DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES (完全限定生産)

  • 58人登録
  • 4.05評価
    • (20)
    • (5)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
出演 : 野沢雅子  田中真弓 
制作 : 鳥山明 
  • 東映 (2006年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101122707

DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES (完全限定生産)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドラゴンボール劇場公開版17作品を完全コンパイルしたDVDセットです。
    特典のブックレットに設定資料、原作の鳥山明氏による劇場版キャラクターのデザイン画や、裏話が掲載されています。
    それについては各タイトルのレビューで触れておきます。
    (予想以上に鳥山氏がキャラクターデザイン担当されています)

    個人的なドラゴンボール劇場作品TOP3は…
    1位「激突!!100億パワーの戦士たち」
    (メタルクウラ)
    2位「極限バトル!!三大超サイヤ人」
    (人造人間13、14、15号)
    3位「燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」
    (ブロリー)
    上記3タイトルは特に好きな作品です。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • 部屋に置いておくと、超悟空とめっちゃ目が合います(笑)

    いやしかし楽しいし燃えるし萌える。
    悟空の格好良さはやっぱり半端ねかったです。
    ブロリー戦(二回目)の悟飯もとても格好いいです。

    超もいいけど、界王拳も見たいよね〜と思う無印世代です。
    界王拳かめはめ波はいい。

  • ブック●フで買ったのでスカウターは付いていなかったけれども、60パーセントくらいの値段で買えました。それでも高い買い物だったけれども。
    <br>
    ちょこちょこと見ています。映画館で見に行ったのは勿論のこと、テレビで放送される度にビデオに録って、さらに何度も再生した思い出が。あ、ただし最後の「最強への道」だけは見に行かなかったし、ビデオもレンタルしなかった。亀仙人ファンとしては宮内幸平さんの声以外では聞きたくなかったので。キンキンには申し訳ないけれど。
    <Br>
    で、DVDを手にして最初に見たのはメタルクウラのやつ。中尾さんの声がききたかったのと、当時でさえあのバカップルみたいな誰かさん達の演出にツッコミ入れてみていたのだけれども、あれから年月を経て印象が替わるかな…という興味から。
    <br>
    結果、当時よりはやりすぎ演出に大喜びかつ苦笑だったけれども、今はさらにこっぱずかしさの数値上昇。子供向けじゃないでしょう、あれは。
    <br>
    次に再生したのは人造人間13号のあれ。曽我部さんを偲んで。思うんですが悟空の食欲で外食は、正直金銭的に無理があるかと。そもそも孫家の収入源はどこから?牛魔王の財産切り崩して…とかだったら可哀相。最後病院でトランクスにクリリンが「クリリンさん頑張りましたね」とか言われていますが、年上に向かって彼がそんな失礼なこと言うだろうか?と脚本にツッコミ。<br>
    次は「ガーリックJr.」のあれで、千葉さんのニッキーをもう一度見たかったから。当時も感じていた、ガーリックJr.の顔と声のミスマッチぶりが、今は逆ににやりとくる。今見るとチチの闘う女性っぷりが好きなんだけど、どうせならもっと抵抗して見せ場が欲しかった。神龍が内海さんなので、キャスト的には北斗の拳声優が結構揃った感じ。<br>
    次は、名古屋キャラ満載の「この世で一番〜」。この映画を見る度に、ういろうが食べたくなります。この映画の見所は、いつものピッコロ・悟飯の師弟愛以上なあれやそれだけでなく、特に亀仙流3人による同時カメハメ波でしょう。亀仙人も黒い服でいつもよりちょっとシックに決めているし、やられてはいたものの見せ場もあって格好よかったから一番のお気に入り。最後のピッコロの「悟飯が頑張った」は妙に優しい科白で、おいおいおい…ファン向けかよとか突っ込み入れたり。<br>
    <br>
    クリリンが好きなので、昔は映画での彼の扱いが毎回可哀相でならなかったけれど、今は彼だからこそ、シリアスな話の中に息抜きを入れてくれる大事かつ美味しい立場なんだと。…とはいえ、やっぱり可哀相なところ多いですが。あと冷静に見ていくと、意外とウーロンはよく出てきていますね。テレビより扱い良いよなぁ。<br>
    …あとブロリーは原作にないオリジナルキャラの癖に劇場版に3回も出ているわけで、そこまでスタッフの思い入れが強いキャラなのか?疑問です。むしろパラガスの方がキャラとしては「個性」があったし、印象強かったのに。ブロは最初の1作目までで止めておけば自分の中でのキモキャラには分類されなかっただろうに。<br>
    <br>
    で、やっぱり当時から「お仲間内では有名な」ベジータの発言あれこれは、今見てもやっぱり「変」です。えぇ。脚本かいた人は何を狙っていたのでしょう(苦笑)。
    <br>
    昔はよくビデオテープをコマ送りにして見て、テープが傷んでしまったものですが、DVDなら遠慮なくできますな。とはいえ、昔とりためたビデオテープは全て人に譲ってしまってDBは一旦卒業したんですけどね。

  • とりあえず確認したのはクリリンのやられたとこ

  • 原点。
    まじドラゴンボール大好き!
    みんな、かっこよくて強くてやさしい。
    最高!!

  • スカウターにはビックリしました(笑
    映画ですのでブロリーとか色々なキャラが出てきたりしたので懐かしいな〜っと思えて観ていて楽しめました★

  • 後の方の映画のが好きだったりする。<BR>
    「最強への道」はいらないけど。

  • 『カカロットは俺のものだ』発言が物議をかもし出しました。スカウターには大満足。

  • どう考えても最高でしょ!?

全9件中 1 - 9件を表示

DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES (完全限定生産)はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES (完全限定生産)を本棚に登録しているひと

DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES (完全限定生産)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする