The Campfire Headphase (WARPCD123)

  • 121人登録
  • 3.74評価
    • (21)
    • (25)
    • (45)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
アーティスト : Boards of Canada  ボーズ・オブ・カナダ 
  • WARP RECORDS (2005年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0801061012328

The Campfire Headphase (WARPCD123)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エレクトリックなのに、奇妙な温もりがあるというか、ノスタルジックでどこか優しい。ひとことに音響系といっても色々ですが、もろ機械音だったりする他のバンドに比べて、このバンドの音はどこかチープでそれでいてセンスの良い昔のSF映画みたいな印象です。(2005)

  • 個人的子守唄。羊水のなか、もしくは深海の洞窟。

  • 宇宙空間の中にいつまでも漂っていられそうな、心地よい有機的なエレクトロサウンド。

  • mixiに郷愁エレクトロニカというコミュニティがありますが、正にそんな感じ。

    過去の風景、その時の言葉にならない感情を呼び起こすような音楽です。
    エレクトロニカ的方法論を使いながらも、アルバムを通して使われる生楽器の音が、気持ちいいです。

    もし、「風景」を音にするだけなら、フィールドレコーディングばっかりやっていればいいって話になるけど、それじゃやっぱり音楽にはならないし、その「風景を見ている人間の感情」は表現できないと思います。

    それは絵画でも同じですよね。

    だから、ゴッホは「ひまわり」や「星月夜」を描くし、モネは「睡蓮」を描くし、Boards of Canadaは「The Campfire Headphase」を創るんだね。

  • 夏の日の思い出。その色彩は、時間の空気遠近法でノイズに彩られて淡く遠ざかっていく。

  • Dayvan Cowboy

    悲しくないけど、楽しくないけど。
    流れる風景を眺めている感じ。

  • BOCは「Dayvan Cowboy」から入ったせいか一番よく聴くアルバム。全体的にぷかぷか、冷たい海に漂ってやわらかく波をかぶってる気分になる曲が多いです。
    ゆるゆる盛り上がって盛り下がって、を繰り返している。頂点の低さと音のザラザラさ故にどこかすこし暖かい感情がわいてきます。

  • BoCは感情を排除したの音を鳴らしてきたけれど、今回のアルバムにはなんとなく、「やさしさ」を感じる。

  • 冷たい炎

  • <a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/stat?id=fMsXqS68hAc&offerid=94348&type=3&subid=0&tmpid=2192&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fphobos.apple.com%252FWebObjects%252FMZStore.woa%252Fwa%252FviewAlbum%253Fi%253D81696224%2526id%253D81696254%2526s%253D143444%2526partnerId%253D30">
    <img height="15" width="61" alt="Boards of Canada - The Campfire Headphase" src="http://ax.phobos.apple.com.edgesuite.net/images/badgeitunes61x15dark.gif"></img>
    </a>UK版。amazonのリンクで知ったんだけど、とてもよかったです。こんな出会いがあるからネット通販てすてき。拡散していくようなエレクトロニカは地下鉄の雑音さえも吸収してしまうのです。

全17件中 1 - 10件を表示

The Campfire Headphase (WARPCD123)はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

The Campfire Headphase (WARPCD123)を本棚に登録しているひと

The Campfire Headphase (WARPCD123)を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

The Campfire Headphase (WARPCD123)を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ツイートする