告白的女優論 [DVD]

  • 18人登録
  • 3.31評価
    • (2)
    • (1)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : 吉田喜重 
出演 : 浅丘ルリ子  岡田茉莉子  有馬稲子  木村功 
制作 : 吉田喜重  山田正弘 
  • ジェネオン エンタテインメント (2005年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102183332

告白的女優論 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 和製 ヌーヴェルバーグ 感満載
    レトロ感も満載

    岡田茉莉子が美しい

  • 僕にはやや難しかった映画なのですが…最近、この監督の映画を立て続けに観ているのでコレも観てみました…が、よく分かりません。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    けれども、何となく印象に残るシーンは多々あったような! タイトルにもあるように女優としての生き方? とか自意識とか? そんなものを扱う映画のように思いました。つまりは虚構の世界を作る人たちの内面に迫っているような…

    うまくは言えませんけれどもまあ、芸能界に生きるのも大変だな、という話のようです。 ←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    主演の三人がとにかく綺麗ですね! それぞれ一人の女優を演じているわけですけれども、画面がコロコロと変わります。この場面変換には何かワケが? との疑問も降って沸いたんですけれども、結局よく分かりませんでした…

    ヽ(・ω・)/ズコー

    あとは何かと時代を感じさせる映画ですね…ってまあ、放映が1971年ですから当然のことなんですけれども…カメラのことを「キャメラ」と発音したり、あと血糊の偽物感がハンパなくて少々笑ってしまいました。おしまい。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 構図がおもしろい。
    視覚の記憶がストーリーの重要な鍵になるのだけど、あえて登場人物の視線になりえない場所から(プールに浮かぶピンポン球からとか階段の隅からとか)撮るというのは新鮮だ。単に上空からとかではなく。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする