ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版 [DVD]

  • 729人登録
  • 3.53評価
    • (68)
    • (107)
    • (246)
    • (9)
    • (2)
  • 72レビュー
監督 : マイク・ニューウェル 
出演 : ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン  ロビー・コルトレーン  レイフ・ファインズ 
制作 : J.K.ローリング  スティーヴ・クローヴス 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2012年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135568861

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 暗い。暗いよ。賢者の石で、フラッフィーに会って『AHHHHHHHHH!!!!!!』って言っていたのが遠い昔のようだよ……。
    ハリーが傷つきまくるばかりで、悲しくて悲しくて悲しかった。と言いつつ、個人的にダニエル・ラドクリフのビジュアルがシリーズ最高だと思う。
    話の展開として必要だったというのはわかるけど、ハリーはホウキが得意なのであって、本質的にはどんくさいんだよなーと冒頭のシーンで思った。結構ぼけっとしたところがあるよねハリー。

  • 10回は観ているのに。。。レビューし忘れていた。
    この辺からかなりダークになりますよね。
    セドリック。。。

  • この作品から急に話が暗くなるので、原作を読むのがつらかった思い出。改めて映画で観てみると、やっぱり暗い。友情、冒険譚の雰囲気から一転して、恋愛、嫉妬などが描かれるようになり、話の路線が少し変わってきて、原作を読んでいる時は違和感しか感じなかったが、映画で観てみると、どんどん成長するハリーたちの様子に当然の演出かと思えるようになった。喉仏も大きくなり、声変わりもして、彼らは確実に思春期を超え大人になっていく。学校という守られた箱庭の中で恋のさや当てをし、愛と友情を確かめ合い、技を磨いて、彼らはそれぞれの将来を思い描く。
    そういう大事な時期に、最初の犠牲者が出てしまった。今までも死人が描かれることはあったが、ハリーにとっての近しい人が、彼の目の前で殺されるという初めての出来事にこれからの暗い未来が暗示されているようで、映画の終わり方としては鬱鬱として悲しかった。

  • 録りためていた全作を一気に観る。話題作だから一応観ておこうかな、くらいの軽い気持ちだったのに、けっこうハマってきてる。早く続きが観たい。
    嘆きのマートルの吹き替えの声が気になって、でも思い出せなくて調べてみたらトトロのメイちゃんだったのね。

  • 学園ドラマ風で面白かったです。
    自分が寮診断でハッフルパフだったので、セドリック(イケメン)(ハッフルパフ)頑張ってほしい・・・!と思ってました。

  • 地上波放送で視聴。吹替え版。
    これも原作を見ていたからこそだな、というのはありました。いきなり見たら絶対あれこれ唐突に感じて訳が分からなかったと思うので…。
    でも映像になったからこそなるほど、とイメージのつかめた部分もあり、やはり両方観るのはいいことだな…と思いました。
    なので基本、原作本のダイジェストを素晴らしい映像で作った映画、という感じで原作との違和感は感じないのですが、正直言うと心理描写や細かなシーンが描かれない事で原作よりも一人一人が善良に見えるのが皮肉だな…と思いました(^^;
    特にハリーが原作だとどんどん…なんていうか人に対してきついことを言ったり思ったりするのについていけないところがあるので…。
    あと原作のスネイプ先生はハーマイオニーへの当たりが酷かったりマルフォイを肯定する事が多かったりでどうしても好きになれないのですが映画のアラン・リックマン演じるスネイプ先生はついつい魅力を感じてしまうのが毎度ずるいな…と感じます。

  • いろいろそぎ落とされてるんだろうなーと思いつつ、だんだんと闇が姿を大きく現してきて話もより面白くなってきたところ。原作も合わせて読みたいですね。

  • ハリーも、ロンも、ハーマイオニーも明らかに成長してたくましくなってきましたね(^_^)
    そして、ここまでのシリーズを鑑賞してると、冒頭のワーナーのロゴが錆びまくってるのも明らかに分かりますね(笑)
    すてきなユーモア。

  • たぶん持ってるのこれだと思うのだけど…この頃からハリーがかっこよくなってね~。でも、あご割れちゃってね…賢者の石ではあんなにかわいかったのにこれだもんな…感慨深いね…実写だといろいろショックも倍増なのだけども、どうにも好きなポタ。

  • 今までのハリポタシリーズの中で、映画として一番良く出来た作品。
    前作までの詰め込み感もなく、思い切っていろんなエピソードをばっさりカットしたのが良かったです。
    難を言えば、ウォルデモード卿がちょっと・・・
    もっと迫力が欲しかったなぁ。

全72件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする