ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]

  • 190人登録
  • 3.39評価
    • (9)
    • (35)
    • (71)
    • (4)
    • (1)
  • 48レビュー
監督 : ジョージ・A・ロメロ 
出演 : サイモン・ベイカー  ジョン・レグイザモ  デニス・ホッパー  アーシア・アルジェント  ロバート・ジョイ 
制作 : ジョージ・A・ロメロ 
  • ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580120515883

ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  死者が動き回り、生者を喰らうようになって数年後――。

     アメリカ某地に、生存者が集ってコミュニティが築かれていた。しかし、そこは理想郷というわけではなく、支配者層と被支配者層に分かれており、被支配者層は理不尽な暮らしを強いられていた。

     死者が蠢く中で使える物資を確保し、支配者層に上納してきたグループの一人、チョロは支配者層での暮らしに憧れて権力者のカウフマンに媚びてきたが、理不尽な対応に腹を立て、賛同者と共に街を人質に取って身代金を要求。まとめ役のライリーはカウフマンの要請で、仲間とカウフマンの部下と共にチョロの計画妨害に向かうが、裏で新天地への旅立ちを図る。

     一方、無目的に活動していた死者たちは、再び自我を持ち始めた一体に率いられて、街を目指していた――。

     この作品。再び自我を持ち、目的を持って行動する死者たちに対する評判があまり良くないですが、私はそんなに悪い印象を持ちませんでした。
     遊び半分に殺され、射撃の的にされ、見世物にされ、虐げられる同類を見て「怒り」という感情を露わにし、生者が集まる街に向かう、死者を率いる死者。

     ただ「活動している」だけだった無個性な死人が個性を露わにし、意思を持って活動する。それだけなのに、決して共存できない敵である筈の死人を応援したくなる私って、

                          変?

  • ゾンビ映画界の巨匠ジョージ・A・ロメロの作品です。

    なんとゾンビが進化をとげ知力を持ちます!
    道具を使って人間を襲ってくる。
    知力があるとそれはもうホラーじゃないんだよね。
    正直怖くないです(笑)
    設定が新鮮だったのでそこそこ面白く見れました。

    ドーン・オブ・ザ・デットはこの監督作品のリメイクなんだけど
    皮肉にもこっちの方が圧倒的に面白かったです。

  • 進化したゾンビ。ゾンビらしくないともいえるのでそこは好みが分かれるかな。私は特殊メイク好きなのでいろんなゾンビや死体が見られて嬉しい。
    ロメロ作品は人間のエゴとか感情面をよく描いていると思うけれど、今回はゾンビの感情まで描いてます。チラッと出演してるサイモン・ペグ、『ショーン・オブ・ザ・デッド』の時もゾンビやりたかったのかな(笑)
    特典映像観るとほんとスタッフもキャストも楽しそう。ロメロ監督を筆頭にみんなゾンビ好きなんだね(私も好きです)

  • 295-19

  • 制作年:2005年
    監 督:ジョージ・A・ロメロ
    主 演:サイモン・ベイカー、ジョン・レグイザモ、アーシア・アルジェント、デニス・ホッパー
    時 間:97分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch


    原因不明のまま、死者が甦ってゾンビとなり、人間を襲って新鮮な肉を喰らい始めるようになった世界。
    噛みつかれた者は死亡し、そして甦って、ゾンビの仲間となっていく。
    金持ちの支配階級の人間たちは、ゾンビが入ってこない作りの要塞のような小都市を作った。
    その中心の超高層タワーのトップで、カウフマンがこの地を統治していた。
    支配者の命令で、危険地帯から食糧や物資を調達してくるのが傭兵グループ。
    メンバーは、ライリー、彼の右腕チョロ、ライリーの良き理解者チャーリーたち。
    ライリーはこの仕事で金を稼ぎ、自由を約束する北への逃亡資金を貯める目的があった。
    そして彼は、タワーの中心に形成されている貧困社会から、危機に陥っていた勝ち気な娼婦スラックを救出して仲間に加える。
    一方のチョロは、カウフマンに上流階級の生活を要求。カウフマンは彼を用済み要員のリストに加えた。
    その頃、ゾンビたちは群団を結成し、要塞都市へと迫りつつあった。
    傭兵グループはゾンビたちの攻撃を阻止しようとするが、やがてゾンビに噛まれてしまったチョロは、ゾンビと化してカウフマンに襲いかかる。
    だが2人は他のゾンビの手によって、車の爆発と共に死亡。
    そしてライリー、チャーリー、スラックらは、ゾンビたちがあふれてしまったタワーにミサイルを打ち込んで、残っていた人間たちを救出することに成功するのだった。

  • レンタル>町山さんの解説内で興味を引いて。ゾンビ物はバイハザ以来~かなwゾンビが人をモグモグしたり頭バーン,首引きちぎれちゃう~なんて…描写が容赦なくてオゲェ~でした(^^;)が、学習し、進化していくゾンビ達を見てるとただのモンスターではなく可愛く思えてくるのが不思議w9.11以降~の米を象徴しており、非常に興味深く面白かったです^^。主人公がメンタリストの人♪特典で監督のゾンビ愛と撮影現場をこよなく愛し、楽しんでいる方なんだとwお茶目ですw大作に興味ない、なんて言ってるのが素敵♪

  • ゾンビがゾンビにビクッてなっててわろた。
    そらにしても都合よく警備がザル過ぎる気が、、、どうしても親玉ゾンビを先頭に立たせたかったんだな。

  • ロメロ監督ですので期待していたんですけれども、うーん…という感じ。他のゾンビ映画に比べてアレですよね、ロメロ監督が演出するゾンビはなんとなく人間の悲哀みたいなもの、生きていく…ということのどうしようもなさ、みたいなのが表れている気がして個人的にそこが好きなんですけれども…この作品はそれを加味しても初期の「ゾンビ」を越えられなかったような印象ですねぇ…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    映像も時代が進んで綺麗に、そして派手になっていると思うんですけれども、なんとなくそうした時代的な技術? に頼っている気がしてしまって肝心のお話の方がどうにも…お話というか、映画全体を覆う独特な雰囲気のようなものが薄まってしまった感じがするんですねぇ…これは仕方がないことなんでせうか…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    別に恐怖映画ではないんでしょうけれども、初期のゾンビの方が個人的には奥の深さと言いますか、緊迫したムードみたいなのが伝わってきましたかねぇ…これはこれで悪くはないのですが…。

    ま、ロメロ監督ということで及第点レベルで楽しませてくれる作品だと思います! おしまい…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • なんだかゾンビがかっこいい映画だった。

  •  ランドオブザデッド(05米)
     ゾンビが蔓延る近未来、あるゾンビが知恵を付け始める。お金かけてるだけあって荒廃した街並は見事。人物造形もグッド。ただ、ゾンビの侵攻と主人公の任務が同時並行に描かれるのだが、関わりが薄いのが物足りない。もう少しゾンビとの戦闘を増やしてほしかった。
     また貧困層が生き、裕福層がひどい目に合うというのはいささか教訓的すぎるように思う。82点。

全48件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする