ボーダー・ライン(2)

  • 61人登録
  • 4.15評価
    • (20)
    • (9)
    • (11)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
アーティスト : イメージ・アルバム  三木眞一郎  鳥海浩輔  小杉十郎太  西村知道  さとうあい  田中完  志村知幸  斉藤次郎  羽多野渉  近野真昼  立木文彦 
  • インターコミュニケーションズ (2005年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4523513522228

ボーダー・ライン(2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • みきしん【上級編】ボーダー・ライン、座布団【定番】攻め:しなやかな熱情シリーズ、受け:ご飯を食べよう【エロい】攻め:マルサのお・と・こ♂、ナイトは…シリーズ、受け・ラ・ヴィアン・ローズ【超ド級変化球】オープンセサミ【コミカル】探偵青猫、あなたのためならどこまでも…と言う感じか。鳥さん【ヘタレ部門】受け:生徒会長に忠告、攻め:いとしの猫っ毛【男前部門】攻め:合鍵、海シリーズ3、1円の男、受け:サウダージ【美人部門】受け:ボーダー・ライン、ワケアリ【エロい】ラブプリズム、絶対服従【コミカル】男子迷路、トラさんと狼さん、あなたのためならどこまでも、かな~。

  • 「泣けたねぇ〜....悔 しい?」
    にやられました。

  • 久能千明原作。


    元同僚の不審な死と中途半端に打ちきられた幾つかの捜査、それらの接点は?
    そして佳也が見つけたもの…。


    一気にきな臭くなって、それに伴い佳也が由利を少しずつ受け入れていくのが描かれる。
    が、それは心ではなく身体。
    バランスを崩してギリギリで立っているのを由利と身体を繋げる行為で取り戻した佳也。

    危うい決心みたいなのが鳥海さんの硬質な声から感じられます。
    精神的にショックを受けて抱かれる佳也の喘ぎがエロいです。
    抑えた声で喘ぐ鳥海さん、すごい!
    聴いていてハァハァしました。
    また、抱く由利@三木さんも柔らかいのにエロい。言葉で攻めているのが…。


    いい感じの二人になる…?と期待したのだけれど。
    何かを吹っ切った佳也は、凡そ今までの佳也の行動とは想像つかない、由利にこのあとも抱かれることを伝える。
    このあと、何があるんだ―!のところでCD終了。
    あああ、でした!

  • 真行寺佳也 CV:鳥海浩輔
    由利潤一郎 CV:三木眞一郎

  • 三木x鳥海 これは一気に聞かないと…!2は佳也さんが由利に徐々に心を開いていくのが分かってですね、とてもよかった…

  • グレイゾーンに出てたキャラのお話。
    もっと泣けます。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ボーダー・ライン(2)を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

ボーダー・ライン(2)を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ボーダー・ライン(2)を本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする