Debut

  • 111人登録
  • 3.45評価
    • (10)
    • (17)
    • (45)
    • (3)
    • (0)
  • 10レビュー
アーティスト : 土岐麻子 
制作 : 土岐麻子  いしわたり淳治  リン・ホブデイ  クリヤ・マコト  大石学 
  • AMC受託その他メーカー (2005年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4582167075221

Debutの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近立て続けに聞いている土岐麻子。
    きっかけはユニクロのCM「How Beautiful」を聞いてから。
    このCDは特に1曲目が最高に良いです。ゼヒ聞いてみてください。

  • シンバルスを全く知らなかったので、「なんだ、bjorkのパクリか」と、ジャケットとタイトルを見て思った次第なのですが、内容は全く別個に良いものでした。

  • 土岐さんのソロデビューアルバム。
    ”私のお気に入り”は、自分のお気に入りと重なるものがたくさん出てきて、おもわずニコニコしてしまいます。

  • 某レコ屋でかかっていて思わずコレ誰ですか?とたずねてしまったんですわコレ。その時流れていたのがM-8『ブルーバード』って曲。最高。

    元シンバルズのボーカルの人が最近JAZZのスタンダードのカヴァー集をリリースしてるというのは知ってたけど、このオリジナルも凄くいいじゃん!

    多分カテゴリー的にはJAZZボーカルになるのでしょうが前述のM-8『ブルーバード』を代表に非常に上質でちょいジャジーな極上POPSが並ぶ作品。

    なんとなく初期のユーミンや矢野顕子的な匂いも漂います。くせが無く少女性を感じさせる伸びやかなボーカルにマッチしたアレンジ・楽曲も見事。久々にアルバム通して聴ける作品です。

  • ほっとします

  • 本ばかりも何ですから。
    元Cymbalsのヴォーカル土岐さんの初のオリジナルアルバム。素晴らしいです。土岐さんの優しくて温もりのある声に聴く度癒されてます。

  • ちょっと期待はずれ。
    うーん。

  • iTMSで購入

  • シンバルズの幻影を引き摺っていて、少なからずあの音楽性を求めていた僕としては、なんだか拍子抜けという印象。高揚感があり華やかでありつつ平熱の“ロック”を求めていたわけですよ。このアーティストの声質でそういう事をしている部分にカタルシスを感じていたわけで、今作のような音楽性だとはまり過ぎていて逆に平凡な印象を受けてしまう。などと考えつつ聴いていったが、「夕暮れよ」という楽曲で考えを改めた。哀感と寂寥感を打ち出す方向のバラードだが、素直なアレンジと歌唱が上手くマッチし曲としての世界観が確立されていて、比較する気持ちが失せてしまった。細やかで率直なこの作品は、シンバルズにあったような強度を基準に考えていると楽しめないのだなぁと思い当たったわけで。8曲目「ブルーバード」でその思いは確固としたものになり。しみじみと良い、というか。一通り聴き終える頃にはやりたいことがはっきりと分かり、認識を改めざるを得なかった。良いです。

全10件中 1 - 10件を表示

Debutはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

Debutを本棚に登録しているひと

Debutを本棚に「聴きたい」で登録しているひと

ツイートする