トゥルー・コーリング Vol.5 [DVD]

  • 14人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
出演 : エリザ・ドゥシュク  ショーン・リーブス  ジェシカ・コリンズ 
制作 : ジョン・ハーモン・フェルドマン 
  • 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (2006年1月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142339324

トゥルー・コーリング Vol.5 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ■第9話「モルグ殺人事件」Murder in the Morgue
    人生最良の日。幸せの絶頂の花嫁を襲う、思いもよらぬ惨劇:
    モルグに運ばれてきた遺体は、ウェディングドレス姿の若い花嫁。そこにフィアンセだという男が現れ、最後の別れを言わせてくれ、とトゥルーに頼みこむ。しかし、男の目的は、彼女の遺体から弾を摘出すること。それをトゥルーとデイビスに目撃され、男は銃を取り出しデイビスを撃ってしまうのだ。さらにトゥルーにも発砲。
    トゥルーてやっぱり頭がいい。命を助けるために先を見て動いたり考えたりしてるからなのかもしれないけれど、先を見た発言に時々感動する。「モルグ殺人事件」はめちゃめちゃドキドキしました。

    ■第10話「女友達」Reunion
    命だけでなく心も救えるのか? ほろ苦くも忘れ難い同窓会:
    高校の同窓会の通知と共に、親友キャンダスとの苦い想い出がよみがえるトゥルー。尊敬するコナー先生との再会を喜びながらも、キャンダスが気になってしょうがないトゥルーは、この思いに片をつけるため、キャンダスを探してプールへ。そこで水死している彼女を見つけ、助けを求められるのだ。
    て言うか、リンジーも同じ高校だったのに、高校時代の親友はキャンダスだったの…?キャンダスとの仲が壊れてリンジーと仲良くなったの?リンジー好きなわたしとしては微妙に納得いかん。あと話すことないってトゥルーが言ってるのにしつこく話してきた方がいいと思うと薦めるルーク。それも微妙に納得いかん。でもルークいいヤツだなあとシミジミ思った話でしたが。男ってヤツは結局、大人になってもやっぱり子どもなんだなあともシミジミ思った話でした。エンディングがリアルで淋しかったわ。

  • 美しい話なのかと思ったら違いました。
    ぼろくそに言われながらも人を助けるトゥルーが可哀想。
    でもあんな人がきたら怖いよね、普通。
    普遍的なものを求めた人のお話と、かわってしまった人のお話。

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2007/02/post_7f5e.html" target="_blank">2007年2月27日</A><br><A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2007/03/post_b1d7.html" target="_blank">2007年3月7日</A>

全3件中 1 - 3件を表示

トゥルー・コーリング Vol.5 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする