ファースト・インプレッションズ・オブ・アース

  • 212人登録
  • 3.52評価
    • (32)
    • (24)
    • (103)
    • (3)
    • (0)
  • 24レビュー
アーティスト : ザ・ストロークス 
  • BMG JAPAN (2006年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988017637616

ファースト・インプレッションズ・オブ・アースの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前に付き合っていた人が好きだったのですよ(小声)くっ、やっぱり趣味よかったなあ。めちゃかっこいい!堪りませんわ。

  • INXSとFranz FerdinandとMuseを足して三で割ったみたいな感じになった、ストロークスの三枚目。
    でも、文句なしにカッコいい。
    ギター小僧としては、パクリたくなるフレーズ満載。

    一枚目のヘナヘナ感、
    二枚目のヘロヘロ感はどこへやら、
    中々骨太のロックを奏でている。

    ということで、今年二枚目の★五つ

  • 1st、2ndとの比較でちょっぴり変わったストロークス。これまでシンプルだったけど、少し飾り気が出た感じでしょうか。でもストロークスがかっこいい事に変わりは無い。

  • 1st、2nd以来久しぶりにストロークスを聴いたがやはり意味がわからない。

  • 新譜出るので聞き直し。しかし特に印象は変わらずに終わりました。

    ストロークスの魅力はミニマルな曲構成にミニマルなアレンジ、程よくタイトかつ若干もたついた演奏、そしてあの神がかった声にあると思う。要は1stです。音楽性だけでなく発売のタイミング(KID Aの次の年!)もかっこよすぎた。

    ではこのアルバムはどうか。前述した魅力とはほぼ正反対。端的に言って複雑になりすぎ。(ストロークスというバンドの持つ魅力から考えて)曲構成まで複雑にするのは如何なものか。演奏もかなりタイトだし。

    複雑という点では、アレンジだけ複雑にした2ndが限度ではないでしょうか。

  • 今後の活躍にも期待。

  • かっこいい!その一言

  • 何回聴いたか知らない。

  • 前作が思った以上の商業的成功を収められなかったせいか、劇的な変化が見られた。
    それは入り組んで手数も増えた複雑な曲構成であり、ソングライティングをジュリアン・カサブランカのみでなく他のメンバーに開放することで、メタルなどの他の嗜好が入ってきたことだ。
    ファーストシングルのM2のジュークボックスを初めて聴いたときはたまげた。
    また、「制御」が好きな自分にとってはギター、ベース、ドラムしか使わないこと、アルバムは11曲入りだった事、アートワークのどこかに「THANK YOU」と忍ばせることなどの「制御」が無くなってしまったのは残念である。
    ガチャガチャぶりも存分に楽しめるが、もう少しフォーカスがしぼれればなぁと思ってしまう3枚目。それでも好き。

  • ♪Juicebox / The Strokes

    <Nine Lives>
    走れ走れ〜

全24件中 1 - 10件を表示

ファースト・インプレッションズ・オブ・アースはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ファースト・インプレッションズ・オブ・アースを本棚に登録しているひと

ファースト・インプレッションズ・オブ・アースを本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

ファースト・インプレッションズ・オブ・アースを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ファースト・インプレッションズ・オブ・アースのCD

ファースト・インプレッションズ・オブ・アースのCD

ファースト・インプレッションズ・オブ・アースのMP3 ダウンロード

ツイートする