ボクらのママに近づくな! [DVD]

  • 11人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : ブライアン・レヴァント 
出演 : アイス・キューブ  ニア・ロング  アレイシャ・アレン  フィリップ・ボールデン 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2005年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462023667

ボクらのママに近づくな! [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  最初、DVDジャケットや裏面をチェックした際、「お、懐かしい感じ。90年台のファミリー向けコメディか!」と思った。懐かしい気分に浸ろうと購入を決意。しかし、ここには大きな誤解があった。

     ぼんやり画面を眺めていると、どうにも違和感が。んんっ!? これって意外と新しい作品なのでは? そう、なんと2005年の作品だったのだ。
     てっきり、僕は『ホーム・アローン』や『ベイビー・トーク』周辺の作品なのかと思っていた。でも、そうじゃない。バリバリの最新――というには古いですね(^^;――映画である。

     さて、これがなかなか面白い。本作は、いわば往年のファミリー向けコメディを、その魅力を崩すことなくゼロ年代アレンジした作品なのだ。この手の映画にありがちな「お涙頂戴」のシナリオも、不思議といやらしさを感じない。
     こんなにすんなりと心に入り込む映画は久しぶりに感じる。


    【原題】Are We There Yet?
    【監督】ブライアン・レヴァント
    【出演】アイス・キューブ、ニア・ロング、アレイシャ・アレン、フィリップ・ボールデン 他
    【制作国】アメリカ
    【公開年】2005年
    【上映時間】95分

  • アメリカ映画にありがちなストーリー(笑)


    離婚して二人の子供のシングルマザーになった女性。
    その女性に恋する男性。


    阻止しようとする子供たち。


    まーありきたりすぎる設定。



    しかし、こういうの大好き。
    最初からハッピーエンドって分かってるのに、最後は笑顔になっちゃう。



    ちょっと残念なのが、急に馬が…

    あれはもうちょい違うふうに、考えつかなかったのかしら?


    子供が母親に近づく男に、イタズラをするんですが
    度が過ぎてるイタズラで、とっても痛々しい気持ちになる。

    けれども、子供たちが可愛い。
    愛嬌とでさえ受け取れる。

    子供も無邪気さって怖いな。



    まー難しいこと何にも考えずに、観れる映画。

  • すごく笑わせる映画でした。エミレーツ航空内で見ました。笑いをこらえるのに必死でした。しかし、最後はジ〜〜〜ンとします。ほのぼの映画ですね。大好き!

全3件中 1 - 3件を表示

ボクらのママに近づくな! [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする