LIVE 曽我部恵一BAND

  • 45人登録
  • 3.64評価
    • (8)
    • (7)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
アーティスト : 曽我部恵一BAND 
  • インディペンデントレーベル (2005年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽

LIVE 曽我部恵一BANDの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 僕の知りうる限り最もダサく、だからこそ最もかっこいいと思えるライブアルバム。

    アカペラで歌い始め、観客を巻き込み合唱するM1。メロウなグルーヴで聴かせるM5。お馴染みのMCから始まり、壮絶なテンションでの演奏、歌、語り(煽り)、そして合唱による一体感が気持ちいい跳ねものナンバーM7。最後のサックスで昇天必至のレゲエナンバーM8。全編通して感じるのはバンドと観客の異常なテンションであり、本作品最大の魅力はそこだ。

    閑話休題。たしか3年前の夏、某イベントで初めてソカバンを見た。正直期待していなかった。ソロになってからは作りこまれた作品ではなくなり、いいと思えなかったからだ。しかし、バンドが登場とともに演奏をはじめた途端、僕は困惑と興奮でよくわからなくなる。僕の期待とも、失望とも、あまりにかけ離れていたのだ。まあしかし、そんな事は関係ない。いい年こいて声張り上げて愛を歌う中年がかっこよく見えたのだ。僕は聞いたことない曲を歌い、踊り、酒がまわり、汗をかき、最高の時間を過ごした!ほんと最高だった!!知ってる曲2曲だったけど、サマー・ソルジャーもやったし!

    えーと、話題変えてまで何を言いたかったのかと言えば、彼らを否定的に捉えてる人達(僕みたいな)を巻き込むだけのパワーが彼らのライブにはあったということです。バンドと観客の距離が限りなくゼロになる瞬間のドキュメント。「ただのロックンロールじゃん」では片付けられないダイナミズムがここにはあります。

  • ソカバンのキラキラ感を楽しむならライブ盤です、ということで。

  • ほんと年齢不詳。

  • 夜中に大音量で聞きたい一枚。

    好きな人がいることって、
    年齢関係無しに青春なんだなって思わせてくれる

  • 思った以上にコンパクトにまとまってたな。いいとこ凝縮してある。そんなに凝縮しないで、よりリアルなままでもよかったんだけどな、個人的には。どうして曽我部はこんなに真っ直ぐに生きていられるのだろう。蛇行しつつも、いつだって、眼差しは真っ直ぐ「I LOVE YOU」に向いてて、その愚直さがかっこいい。やっぱりテレフォン・ラブです。あれはたまらんです、MCも含めて。(06/2/8)

  • 最高のロックンロールです。彼らと一緒にロックしようよ!
    テレフォンラブがかっこよい。
    瞬間と永遠も最高!
    空気感そのまま伝わります。

全6件中 1 - 6件を表示

LIVE 曽我部恵一BANDはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

LIVE 曽我部恵一BANDを本棚に登録しているひと

LIVE 曽我部恵一BANDを本棚に「聴きたい」で登録しているひと

LIVE 曽我部恵一BANDを本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする