女は二度生まれる [DVD]

  • 20人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : 川島雄三 
出演 : 若尾文子  藤巻潤  山茶花究  フランキー堺  山村聡 
制作 : 富田常雄 
  • 角川映画 (2005年9月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111281746

女は二度生まれる [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 若尾文子はいいなぁ・・・・。

  • これもまた「しとやかな獣」同様、明確なストーリーみたいなものはなく、淡々と進んでいく感じの映画だったため、眠気を堪えるのに必死でした(笑)

    ヽ(・ω・)/ズコー

    けれども、決してつまらなかったわけではなく、この当時の日本人の会話とか? には今の日本にはない人情と言いますか、なんというのか…人間の匂いみたいなものが濃厚に漂っていたような気がします!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    うーん…一人のメスが多くのメンズをたぶらかす話? なのでしょうか、これは…タイトルが何らかを暗喩しているんじゃないかと疑ったりもしましたけれども、この映画は少々僕が観るのには難しくて…もっと大人になってから観たら意味が分かるのか!? けれども、現時点で僕は十二分に大人なんですけれども…ま、分からないものはいつまで経っても分からないってことですね! ←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    最後の言い合いのシーンなんて特に良かったですねぇ…っていうか、その辺りが唯一目を見開いて観られたシーンでして、あとは眠かったです(笑) おしまい…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 日本映画専門CH。
    悪意のない悪女伝なんだが、小えんの目線だけで描かれるので、ファムファタルというよりは、小えんの物語。
    女の人生を謳歌する主人公に葛藤はない。
    成長物語としては弱いし抑揚のない話だが、だからこそ、自分の不幸に気づく唐突なエンディングが効いてくるわけ。

    靖国神社を割と自然に背景として描く稀有な映画でもある。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする