リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた闘い [DVD]

  • 38人登録
  • 2.73評価
    • (2)
    • (1)
    • (20)
    • (6)
    • (4)
  • 12レビュー
監督 : スティーブン・ノリントン 
出演 : ショーン・コネリー  スチュアート・タウンゼント  ナサーラディン・シャー  ペータ・ウィルソン  トニーカラン 
  • 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (2005年11月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142327420

リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた闘い [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメコミが原作だそうですが、往年の有名キャラクターが総出演で無茶苦茶やっているのがまた面白かったです。でも、キャラクターそれぞれの原作を知っていないと十分に楽しめないかも^^;

    それにしてもどうして「トム・ソーヤ」なんだろう。。。他はヨーロッパの文学作品を題材に取っているのに、なんかこのキャラだけ妙に違和感があるような気が(^▽^;) しかしアメリカ文学キャラで有名どころを考えてみても、ほかに思い浮かばないので仕方がないのかもしれませんねぇ(ノ∀`)

  • こりゃつまらん!

  • ネモ船長、トム・ソーヤ、ジキル博士とハイド氏…と、だれもが名前は聞いたことのある有名キャラクターが、同盟を組んで悪と戦うコミックの映画化。19世紀末、ヨーロッパの平和を乱す武装集団に対抗する彼らだが、事件の背後には思いもよらぬ陰謀が隠れていたというストーリーだ。
    設定からして奇抜なので、物語の矛盾に目くじらを立ててはいけない。映像を“まんま”楽しむことに徹しよう。透明人間のスパイ活動や、ジキルからハイドへの変身、そしてド派手なバトル・アクションでは最新VFXが満喫できる。その一方で、潜水艦「ノーチラス号」や自動車「ネモービル」のデザインでは、19世紀を意識したレトロな雰囲気が前面に出され、マニア心をくすぐる。同盟のリーダーとなる冒険家アラン(このキャラだけは日本人になじみ薄)を演じるショーン・コネリーは、主役でありながら出しゃばった演技をしないのも好印象。ヒーローたちが“オールスター”的に活躍する分、全体的には散漫な印象になるのは仕方のないことだろう。

  • 2003 アメリカ

  • ワールドヒーローズなのに楽しめなかった。もっと、派手にはちゃめちゃにやってほしかった。

  • 結構キャラはよかったような記憶。トム・ソーヤがただの青年だったような記憶もあったり。B級だーって潔く楽しめると思います。

  • 兎に角かっこいい!!
    自分的にはトムソーヤが好きっす。

  • 映画にハマるきっかけになった作品なので☆5つ。内容的には3〜4つくらいかも…。有名な超人たちが一堂に会して大暴れ!な話。原作はアメコミです。超人紳士同盟(LXG)って、確か武装錬金でネタになってたような。<br>
    好きだったんだけどショーン・コネリーと監督がケンカしちゃったから続編作るのは難しいとゆう噂。続編だと火星人来襲らしいので激しく気になるんですけど。

  • DVDにて鑑賞。

全12件中 1 - 10件を表示

リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた闘い [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた闘い [DVD]を本棚に登録しているひと

リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた闘い [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ツイートする