となりのトトロ [DVD]

  • 4597人登録
  • 4.13評価
    • (1238)
    • (571)
    • (825)
    • (22)
    • (6)
  • 529レビュー
監督 : 宮崎駿 
  • ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2012年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241980021

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

となりのトトロ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 夏休みに子供と観たいアニメといえばこれ。
    宮崎駿の不朽の名作『となりのトトロ』(1988年)、スタジオジブリ名義の作品としては『天空の城ラピュタ』に続く2作目の作品です。とある田舎の村を舞台に、都会から引っ越してきた姉妹・サツキとメイが遭遇した、ある夏のふしぎな出来事をえがいた物語です。時代は高度経済成長期前夜(昭和30年前後)、場所は東京近郊の農村(埼玉県所沢という説も)といったところでしょうか。もっとも、普遍的なおとぎ話として物語を楽しむためには、舞台を特定しないほうがいいのかもしれません。

    宮崎アニメの中でも『トトロ』は特に対象年齢が低く設定されている作品です。『風の谷のナウシカ』に見られるような痛烈な文明批判は『トトロ』では控えられており、かわって、日本古来の自然信仰、神道的世界観に基づく素朴なアニミズムが、物語の基調となっています。仄暗い静かな森、苔むした木の根、しじみ蝶にカタツムリ、お地蔵さまにお稲荷さん、季節とともに変化する田園風景…。いつかどこかで見たような、日本人のDNAに刻まれていそうな美しい風景が、私達の目を楽しませてくれます。宮崎アニメの中で、私は『トトロ』が一番凄い作品だと思います。悪者を作らず、戦闘シーンもなく、登場人物を殺したりもせずに、子供も大人も楽しめる長編アニメが作れるということ。『トトロ』はその証明だと思うのです。

    ただし、まったく毒がないかにみえるこの作品にも、よく考えるとやはり影はあることに気づきます。例えば、物語の中盤、塚森の大きなクスノキを前にしたお父さんの科白です。「昔々は木と人は仲良しだったんだよ」。何気ない科白ですが時制に注目してください。過去形が使われています。『トトロ』の世界で、この時点で、木と人が仲良しだったのは過去の話だと、サツキとメイの父親が明言しているのです。そういう目で作品を観てみると、ほかにも色々気になってきます。冒頭でサツキとメイがはしゃいでいたのは、元気いっぱいだからというだけじゃなく、彼女らにとっても豊かな自然は珍しいものだったからじゃないか、とか。井戸の使い方はおばあちゃんに教えてもらっていたサツキが、電話の扱いは手慣れた様子だったこととか。お父さんの大学の研究室が一瞬出てくる以外には、村の外の世界は一度も画面に出てこないこととか…。

    もしかすると、トトロの存在とは無関係に、あの美しい農村はそれ自体がすでにファンタジーだったのかもしれません。そう思うと少し切なくなると同時に、「宮崎監督恐るべし」と襟を正す思いにかられる、2014年の夏です。

  • 全部全部が愛おしすぎる!

    サツキとメイちゃんを見てると、姉妹っていいなぁ~って
    いつも口元がゆるんじゃうぐらいかわいい♡
    カンタのおばあちゃんの「メイちゃぁぁああん」って呼び方もかわいすぎる!

    こんなにも何気ないことが特別でキラキラしていたコドモの時間。
    毎回いつまでも忘れないで、と一番大切な宝物を受け取るような
    そんなキモチになります。

    トトロと一緒に芽が出るように「エイッ」ってするシーンが
    特に特に大好きっ。何度ワタシもこんなシーンを願っただろう!
    ジャックと豆の木みたいにそれを登って空まで登りたかったなぁ。

    かけがえのない、普通の日常がどんな大切で愛おしいか
    忘れたらいけない一番大切なものをいつもトトロは教えてくれます[*Ü*]

  • 夏休みを利用してTV放送をやっていたので、DVDでも見た。

    何回見ても、ほのぼのとした田舎?の情景が綺麗だなあ。と感じる。
    都会暮らしの私は、一度あのような森へ行ってみたい。

    でも、森林破壊などが進んでいるからあのような【トトロ】の森を守る為にできることはしていけたら、いいと色々感じられる映画だった。

  • 古き良き、昭和の日本のアーカイブ。

    ここまでほとんどの国民が観ていれば、
    日本人にとっての理想の里山、理想の家族、理想のコミュニティーの形を定義してしまった。と、いうほどの作品。

    この作品がある限り、日本人は日本人でいられるし、
    100年後も是非観られていて欲しい作品。

  • 大人になってから見ると、何でもないようなシーンでうるっときそうになる。メイちゃんのかわいさとか、姉妹仲の良い様子とか…
    見たあとは幸せな気持ちになる。感想を書かなくても、この気持ちがすべてだと思えるような…

