マトリックス レボリューションズ 特別版〈2枚組〉 [DVD]

  • 619人登録
  • 3.25評価
    • (31)
    • (54)
    • (189)
    • (25)
    • (7)
  • 44レビュー
監督 : アンディ・ウォシャウスキー  ラリー・ウォシャウスキー 
出演 : キアヌ・リーブス  ローレンス・フィッシュバーン  キャリー=アン・モス  ヒューゴ・ウィーヴィング  ジャダ・ピンケット・スミス 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2004年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135545787

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マトリックス レボリューションズ 特別版〈2枚組〉 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • マトリックス3部作の最終章。

    前2作で預言者オクラル役を演じたグロリア・フォスターが亡くなり、この作品ではメアリー・アリスが出演。
    矛盾を避けるため一部脚本が変更された。

  • はっきり言って難しい!

    最初と最後だけで良い様な気もするが・・・・・
    現実(機械の支配する世界?ザイオンの世界)の戦いはどうでもいい様な気もするが

    センチティネル?ボス(統合意識)との対話で
    「何が望みだ!」って問いに
    ネオが「peace!」って答えたのには ちょっと感動した!!

    機械の触手にネオが抱え上げられるシーンは
    ナウシカの様で「♪ランラン ランララランランラン〜〜♪」って
    心の中で思わず歌ってしまった自分が哀しい!


    雨天の対決は圧巻それ意外に伝える言葉が見当たらない
    でも建物の中に入った時に二人の着ている物が乾いているのにちょっと冷めたが

    ネオとスミスは表裏一体って事なのでしょうか?
    ネオが力を付けるとスミスの力も増大するって事なのでしょうか?
    (アウフヘーベンの定理?止揚?)の様に

    そのスミスが「すべての生物の目的は死ぬことだとね」って台詞に
    それに対峙するネオがブルースリーの様なポーズを取るって事は
    暗に「すべての生物の目的は生きる事だ(抗う事)」ってことなのでしょうか?
    まるで抗う者 ベルセルクを思い浮かべたよ!

    スミスの「愛も自由も平和も愛も ただの幻想 マットリックスと同じ虚構」とする唯心論者?
    (飛躍し過ぎか?)と
    ミスターアンダーソン(懐疑論者)の戦い?
    そこに宗教的なものが入って来てる感があるから厄介だけども!

    それを「選択したから!」って結論は・・・・
    まぁ人間ってそんなもんだけどもさぁ

    でもスミス(唯心論者)の「この世界は私のものだ!」って言葉は恐ろしいものがあるよね!
    でも スミスが アンダーソン君をネオって呼んだ時点で
    (neo=oneのアナグラム?)唯心論の崩壊?だよね!
    the ONEって呼んだ様なもんだから

    でもあの終りかたって全てはあの少女の夢だったって事?なの?
    ん〜わからん!
    それすらもオラクルと設計者?の手の平の中って事なの?
    取り敢えずは日はまた昇り
    また繰り返すってこと?
    不確定要素はあったけども計算の範囲内って事なの?
    オラクルと設計者とのせめぎ合いって事?
    それすら流れて行く文字の一文字でしかないって事?

    螺旋階段を上る様に同じ景色を見ている様でもあるが
    少しづつ高みに昇って行ってるって事?

    よくわかんないよ〜〜〜!

    でもオープニングの文字が流れて行くシーン!
    文字が景色になって世界になって
    その世界すら流れて行く文字の一文字でしかないって事を表してるんだよね?

    ん〜纏まりない文章だ!それすらマトリックスの一部であって
    この世界すら更に大きなマトリックスの流れて行く文字の一文字ですらないってことなのでしょうか?

    エヴァンゲリオンの様に謎だらけだよ〜
    エヴァの方はキリスト教と仏教?イスラム教?と
    (マトリックスリローデットは近いかも〜)ユングとか哲学をちょっとかじれば
    ある程度は(ほんの一部分だろうが!)納得出来たが....

    マトリックスは最後の解釈が難しい!

    あの機械の統合意識ってラグナロックて言う所のオーディーンって事?
    ん〜マトリックスの世界は現世に反映してるってのは
    ダークグリーンの現実とRドリームが表裏一体の様なもの?
      (この辺は あまりにマニアックなので理解する必要はない様な気もするが)

    あぁ〜誰か私に解説して欲しい〜〜!

    <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/00160a7b.b3a18351/?url=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2fathine%2f390851%2f390853%2f485758%2f5301... 続きを読む

  • 風呂敷を広げるだけ広げて 最終的にぶん投げた感じですね

  • 風呂敷を広げるだけ広げて 最終的にぶん投げましたね

  • 単体で見ると全然悪い映画じゃないのだが、いかんせん最初のマトリックスの「ネットで俺無敵伝説」のインパクトが強すぎ、普通のSFものになってしまった感じはある。

  • 前作『リローデッド』の後編。余計な小さなエピソードを加えたことで長くなってる。

  • [2013.08.26]
    機械との戦闘と艦のウルトラ操縦シーンはスターウォーズだったし、スミス戦はハリーポッターだったし……マトリックスの良さは特殊効果まみれの肉弾戦にあったのに、それなくしちゃあいくら迫力ある映像でも他の映画と一緒だよー。モニカベルッチ嬢とメロビジアンが一瞬しか出なかったのも残念でならないです。
    さいごは白か黒かではなく、お互いに共存を選択したのは、へえーとおもいました。スミスという共通の敵がいたおかげで仲間意識が芽生えたのかなんなのかあっさりすぎではあったけど。

    ヒューゴウィービングの顔芸は相変わらずよかった。顔芸だけでなく表現力のあるすごい役者さんです。

  • マトリックスレボリューションズ

    やはりリローデッドが余りに出来が良かったので、それと比べるとどうしても見劣りしてしまう。

    映像技術的には凄いことを演っているのだろうが、新鮮味は少なかった。

    しかしもう公開から10年近くが経つのに大して古さを感じないというのは由々しき事態だ。技術が進歩が遅々として進んでいないのではないかと疑ってしまう。物語性を排除しても、映像そのもので驚きと感動を得られる体験はこの先も多くは無いだろう。この映画をメルクマールとする必要は無いが、一昔前の映像体験を軽く超越するくらいの実写映画の登場が待ち遠しい。

  • 2003年公開。溜息。

  • さんさくめ。
    機械と人の共存の道へ。
    おもしろいなあ。すごいなあ。

    結構謎が多く、誰かと語り合いたい。
    それに尽きる!

  • だんだん話が難しくなってって理解するのに苦労した。
    結局、ネオは救世主やったってことやんな?

  • キアヌかっこいい。けど、やっぱりリローデッド、レボリューションズは蛇足だと思うんだよなぁ。
    どれだけすごい映像技術でも一作目の衝撃は越えられない。

  •  ソースに辿り着いた救世主ネオは、自分の前にも同じように辿り着いた者がいること、選択し人類滅亡か愛をとらなければならないことを知る。Controlしている巨大なシステムは、もはや壊れる可能性の無いものへと進化している。一方で、(おそらく)バグに近いと思われるスミスが巨大な力を持つ。これは、システムからみれば、凶悪なウイルスといえるだろう。伝染し、仲間を増やすワーム型のウイルスを人が演じる面白さ。そして、何よりも選択することへフォーカスしたシナリオはそれが運命なのか、自己の選択なのかという点に疑問を投げかける。船長のナイロビの凛とした美しさに目を奪われた。最後はもうこれしかないかという所だけど、この世界観は大切にしてほしい。

  • 55点。テレビでやっていたので鑑賞。近代「以前」の哲学とアクションを組み合わせた映画。当時はマトリックス一色だったよなぁ。

  •  シリーズのラスト。第一作目でその世界観に感動してドキドキしたのを懐かしく思い出す。もちろんアクションシーンもすごかったんだけど、発想の面白さというか、「認識論」をそのまま物語にしたような楽しさがあった。まさにSFであった。
    最後まで来て、そういう世界観の面白さのようなものは跡形もなく消えてしまった。どこぞのアニメで見たような安易な結末である。結局ここに行き着いてしまうのかなってがっかりした。ただそれで不満だったかといえばそういうわけではなくて、期待していた方向とはちょっと違ったかもしれないけど、それを補うだけの派手な戦闘シーンは、ずっと手に汗握って目が離せなかった。なかなかどうして、たいしたものである。
    前2作を見ていなければ、決してみない方がいい映画ではあると思うけど。

  • これが一番まともかも。

    ドラゴンボール
    ナウシカ
    など
    他にもいろいろありそう

    とにかくオタク臭い映画である

    そもそもキアヌ自身がオタク的ダサさ

    モニカ・ベルッチ気付かなかった。化粧?特殊メイク?

  • ザイオンを守るオッサンに泣いた。

  • 驚異のVFXを駆使し、世界中で大ヒット記録を打ち立てた「マトリックス」シリーズの最終章。ならず者のプログラムと化し、制御不能となったスミスが暴れ回る中、オラクルは、ネオに最後の導きの言葉を告げる。
    制作年 : 2003年

  • ネオが救世主という割には、どうにも納得できないエンド。

  • マトリックス・シリーズを完結させる本作は、前作『リローデッド』のラストシーン直後から始まる。昏睡状態となり現実とマトリックスの中間地点を漂うネオ。彼を救うため、トリニティーらは、マトリックス内でメロビンジアンの一派と戦う。その間もマシン軍団はザイオンに迫り、ついにマシンと人間の大戦争が開始される。
    多くの謎を残した2作目の余韻を引きずって観ると、ちょっと肩すかしを喰らうかもしれない。前半の会話劇も2作目よりはわかりやすく、全体にストーリーはシンプルだ。アクションで最大の見せ場となるのは、無数のセンティネルとザイオンの壁を突き破るドリルというマシンと、人間たちが運転する装甲ロボット「APU」との戦い。クライマックスのネオとスミスの一騎打ち以上に重点が置かれている。1作目のブレット・タイムや2作目のカーチェイスのように度肝を抜く新鮮さには欠けるが、スケール感は満足できるはず。結末を含め、コアなマトリックス・ファンよりも、マジョリティーの観客に向けたような作りになったのは監督の意図なのだろうか。(斉藤博昭)

    ●アマゾンの評価では1作目に比べて下がるみたいですね。なんか、悪役が最後ものすごい大量発生していたのを思い出した!…なんて拙い感想。。半年くらいしたらまた1から見直してみます。

  • 2003年アメリカ

  • 完結編。
    仮想現実(マトリックスの世界)と遠未来の現実での戦い。
    双方が完全に隔絶することなく、影響しあうのは、リアルな話しだと思います。選択という、0と1での理性的なシステムを作る機械と、それ以外の別の選択“希望”を信じる人間が、更なる可能性“未来”を拓く物語でもあると思いました。
    映像美だけではない、この映画は好みです。

  • 機械の戦いに熱いものを感じる。
    ナイオビの船の運転のうまさは必見。

  • 斬新な映像を見せて一度観客の心をつかんだ映画というのは、少々中途半端な続編を作っても一作目の期待感でヒットするという典型的な映画になってしまった感がある。もちろん、観客は一作目以上の期待をして見に行く訳なんで、一作目と同じ程度のモノでは一作目より低い評価を受けるというのも分かるので、その分加味して評価をしないといけないが、やっぱりこの映画は一作目で完結させておいたほうが作品や監督の評価は高くなってたんじゃないだろうか?
     まあ、2作目と3作目は一緒に撮ったので、2作目の時に感じたトリニティの老化も3作目では慣れてかなり普通に見ることが出来た。訳の分かりにくいストーリーは相変わらずだけど、完結する作品ということで消化不良のまま終わった2作目よりも評価は上かな。(Oz)

全44件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マトリックス レボリューションズ 特別版〈2枚組〉 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

マトリックス レボリューションズ 特別版〈2枚組〉 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

マトリックス レボリューションズ 特別版〈2枚組〉 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする