遥かなる大地へ [DVD]

  • 49人登録
  • 3.17評価
    • (5)
    • (6)
    • (11)
    • (3)
    • (4)
  • 10レビュー
監督 : ロン・ハワード 
出演 : トム・クルーズ  ニコール・キッドマン  トーマス・ギブソン 
  • ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580120516361

遥かなる大地へ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上流階級の娘と粗野な下男が成り行きで冒険に出るが、結局サバイバル能力に秀でた男との立場が逆転する。冒険映画によくあるテンプレートですね(まぁ本作は冒険映画ではないですけど)。

    土地を早い者勝ちで奪い合うという「ランドラッシュ」。こんなことが実際に行われていたことを知ってびっくり。ただ、この土地が先住民の土地を不法に奪ったものであることは語られません。

  • 何度見ても、驚愕のラスト

  •  

    私が好きなエンヤの代表曲「Book of Days」が今作の主題歌というのを知って、あらすじを読んだらなかなか面白そうだったので今回見ました。

    アイルランドでひたすら地主のために土地を耕すジョセフとその地主の娘シャノンがアメリカンドリームを夢見てアメリカに渡り、いつか自分たちの土地を手に入れようと懸命に生きる作品でした。

    私の中では土地を手に入れるまでの経緯というより、土地を手に入れてからのストーリーかなと思っていましたが、前者でしたね。当時は土地を手に入れるのも本当一苦労の一言じゃ済まないだろうなと作品を見ていて思いました。
    アイルランドじゃ通じる身分も、アメリカじゃ全く通用しない。シャノンもある意味苦労したでしょう。

    二人が夢見た「土地」。手に入れるまで喜びや苦しみ、挫折、そして愛・・・など様々な要素を交えながらそれでも諦めないジョセフ達に脱帽しました。
    そして夢の土地オクラホマで再び出会った二人。まさに運命的でした。

    ラストは一瞬嫌な展開になりそうで本当にハラハラしましたが、そこはアメリカ映画。ちゃんと裏切りませんでした!二人の愛がようやく、本当にようやく実って良かったです(泣)
    サントラもすごく良くて、作品に躍動感をプラスしてくれました。夢見る人たちに贈りたい作品でした。
    トム・クルーズが本当にカッコよかった!!

     

  • その昔、父は、レンタルビデオ屋さんで借りてきた洋画を、家族全員で見るのが好きでした。(今も好きだけど)
    でも私は字幕は漢字ほとんど読めないし、読めても意味がわかんなかったりしたし、かといって当時は英語もほとんど聞き取れなかったし……で、苦行だったわけですが、その中の一つにこの作品があった気がします。

    土地ゲットのためのレースと、Shannonの両親がずるするところと、Josephが死んじゃってまた生き返るところのカメラワークだけは妙にしっかり記憶に残っていました。
    でもそれってラストだけじゃん……実はその前にドラマがいくつもあったのですね〜。今日、十数年、もしかしたら二十年ぶりくらいに見て、超面白かったです。
    一緒の部屋で寝ようとして、Josephがやっぱり悶々として眠れなくてボクシングしに行くところなんて、大人じゃないと意味わかんないかもしれませんねえ……と思ったらWikipediaに「Joseph finds himself sexually frustrated」なんて書いてありました。

    はあ〜しかしTom Cruise超かっこいい。

  • アメリカの開拓期。
    この映画のようなドラマチックな海の渡り方があったかどうかは別にして、当時はこんなふうにタフに生き延びて土地を得た人も、中にはいたのだろうなあと思いたくなった。

    ブロンドのカーリーヘアが好きではないので、シャノンの容姿が気に入らなかったが、あの時代の彼女の男勝りっぷりと強さは素晴らしく、ニコル・キッドマンがぴったりはまっていた。
    当時、(アイルランドの?)社会的に女性がどうあるべきとされていたかが随所に盛り込まれており、また、まさに開花しようというアメリカの姿が丁寧に描かれていて、時代物っておもしろいなあと改めて思った。
    土地獲得レースのシーンは映像的にも素晴らしい。

    映画なんだから当たり前なのだけど、話がきれいにまとまりすぎていて、おまけに、後頭部を強く打って血を流したジョセフの復活があまりにも嘘くさく、それなのに感動してしまった自分の単純さも腹立たしく、複雑な感想の残る作品だった。

  • トム・クルーズの若い肉体を見る映画。
    最後の土地早取り競争は、CGじゃなくてリアルだから迫力があった。
    恋敵のヒゲのキザ男はそれほどヒドい奴に見えなかった。

  • トムちんのピークはここか!

  • 吹替キャスト<br>
    トム・クルーズ:鈴置洋孝<br>
    ニコール・キッドマン:土井美加<br>
    トーマス・ギブソン:谷口節<br>
    ロバート・プロスキー:山内雅人<br>
    バーバラ・バブコック:北浜晴子<br>
    <br>
    字幕翻訳:戸田奈津子<br>
    吹替翻訳:岩佐幸子<br>

  • トム・クルーズとニコール・キッドマン。 ひょんなことからアメリカ大陸へ渡った二人。 ボストンから内陸部へと舞台が移っていきます。その時代のアメリカが上手に描かれていると思います。 トム・クルーズにしてはいいかな。

  • 音楽がジョン・ウィリアムス。なかなかいいお話です。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

遥かなる大地へ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

遥かなる大地へ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする