Visions

  • 62人登録
  • 3.67評価
    • (13)
    • (5)
    • (28)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
アーティスト : リベラ 
  • EMIミュージック・ジャパン (2005年10月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0498800683514

Visionsの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リベラ!

  • 全部いいけど、特に「ルクス・イステ」がおすすめ。
    おなじみ「サンクトゥス」の別バージョンです。

  • Liberaが好き

  • リベラ4thアルバム。
    初めて買ったリベラのCDで思いいれもすごくある。

  • ずっと、不安だった。コンサート行ってからはもうずっとずっと不安だった。
    コンサートに行ったことで、歌しか知らなかったリベラの、歌以外のことを知って、それからレーベルの売り出し方とか、雑誌での取上げられ方だとか、そういうので、ずっと不安だった。Visionsも予約はしたけどホント期待はしてなかった。だから、最初に聴いたとき、物足りないとまず思ってしまった。馬鹿だねー!何度も聴くうちに、自分のこの第一印象は間違ってたと思いました。勿体無いことした。

    物足りないと思ったのは、なんていうか、私は勝手に、freeで言うならAve verumやAdoramusみたいな曲を期待していて、この2曲みたいなのが私の好きなリベラで、リベラとはこういうものだ、と決め付けてた。押し付けてた。馬鹿でした。ごめんなさい。

    馬鹿さ加減を全部スッカリ無かったことにして、初心に戻って聴いてみました。で、昨日から何度か聴いて、仕事中も脳内再生を繰り返して、思ったことは、リベラ大好きだ!っていう、もう当り前のことでした。大好きだよ。駄目だ好きだ・・・!freeのときは何て言うのかな、興奮とか感動とかが体の内から外へ出て行きたがっていたんです。だから、free聴いてる時の私は端から見るとスゲー挙動不審かもしれない(笑)拳振り上げたり床をドンドン叩いたり、怪しいですけど(笑)そういうことしてました。Visionsは、体の内側で、ゆっくりと、切なさ混じりの感動が染み渡って行く、そんな感じです。だから今回は、床のた打ち回ったりはしませんでした(したんか今までは)。とても静かに噛み締めています。今。Visionsというものを。ほんとコレ泣きたくなる・・・。

    リベラのアルバムでは、luminosaが1番きれいにまとまってると思ってたけど、Visionsも、てかVisions短期間に作っただろうに、構成がすごい統一されてると思う!なんて偉そうなこと言ってみても、どうこがどうとか上手く説明できないんですがー!馬鹿ー!わたし馬鹿ー!もっと語彙を増やしたい・・・。

全6件中 1 - 6件を表示

Visionsはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

Visionsを本棚に登録しているひと

ツイートする