キッド 特別版 [DVD]

  • 205人登録
  • 3.63評価
    • (29)
    • (38)
    • (69)
    • (5)
    • (1)
  • 45レビュー
監督 : ジョン・タートルトーブ 
出演 : ブルース・ウィリス  スペンサー・ブレスリン  エミリー・モーティマー  リリー・トムリン 
  • ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2005年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241930019

キッド 特別版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マイDVDで鑑賞。

    もうこの映画大好き。見る度に泣きじゃくり。人生にネガティブになってしまった時に見たら超回復だ。

    ブルース・ウィリスと子役の掛け合いが楽しくて仕方がない。将来自分がつまらない大人になっているのを知るのもなかなか辛いなぁ(笑)

    音楽がすごく上手く作品を盛り上げてくれる。BGMの大切さが非常に分かる。つまらない映画は音楽が悪い場合も多い。

    ポジティブな涙を流したかったらコレで決まり。もっと評価されるべき作品。

  • 観ていてほっこりする話だった。
    そしてブルースウィリスが面白い。
    いくつになってもなりたい自分になることは可能なんだって希望を与えてくれる。

  • もしも、自分の元に過去の自分がやってきたら、そう考えると面白い。
    作中でも言ってるけど、夢を実現する子供なんて一握りなんですよね。
    最後は自分たちの未来が変わったみたいな表現だったけど、また彼らとは別の世界線の70才だったのかもとも思える終わり方だった。
    あとダイナーの雰囲気が最高。
    過去と未来を繋ぐ中間地点というか、パラレルワールドとの中間地点というか、そんな場所を演出してて、よい。

  • 久しぶりに泣いた

    最後幸せになれる映画

  • 今の自分に必要なことをこの映画を観て、思い出しました。

  • 「40歳なのに、結婚もしてないし、犬も飼ってない!パイロットでもない!僕は負け犬なの?」

  • 元々タイムトラベルに目がなくて、ヒロインはエミリー・モーティマーとありゃ、好きな要素が揃いすぎ。

    過去に戻ってダメな自分を励まして未来を変える。これって「ドラえもん」の世界ですよね。そもそもタイムトラベルもののタブーとして「過去(もしくは未来)の自分と接触してはならない」というのがあるはずで、これやっちゃうと因果がおかしくなっちゃうのです。本作にあてはめれば主人公(ブルース・ウィリス)は少年時代に未来の自分と会っているのではないかという疑問なんかか当然出てきてしまうわけです。でもそこを思い切って飛び越えちゃったおかげで、このほのぼのとした「ドラえもん」的世界が現出したわけで、これはこれでいいんじゃないかなと。

    少年が未来の自分をみてがっかりする理由が「パイロットになってなくて、結婚してなくて、犬を飼っていない」というのもふるってますね。別に主人公は決してダメ人間でもなくて社会的に成功してるんですよ。でも少年がっかりする。つまり「地位」「金」「名誉」といったわかりやすいアメリカ的価値観を否定しているわけです。ある意味、すごくラディカルな映画だと思います。

  • 40のおっさんのところに8歳の自分が来る。
    そして「思ってたのと違う!」って旅に出る

  • 中年になってから少年時代の自分に出会い、生きなおす話。

    楽しめました♪

  • いい映画だった気がするけど、あんまり思い出せない。でも、いい映画だったのは覚えている。

全45件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

キッド 特別版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

キッド 特別版 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする