せかいのおわり [DVD]

  • 64人登録
  • 3.53評価
    • (7)
    • (11)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
監督 : 風間志織 
出演 : 中村麻美  渋川清彦  長塚圭史  安藤希  小林且弥 
制作 : 及川章太郎 
  • ポニーキャニオン (2006年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013050143

せかいのおわり [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何年間も想っている人がいるのに、
    正直にそれを伝えられず、すれ違う。

    それなのに、女の子をナンパして連れ帰っては、なんとなくむなしく感じてしまう。
    そんな不器用な役を渋川清彦が熱演。
    なんて愛くるしい役柄だろうか。
    (ナンバされる役に芦名星、安藤希などが出演。豪華!!)

    都会の話なのに、退廃的なこの感覚は
    彼が職業としているのが「盆栽屋」という、ちょっと風変わりな設定だったからかな。
    この盆栽屋「苔moss」(こけもす)の家のカンジがまた良くて。
    何かあったら、地下の部屋にいったり、中心部の熱帯魚を鑑賞したり。

    全然カンジは違うけど、特殊な家、という意味では野波真帆主演の「2LDK」を思いだした。


    店長、最後のキスは反則でしょ!! 
    こんな風にゲイもアートにできちゃう日も遠くない?

    あ、そうそう、うちの娘と同姓同名違漢の「浜口綾音」なる人が出演していたらしい。
    どんな人なんだろう。

  • 今まで現実で出会った人と映画のなかで出会った人全員のなかで一番ばかであいくるしくて、気づいたら渋川清彦のことを大好きになっていました。だからわたしははるこがにくたらしいんだけど、きっと男の人にははるこがあいらしいんでしょうね。ふん。

  • 別に世界は終わらないけれど、世界の終りがもしあったら、その時は一緒にいようか、というラスト。
    それがタイトルの意味。幼馴染で、互いに互いのこと想っていて、けれど、男の方はすごくマジで、マジすぎてなかなか口説けない。やっと口説くと新たな男ができていて、そこと別れてようやくチャンスが巡ってきたと思ったら、捕まえたと思った矢先に逃げられる。決して手に入らないのにすぐそばにいる存在。欲しくて欲しくてたまらない存在。それさえあればそれでいいのに、ね。そして、そういう不器用な一途さって、他人から見ると、魅力的に見えたりして、こっそりそれを思う人も近くにいたりする。逃げられて荒れてる主人公を優しく抱きしめてキスをする、バイの男。なんかよかったね。すごい自然で。決して結ばれることがなくて、おそらくあと何年かしたら散り散りになって、もしかしたら、二度と会うこともないのかもしれないけれど、今のこの時間を過ごせたことが限りなく幸せで、そういうふうに感じさせてくれる、日常が詰め込まれていた作品。正直、ヒロインってそんな魅力的じゃないんだ、たださ、手に入れられない、仮に手に入られても、彼女は最初から終焉を見ているから、必ず破局することがわかっているというところが却って、彼女の魅力を引き立てている、のだろうね。

  • ゆる~い感じ。もうちょいメリハリ欲しいかも。でも嫌いじゃない。学生時代に観たらもっと違ったんだろうな。長塚圭史はやっぱり舞台の人だな。

  • あぁ、こういう女いるよなぁと思いながら。
    すげぇわがままで寂しがり屋でムカつく女。
    でも愛してしまうのは何故なんだろう。

  • 4年ほど前なら☆5つだったと思う。
    私は大人になってしまったなあと思いました。
    ハルコって良い名前。でも、ラーメンの食べ方が微妙。(でもこれ見てラーメン食べたくなりました)

  • ゆるいリアル 大好き

    夜中
    あたしがカーテンに包まってたら
    ただ横に座ってカーテンに包まって欲しいな
    だけど それでも 落とし穴
    せかいはおわらない

    ラストの二人の会話が好き
    めっちゃ好き

  • 2007/09/14

  • ゆるゆるです。かなりゆるゆるです。
    人間同士の繋がりも、時間もゆるゆるです。

  • Village Vanguardでフライヤーをみつけまして、きになってました。で、おもしろいといえばおもしろかったし、苔が!苔moss!!苔のお店めっちゃええおもいます。

全13件中 1 - 10件を表示

せかいのおわり [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

せかいのおわり [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする