僕はラジオ [DVD]

  • 51人登録
  • 3.57評価
    • (5)
    • (12)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : マイク・トーリン 
出演 : キューバ・グッディング・Jr.  エド・ハリス  デブラ・ウィンガー 
制作 : マイク・リッチ 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2005年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462026279

僕はラジオ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • RADIOの本当の優しさに触れ、
    変わる青年。
    変わる周囲。


    障害を持つ者はそうでない者より
    不自由だって誰が決めんの!?
    by 擬態/Mr.Children

  • ラジオのひたむきさに涙。さっぱりした雰囲気でお涙頂戴感があまりなくて好き。エンディングで本人映像があったけど、外見の再現度だけで言えばコーチはそっくりとは言えないな。笑

  • 「ミッドナイト・アート・シアター」にて。自閉症とか知的障害者が主人公というだけで、「俺の演技力すごいだろ。オスカーくれよ」という俳優(本作だとキューバ・グッディング・ジュニア)の過剰な演技が鼻について素直に感動できない。そんなへそまがりは私には本作を観る資格はないかもしれません。

    ストーリーとしては、ピュアな主人公が周囲を変えていくという定型的なもの。でもそこをうまくスポーツ物と絡めていて、なかなかうまく作ってあるなと感心してたら(バスケのスター選手との交流がなかなか印象的)、最後にモデルとなった本人が登場して驚愕。これ、実話だったのかぁ。

  • 比較してどうするって感じですが、地味に根強い人気の学園友情映画「頑張れベアーズ」よりよかったです。
    (これは感想なのか!?)やはりエド・ハリスはDADY of U.S.Aですね!


    一応まともな感想を書くと、ベタな学園友情ヒューマンドラマでありながら、大袈裟な演出なしに優しい描き方をしている点が好ましかったです。

    泣かすぜ!

    って感じでなくて。

    ノンフィクションだからかもしれませんが。
    過剰じゃないところに寧ろ感情移入しやすさがありました。

  • 「えっ!これは実話なの!!」
    とエンディングでの感想。

    自分の名前もロクにいえずラジオが好きだったことから「ラジオ」というニックネームで呼ばれていた知的障害者が、実話からすると名物フットボールコーチになってるわけだ。

    エド・ハリスコーチは周囲の反対にもめげずラジオを学校に招き入れる。生徒、校長、委員会、家族、PTAとすごい反対にあうがへこたれない。

    なぜそこまでするのか。

    これは途中で明かされるのだが、平易なゆえに説得力がある。

    けど、そんないい人がいるのか、フィクションっぽいと思ったら実話なんだからスゴイですね。
    映画化した時点で実話ではないし、実話であることをいいことに甘く作っていたとしても見終わって心にちょっとした火がともり暖かくなる。

    障害者を演じるキューバ・グッティングJr.は見事だ。

  • 泣けます。実話と知ってまた泣けます。

  • 初めて洋物を真剣に読みました!!まだまだ良い人間はいるんだなって思わされました(^^)

  • これはメジャーじゃないんだけどっ 心が温まる作品☆

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

僕はラジオ [DVD]を本棚に登録しているひと

僕はラジオ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ツイートする