  • 当時は、小学生なのにお弁当作っていてすごいな、なんて思っていたけど、今見るとなかなか大胆なお弁当。

    何度見たか知れないけど、何度見ても、セリフ全部言えても、飽きるなんてありえない。

  • 久しぶりに観た。
    大人になってから観るジブリ、泣ける。
    さつきとメイがお母さんの退院が延期になる件で喧嘩して、メイが泣いて、更にさつきが泣く場面、どっちも辛かった。
    エンディング曲で涙。平和に満ちた、平和を願った作品だと思った。文化。
    2歳の息子はちょいちょい興味を持って見ていた。どんぐりとか、トトロとか。
    猫バスは怖かったみたい(笑)
    私はお父さんが好き( *´艸`)

  • トトロって飛べるんだ…

  • 心が安らぐ良い作品。なんとなく懐かしい気持ちになれる。

  • 子供の頃からもう何度観たか分からないほど観ていて、私の血潮となっているジブリ映画の一つ。
    最近、2歳の娘がどハマりしていて、一日中エンドレスリピート。意外と短いお話なので、家事しているとすぐメイちゃん行方不明になる。

    一日になんっかいも観ていると、だんだんうがった見方をしてみたくもなる。

    サツキとメイは、ぱっと見サツキがしっかり者のお姉さんでメイが奔放で豪快な性格と見えます。年齢のせい、姉妹の違いもあるんだろうけど。
    しかし何度も見続けていると、だんだんサツキの方が豪快な性格で、意外とメイって繊細やなーと思えてきました。

    例えば朝ごはんのシーン。豪快にご飯を平らげて豪快に家を出て行くサツキとそれをポカンと見送るメイちゃん。
    おばあちゃんに預けられるも知らない、まだそんなに親しんでいない他人の家で、最初は大人しく過ごすも我慢の限界で泣き出すメイちゃん。
    それをしょうがないなと受け止め、一緒に授業を受けさせるサツキのあっけらかんさ。
    一番思ったのは、お母さんが病気で一時帰宅ができなかったシーン。
    サツキは不安が爆発しておばあちゃんにどうしようと泣きつきます。
    メイは誰かにすがるでもなく一人で泣いて、泣く姉の姿を見て、お母さんにトウモロコシを届けようと一人で決めて一人で行っちゃいます。
    繊細やな〜と感じざるを得ません。

    姉妹って妹の方が世渡り上手の甘え上手でモテるイメージですが、この姉妹はサツキの豪快さが際立ちすぎて逆なような気がします。
    大きくなったら、メイちゃんサツキにコンプレックス抱きそうやな〜とかどうでもいいことまで想像を膨らませてしまえるほど見続けています。

  • 齢40超えて初めて家族と観ました。千と千尋あたりから話や展開が強引でわかりにくいジブリ苦手になってしまったのですが、家族愛、人間(動物)愛あふれ展開も非常に分かりやすく、見終わった後もスッキリとする素晴らしい作品でした。子供も喜んでトトロの歌を歌っております。猫バスのりに行くかな・・・

  • 脳内再生できます。

  • 小さい時に観た記憶があるが、しっかり観ていなかったので今頃になってもう一度観てみた。
    なんだこの映画!めいかわいい!トトロに会いたい!
    こんなにいい作品だとは思いませんでした。

  • ジブリの中でも最高
    昨日、僕はDVDで「となりのトトロ」を見た。ジブリというアニメーションスタジオの映画だ。僕はジブリの大ファンで、「千と千尋」や「もののけひめ」を何回も見たことがあったが、あの有名なトトロを一回も見たことがなかった。トトロはディズニーの映画と同じ子どもの映画だと聞いていたので、17才の僕には幼い映画と思っていた。でもすごくおもしろかった!ディズニーの映画と全然違った。

    ストーリー:二人の姉妹のサツキとメイがいる。母が田舎にある病院に入院する。お母さんの近くにいるために二人は父と田舎の古い家に引っ越す。その古い家の近くにある丘にトトロという変な生き物がいる。トトロというのは、くまみたいな生き物で、すごく大きいけど全然こわくない。

    この映画はみんなにおすすめだ!

  • 幼稚園の頃から何度も観ているけれど、いつまでも大好きな作品。
    小さい頃、メイちゃんに似てるとよく言われていた(笑)。

    環境としては明るいわけではないけれど、まっすぐに生きている家族とその周りの人々、田舎の世界観、不思議なトトロ(まっくろくろすけ)、夢や希望を描いている最中。
    トトロは子供の大事な気持ちがいっぱい詰まった生き物。

    トウモロコシをみると思い出すお話。

    あ!この作品で一番大好きな人間はお父さんです。

  • 3歳の娘も大好き。何度見ても楽しめるし、心が洗われるような気がします。今回は親目線で、家族思いで頑張り屋さんのサツキちゃんとメイちゃんに、涙がこぼれそうになりました。

  • めいちゃん。すき。可愛い。懐かしい気分にさせてくれる作品

  • 「金曜ロードショー」にて。この映画の魅力はトトロのデザインに尽きるといってよいかと。巨大生物なのに可愛い。これは一種の発明。もちろん猫バスの奇抜でよい。

    まぁでもなんと気楽に観れることよ。物語にしても人物のキャラクターにしても、とても牧歌的で他愛がなく、いろんな意味で童話性が高い。案外ダークなところもある宮崎作品の中でいちばん子どもに見せやすい作品であることは間違いないです。

  • 1988年ですから、26年後に完全に観たことになる。
    四半世紀・・・・、これだけ社会現象になったものの全貌を知らなかったこと自体・・・世間に疎い。
    それにしても・・・たったこれだけの話なのに、感動を与えるんだなぁ。
    いまさら、コメントもないのでしょうが、よかったのひと言を。

  • 何度見ても飽きない、そして色褪せない作品。

  • 年を重ねるごとに感動の形が変わる、自分の中で自分だけの育ち方をしていく映画。そういう意味では『スタンド・バイ・ミー』と同じ部類に入る作品ですね。子どものときにしか分からない感激もあれば、大人になって初めて分かる感慨もある、非常に間口が広く、かつ懐の深い、お手本のような映画です。

    子どもであればあるほど、体がまだ成長していなければいないほど、「トトロに会える道」に通じやすい。子どもにしかない、不思議な感応力や超越的なものに触れる力というものはおそらく実際にあるはずですから。自分にもそういうものが備わっていたかどうかは分からないけれど、あったとしても確実にすっかり忘れてしまったことは間違いないので、こういう映画を大人になってから観ると、歩いてきた道を振り返って、遠すぎてもう見えなくなってしまった場所に思いを馳せるような、どこか寂しい気持ちになりますね。

    トトロは死神だとか、メイもサツキも実は死んでしまったとかいう噂もあるみたいですが、そんなことは正直どっちでもいい。間違っているとも、間違っていないとも思わない。そういうことは問題にしてもしょうがない。

    でも確かにこの映画に流れる空気感は、ちょっと怖いですね。とても綺麗で、これ以上ないくらいに澄んでいるのだけど、“不穏”とでもいいましょうか、そういう得体の知れないものを感じます。はっきり「死後の世界」と言えないまでも、それに近い、かつもっと微妙な「1と0の間のスポット」のようなものが画面のそこここに潜んでいるような気はします。穿った見方かもしれないけど。

    そしてそれは子ども時代には決して抱くことがなかった感覚。なぜでしょうね、やはり子どもである自分を失ったことが関係しているのでしょうか。
    もしかしたら、子ども時代は、そういった不穏で不可思議で謎めいたものを日常のなかで当たり前のように触れられていたのかもしれません。我々大人になった人間が一般的に住む世界を飛び越えたものと、子どもはそれと知らずに普通に接しているのかもしれません。
    そして大人になるにつれ感じ取れないようになってしまって初めて“超越的なるもの”として認識するがために、そこに不穏さの匂いを嗅ぎとるのかもしれません。子どもにとって、「1と0の間のスポット」との接点を持つことは、それほど稀なことではないのかもしれません。

    だって、ちょっと前まではこの世にいなかったんですからね。通常では考えられない力があってもそう不自然なことではないはず。生まれる前なんてそれこそ絶対的に不可知の世界なわけで、その残り香を宿したままこの世に存在しているなんていう可能性を考えたら、いろいろ説明がつかないことがあってもおかしくない。


    大人になってしまったら、絶対にもうトトロには会えない。宮崎駿に明確な意図があったかどうか分からないけど、トトロやネコバスなどのキャラクターは、大人になってしまってはもうどんなことがあっても触ることも見ることもできない、届かざる領域の総体として描いたものだと思います。こう書くと、当たり前すぎて逆に恥ずかしいことなのかもしれないけど。

    ていうかそんなことすらどうでもいいですね。トトロ可愛い会いたい。会えねえクソ。

    「となりのトトロ」。いつでもどこでも、あなたのそばに、となりに、いるかもしれない。ただし見えるのも触れられるのも、子ども限定という注釈付き。

    でも大人になって思い出せなくなってしまったものがこの映画の中にあるからこそ、こんなにも心に染みてくるんでしょうね。思い出せないものは思い出せないまま、だけど、うっすらとかすかに、そっと呼び起こしてくれる。そういう機会を与えてくれる貴重な映画。


    まだこれからも、何度も観ていきたいものです。

  • まだ幼い頃、私は言語の発達が遅れており、家族がとても心配していたようでしたが、この作品を何度も見ているうちに言葉を喋り始めたそうです。
    大人になった今、言語機能が少しは発達したのもトトロのおかげだと言えます。
    何度見ても飽きないおもしろさがあり、これから生まれてくる子どもたちにも見てほしい作品です。
    最近になってやっと、サツキとメイのお父さんが魅力的であることに気が付きました。

  • もう何回見たかわからない。
    ほとんど覚えるほど見たけどメイとトトロが出会うシーンとトトロとサツキとメイがドングリの種を育てるシーンはいつ見てもワクワクドキドキする。

  • 3歳の娘っこはトトロが怖いと・・・歌は喜んで聞いていました(オープニングはリピート)

  • 子供に帰れる(^^)

全529件中 1 - 25件を表示

となりのトトロ [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

となりのトトロ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする