知りすぎていた男 [DVD]

  • 28人登録
  • 3.32評価
    • (3)
    • (3)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : アルフレッド・ヒッチコック 
出演 : ジェームス・スチュアート  ドリス・デイ 
  • ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580120516552

知りすぎていた男 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クライマックスシーンの、ドリス・デイが歌う「ケ・セラ・セラ」が素晴らしい。
    この映画は、イギリス時代1934年制作の『暗殺者の家』(原題同じ)のリメイク。
    レストランのソファに座るときに、足が長すぎて座りにくいってのを描写してるとことか、指三本で食べるのが難しいってのを描写してるとことか所々笑えるところがあった。
    劇場で銃がカーテンから、ぬぅ~、っと出てくるところなんかは息を飲んだ。その緊張から、一気に落として、クライマックスシーンまでの勢いが良かった。文句なしに面白い映画だと思う。

    <あらすじ>
    当時仏領のモロッコへ息子連れで観光にきていたマッケナ一家は、謎のフランス人ベルナール(ダニエル・ジェラン)と昵懇になるが、スパイであった彼は「アンブローズ・チャペル」という謎の言葉を残して暗殺される。同時に息子が、一家に近寄っていたドレイトン夫妻一味によって誘拐されてしまう。
    警察に頼る訳にもいかず、「アンブローズ・チャペル」という言葉を頼りに、ロンドンに飛んだ夫妻は息子の捜索を開始するが、要人暗殺という巨大な陰謀に飲み込まれていく…

  • ヒッチコックはやっぱ天才。

  • 異国情緒。

  • 1956年(昭和31年)
    第29回アカデミー賞/
    ★歌曲賞:ケ・セラ・セラ(Whatever Will Be, Will Be)「Que Sera, Sera」作曲・作詞=ジェイ・リヴィングストン、レイ・エヴァンス / 出演:ジェームス・スチュアート、ドリス・デイ、ダニエル・ジェラン、ブランダ・デ・バンジー、バーナード・マイルズ、ラルフ・トルーマン、モゲンス・ウイエス、アラン・モウブレイ、クリストファー・オルセン、レジー・ナルダー / 製作・監督:アルフレッド・ヒッチコック  / (DVD) / ※この作品は、1934年の「暗殺者の家」(製作イギリス)のリメイクです。主題曲は、今でもCMなどでよく流れている おなじみの曲です。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする