすごい。しかしぐちゃぐちゃしてくるからやめておこう。

  • 久しぶりに見たけど、面白かった。街並みとかが素敵。

  • ウルスラが格好よすぎる。
    「いいね、あたしそういうの好きよ」
    なんて、なかなか素直に言えないせりふだよ。

全591件中 1 - 25件を表示

魔女の宅急便 [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

魔女の宅急便 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

魔女の宅急便 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする