ファイナルファンタジーIX

  • 2541人登録
  • 3.95評価
    • (683)
    • (281)
    • (751)
    • (10)
    • (1)
  • 360レビュー
  • スクウェア (2000年7月7日発売)
  • PlayStation
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4961012007004

ファイナルファンタジーIXの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私的に「7」と「8」はしっくりときませんでした。
    原点回帰ということで、期待して「9」を購入しました。

    確かに、ファンタジーな世界観とキャラクター達です。
    ただ、どの辺りが「クリスタル伝説復活」なの?
    ラストダンジョンに、ちょろっとクリスタルがあっただけじゃない。

    頭身は下げなくても良かったと思います。
    三頭身なのに、顔だけがリアルなので怖かったです。
    素直に可愛いと思ったのはビビだけでした。

    エセサイヤ人・フンドシ・ブサメンに誰が萌えると?
    ヒロインのガーネットは嫌いではありませんが、人外ですがフレイヤの方がイイ女だと思います。

    「7」や「8」に比べれば、全体的に丁寧な造りだったと思います。
    ミニゲームは程良い難易度でした。

    一回クリアしたら熱が醒めました。
    「FF9」は攻略本を出さないと思っていたので、攻略サイトのデータをプリントアウトしたら、後々、アルティマニアが出ました。
    心置きなくソフトを売って、出力した紙を捨てました☆

  • 自分の知る限り最高のゲーム。ある意味ではゲーム以上のもの。
    戦闘やミニゲームなども面白いが、やはり一番はストーリーでしょう。

    いや、それらをすべてひっくるめた世界観?とにかく素晴らしい。あの世界に自分も住みたいと思える本当に素敵な世界観だ。

    主人公のジタンの前向きで心強い言葉の数々。でもそんなジタンにも弱いところはあって、それを支えてくれる仲間の存在。人は助け合いながら生きていかなきゃ意味がないんだよね。そういうことを教えてくれる作品。

    生と死、孤独、心の闇、仲間の存在、覚悟。
    本当にいろいろ考えさせ、教えてくれる。

    ファンタジー色の強い世界観が、これらの重いテーマを軽くしてくれる。でもやはり深い。深すぎる。そこがまたいい。

    エンディングを観終わったときは1つの壮大な映画を見終った気分。まさに演劇的。そして屈指の感涙エンディングだと思う。

    クリスタルとかは確かにとってつけたようではあるが、それを吹き飛ばすくらいの魅力がこのゲームにはある。登場人物みんな大好き。この世界を作ってくれてありがとうスクウェア。

    自分の大切な人にぜひやってもらいたいゲーム。

  • ここまでどっぷりと浸かったゲームはこれ以前も、これまでも無いだろうな、と思わせる程一番好きなファイナルファンタジーです。

    発売前の毎週の情報で一喜一憂して。
    攻略本が当初は出ないと言うことで、ネットで情報を交換しあって(チャットとかで)何十時間もプレーしたなぁ。

    最初のタイトルのムービー。
    最後のエンディングのムービー。
    思い返すと、またやりたくなってしまいます。

  • おとぎ話のようで優しい世界観。

  • 「誰かを助けるのに理由がいるかい」
    かっこいい主人公とはジタンのこと

  • 4度目のクリア。クイナの姿に一目惚れして初めてプレイしたFF作品。愚直なまでに前を向くキャラに励まされた。カード集めに至るまでコンプしたのもこの作品だけ。

  • 命をテーマにした王道RPG。

    ストーリーがよく出来ており、音楽の盛り上げも良かったです。システムはシンプルですが、非常に遊びの幅が広く、サブイベントや寄り道も多くて楽しめました。それから新要素としてATEが追加され、物語に深みを持たせるのに貢献。ラスボスは蛇足な感じもしましたが他は大満足な作品。

  • たぶん私にとって最後のFF

  • Steanで。

  • 優しい世界観

全360件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ファイナルファンタジーIXを本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

ファイナルファンタジーIXを本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする