梨園の貴公子

  • 55人登録
  • 3.53評価
    • (5)
    • (11)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
アーティスト : ドラマCD  井上和彦  森川智之  飛田展男  堀内賢雄 
  • インターコミュニケーションズ (2005年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4523513521474

梨園の貴公子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実は和彦さん、避けてた。古い人間なんで、どうしても昔見たアニメの印象が強く(「キャンディ☆キャンディ」のアンソニー、「サイボーグ009」のジョー、など)その後は洋画の吹き替えの印象が強く、BLCDはなぁ、と言う気持ちが強くて、先延ばしにしてたんだが…。森川さんと交互に聴くと、やっぱり洋画の吹き替え聴いている気持ちが強くなるんだけど、そんなものは濡れ場で吹っ飛ぶな(笑)。「しっとり」と言うアダルティーな雰囲気が声の応酬だけで伝わってきて、ベッドの中の睦言、って言葉がぴったりな、大人な男同士の囁きは…タマランなぁ。Hの導入部分の下りも、靴下を脱がす・脱がされるの一幕がありの、足舐めがありの、と臨場感がとっても増す。更にキス音の相性というか熟練度と言うか、とんでもない高レベル。ただ効果音としてちゅっちゅ言う音を足している、だけではない。朝起きての、起きぬけのキスが更に良し!!濡れ場は足フェチの話ではないが、濡れ場突入時に足から攻めてくれたのが…何とも言えず…靴下脱がさせて、って下りが…

  • ふゆの仁子 原作のドラマCD

    (攻め)年下の歌舞伎役者・常磐:森川智之
    (受け)年上美人カメラマン・浅葱:井上和彦

    和彦さん初の受け作品。喘いでも高音な声にならずにしっとり深い大人の喘ぎでした。
    森川さんの攻めも王道。
    浅葱の師匠カメラマンで昔の男・千石を賢雄さん。こちらも賢雄さんには珍しい悪い役。

    BGMも歌舞伎の音源を使ってあり新鮮。
    安心して聴けるCDでした。

  • あ、あぁ、あの井上さんの初にして最後なのか?受け作品です!!
    いやぁ…聞いた感想、一言で言うとエ○いです。
    ついでに、梨園の貴公子~色悪~もCD化して欲しかったです。
    今となっては古すぎて…駄目だろうな…

    う~ん、残念!

  • 最近すすめられて購入しました。和彦さんの甘い声にもうウットリ。是非第2弾をと切望せずにいられません。

  • 初の和彦さんUKE作品!!!もりもり&和彦さん&賢雄さんのフリートークもあり

  • ふゆの仁子

  • 井上さんの初受けだそうです。
    井上さん万能・・!!

  • その手のシーン、井上さんが壮絶に色っぽいです・・・。
    激しくはないんですよ。穏やかなんだけど、生々しいって言う・・・。
    音がね・・・想像を掻き立てられるというか。
    擬音もそうなんですが、衣擦れの音とかね、リアルなのなんか!
    聞いてるこっちが恥ずかしい・・・
    無駄に喘いでないのもいいですね。
    きゃんきゃんした受けはあまり好きでないので。こっちのが全然いい。
    井上さん(浅葱ね)が、イった(と思われる・笑)後の吐息なんて、もう!
    はぁぁあぁぁぁ〜〜〜〜(うっとり)

    ブログにも詳細コメント書いてます。

  • <font color="#cc0000">※BLですので、ご注意を!</font><br>
    キャストを見て、演技に安定感のある人が多いかなと思って、そういう意味で購入。後から知ったけどこれが噂の初受け和彦氏てことなんですね。<br>
    歌舞伎の世界が出てくるので、声優さんにこれは酷だろう思いましたが、頑張ってましたよ、森川氏も…そして女形をやった飛田さんが凄い。多少違いはあるものの、あそこまで演じるのは…やっぱりただものじゃないトビィ。<br>
    レビューサイトで、和彦氏が攻めの時のあの男前の声のまま受けている…とあったので、そういう期待もありました。(少年受け・女々しい受けは苦手なので)<br>
    確かに普段の演技通りの低めのトーンで徹してくれたので絡みのシーンもホッとしました。ただやっぱりああいうシーンは科白が欲しいと思ってしまう人間なので、効果音と喘ぎだけだと、ドラマとしては淋しいかった。<br>
    賢雄さんは悪役、しかも出番は本当に後半。じわじわ追い詰めていくと思わせて、あっさり切り返されてしまってましたが。嫌な役だなと思ったけれども、その「嫌な感じ」も演技で徹しているからこそなんだろうな。<br>
    最後のトークで司会をして、いつもの賢雄さんの声が聞こえたときは心底ホッとしました。
    <br>
    <br>
    初め、常盤というキャラはよくある攻めタイプなのかな…とちょっと溜息交じりで聞いていたんですが、話が進むにつれ、割と好感もてるタイプでよかった。攻めがいけすかないキャラだと、ドラマの魅力も半減するからなぁ。<br>
    そういう意味ではバランスよい作品だったかも知れない。<br>
    飛田さんの出番が少なくて残念。<br>
    あ、初めて花輪くんの演技を聞いたわけか。(今ジャケット見て、出ている事に気付きました。ごめん)<br>
    長田ってどの科白のキャラ?浅葱に常盤宗七郎の説明をするあのキャラかなぁ。

全11件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

梨園の貴公子を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

梨園の貴公子を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

梨園の貴公子を本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする