シンデレラマン [DVD]

  • 138人登録
  • 3.73評価
    • (22)
    • (28)
    • (46)
    • (1)
    • (0)
  • 35レビュー
監督 : ロン・ハワード 
出演 : ラッセル・クロウ  レネー・ゼルウィガー  ポール・ジアマッティ  クレイグ・ビアーコ 
制作 : クリフ・ホリングワース  アキヴァ・ゴールズマン 
  • ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241930651

シンデレラマン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学生の頃映画館で観た映画。

  • ラッセルクロウのボクサー。
    ボクサーの哀愁が漂う。
    いい。雰囲気である。
    手をけがしても闘うが、良いファイトにならない。
    それでも、家族のために闘う。
    ボクシングが ハングリーな闘いというが、
    それを 演出する。

    アメリカの映画だね。ロンハワード監督。
    何かに、期待する。

    レネー・ゼルウィガーの やさしさ。
    そして、ラッセルクロウの 家族への思いやり。

    オトコは オンナに 失望させたくない。

    ブラドック。は、ブラドックの自信を取り戻す。
    アメリカの 恐慌時代。

    ボクシングのシーンの描き方が 素晴らしい。

    ベアの 獰猛さ。
    眼の鋭さ。
    ボクシングで 人を 二人も殺したという。

    何のために闘うのか?
    危険を背負いながらも ミルクのために 闘う。

    ラジオの実況が うまいのだ。
    チャンピオン戦。
    いやー。スゴイね。その盛り上がり方。
    ボクシングの醍醐味を あますところなく 伝える。
    ラッセルクロウ スゴイ。

  • 事実に基づいているというのは、説得力があります。ブラドックもマックスベアも写真でみましたが、演じた役者が似ているのに驚きます。あと、ボクシングシーンはリアルでドキドキしました。

  • その時代を感じることができた。ラッセルクロウの演技は素晴らしいね。

  • たたかうお父さんの映画。泣ける。

  • レニーのような夫を支える女性はすごく理想的。
    三人の子供がかわいすぎる。
    観た後すっごくスッキリ。

  • ラッセルさん目当て。ちょっと泣いた。

  • ★…4.5以上5未満。

  • かつてボクシングのスター選手だったが、引退を余儀なくされ、日雇いの肉体労働で妻子を養うジム。再びリングに上がるチャンスを得た彼は、奇跡的に世界ランク2位の強豪を倒し、やがて世界チャンピオンとの試合に挑むことになる。実在のボクサー、ジム・ブラドックの半生を、ラッセル・クロウとレネー・ゼルウィガーというオスカー俳優の共演で描いた骨太な感動作。―――――何というか、役者がいい。感動します。『ミリオンダラーベイビー』の影響か、かなりハラハラするんですが、後味の良い終わり方でほっとします。

  • ボクシングを演技してると思うと、身震いする。殴り合いと家族愛。それでこの感動が生まれる。

全35件中 1 - 10件を表示

シンデレラマン [DVD]に関連する談話室の質問

シンデレラマン [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

シンデレラマン [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

シンデレラマン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする