博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を・愛する・ようになったか [DVD]

  • 58人登録
  • 3.57評価
    • (7)
    • (7)
    • (23)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
監督 : スタンリー・キューブリック 
出演 : ピーター・セラーズ  ジョージ・C・スコット  スターリング・ヘイドン 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2006年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462026842

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を・愛する・ようになったか [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何かおかしいと思ったら、これはブラック・コメディだったのか。

  • 「何だこの映画?」というのが率直な感想。

    もともとブラックコメディなんていうジャンルは見たことが無かったから、どこで笑うべきかとか、そもそも何を意図して作られた映画なのかとか、何で俺こんな映画見てるんだ?とか、いろいろ考えても仕方が無いことを考えてしまった。

    ストーリーや設定は最近SFを読み漁っているからか、そこまで新鮮に感じなかった。そんなのよりは「何で今ここでそれ?」というシュールでシニカルな笑いや演出を存分に楽しむのがこの映画の見方だと思う。

    この映画を、反戦や進みすぎた科学技術に対する警鐘といった枠組みで語ろうとするのは無理があるんじゃないかなぁ。小説にはできない、映画独自、オンリーの表現がてんこもりなので、それを味わうのがいいのかと。

    博士役の怪演は異常。存在感がありえない。もう気持ち悪いったらありゃしない。

  • ぶははははだめだこりゃ
    このセンスがひとかけらでも欲しい

  • (C)

  • ピーター・セラーズの演技には驚かされます。
    素晴らしい、一人三役!!
    正直、言われないと気付かないくらい素晴らしいです。
    キューブリック監督の代表作の一つです。
    確かに、このブラックユーモアのセンスは凄いと思います。

  • ”今のうちに私に暗号を教えなさい

    そいつは奴らの汚い罠ですよ
    その一機を口実に報復する気だ

    ディミトリ もし その一機が 目標を爆撃したならば
    「皆殺し」装置も作動してしまうのかい?

    あのブタどもは 人をオモチャにしたのさ
    そんな奴らが あんないいカメラを作る

    奴らがまた攻めて来たら 今みたいに二人で戦おう

    君は銃を撃ち 私は弾薬の係だ

    いい弾薬係だったろ? マンドレーク

    私は死後の世界を信じる 
    そこで私たちは責任を問われる”

  • 監督:スタンリー・キューブリック。1964年公開。

  • 社会主義に対する激しい怒りから独断で人類の破滅を引き起こす将軍、実は誰も望んでない水爆投下をやっと実行でき、ロデオボーイのように歓喜の叫びを上げ落ちていく少佐、人類存亡がかかりながらもどこか緊迫感の無い会議など、ブラックユーモアが満載。最後の核爆発のモンタージュは軽快な楽曲とともに、愚かな人間たちをあざ笑うかのような一種の神々しささえある。06/11/13

  • キューブリックは映像の天才だと思いますた。これ最高峰。こんなにブラックブラックユーモア炸裂で最高に美しいカメラの映画。平和を願う映画ですよ。

  • キューブリック珠玉の名コメディ。正に「奇才全開」の黒い笑いは、絶対にキューブリックにしか作れない、と思わせてくれる。その一方で、映画史に残る美しいラストは、これだけでも一見の価値アリ。僕も立てました、大佐!

全13件中 1 - 10件を表示

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を・愛する・ようになったか [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を・愛する・ようになったか [DVD]を本棚に登録しているひと

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を・愛する・ようになったか [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を・愛する・ようになったか [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする