DRAGON BALL Z 第2巻 [DVD]

  • 16人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
出演 : 野沢雅子  鶴ひろみ  古川登志夫  田中真弓  鈴置洋孝 
制作 : 鳥山明 
  • ポニーキャニオン (2005年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632124126

DRAGON BALL Z 第2巻 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第7話「恐竜とサバイバル!悟飯のツライ修行」
    第8話「月の輝く夜に大変身!悟飯パワーの秘密」
    第9話「ゴメンねロボットさん 砂漠に消えた涙」
    第10話「泣くな悟飯!はじめての闘い」
    第11話「宇宙一の強戦士 サイヤ人めざめる!」
    第12話「蛇の道でいねむり 悟空が落っこちる」

    原作に追いつくまいとするアニメ制作スタッフの涙ぐましい努力がうかがえる第2巻。

    「修行って何をすればいいの?」という悟飯の問いに対するピッコロの答えは、「まずは何もせんでいい 生きるんだ!」
    「たった1人で無事に生き延びてみろ!6ヶ月経ってお前が無事に生き延びていたら、闘い方を教えてやる」

    はじめは泣いてばかりいる悟飯だが、第10話では恐竜を追っかけ回してシッポを切ったり(いつの間にかエネルギー弾が撃てるようになっている!)、第12話では割れた地の底から飛び出してきたりと、とてもたくましく成長している。
    ロボットのおじさんの話なんかは本編に何の関係もないけど、悟飯の優しさと強さを感じることができて心が温かくなった。

    丘の上から下りられなくなっている悟飯をピッコロさんが空からこっそりと見守り、リンゴを2個落としてあげるシーンが好きだ。
    「くそガキが、世話を焼かせやがって!」
    「いいか!お前に手を貸してやるのはこれっきりだ」
    恐い顔して優しいんだよな〜、ピッコロさんは。

    「なあに、クズ星なら吹き飛ばすまでさ
    ドラゴンボールとやらを集めてからな」

全1件中 1 - 1件を表示

DRAGON BALL Z 第2巻 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする