ブルークリスマス [DVD]

  • 49人登録
  • 3.57評価
    • (3)
    • (12)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
監督 : 岡本喜八 
出演 : 勝野洋  竹下景子  仲代達矢  岡田英次  八千草薫 
制作 : 倉本聰 
  • 東宝 (2006年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104033710

ブルークリスマス [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本のSF、監督が岡本喜八、脚本が倉本聰ということで見てみる。

    今は亡き往年の名優の姿がこぞって見られる。
    そして若い竹下恵子が・・・か、可愛い。

    特撮の無い日本のSF。
    SFという設定はとっているものの強烈な差別に対するアンチテーゼになっている。

    「血の色」は肌の色や人種の明らかなメタファー。
    「違い」を憎しみへ変化させるのは愚かしい人間の愚行。
    差別とはこういう愚かしいものだという説得力ある倉本哲学。

    岡本監督作品ということで見て観たが
    内容は立派だが頭でっかちな感じがして
    エンターテイメントな形態をとっていることに少々違和感を覚える。

    随所に岡本監督の映画的なダイナミックさを感じるが
    言葉に縛られているき気がした。

    倉本氏からは一字一句脚本改変をするなとの意向があり
    それをまもった岡本監督の意地の演出。

  •  まだDVDがない頃に偶然テレビで見た作品。その時に過去にない衝撃を受けたが、何に対してなのかうまく説明出来ないが(もうかなり前のことなので)、よって以下はDVDで見直した上での感想。
     始めはサスペンスタッチで面白いが、勝野洋と竹下景子が主体になってから?の展開に。
     青い血が有害ではないが、でも無害なのか?血が青くなって悪い性格がなくなった、と語らせることで無害を印象づけたうえで、世界的規模の虐殺に至るという下りはちょっとひねりがないなあ(いろいろ陰謀は張り巡らせてはいるが)。ナチスを引き合いに出すのは、いかにも安易過ぎ。反対派の博士が植物人間にされていたのも、この時代の映画の定石。
     恋人が血が青いことがわかり(判明する場面は失笑物、恋人の兄とのやり取りは爆笑物)、また同僚の自殺(彼も血が青に)もあり、国防軍?としての立場に葛藤し、最後は自分の手で始末してから自分も始末される所は、逃亡を図るより遙かにリアリティがある(そう仕向けられていた可能性大、あの上官ならやりかねない)。
     と、突っ込み所は満載なのだが、それでも初めて見た時のインパクトが強烈で、自分にとってはフェイバリットな作品。DVDで見直しての収穫は、主題歌を歌っていたのがcharだったのがわかったこと。
     

  • 「パターン青、使徒です」の元ネタだというので視聴。
    確かに『エヴァ』に、その痕跡を見ることができる気がする。
    時間のわりに説明不足な感はあるけど、全体としては面白かった。
    大きいところで何が起こっているのかわからない不気味さはあるけど、
    物語の整合性を求める人には向かないかも。
    今見ると、ものすごく豪華なキャスト陣にも驚き。
    集団をまとめようと思ったら、外側に脅威を作るのが一番簡単な方法だなと実感。
    僅かな差異も認められないし、簡単に排除したがる。
    結局、青い血の正体は、なんだったのか気になる。
    仲代達矢がニューヨークを放浪するシーンは、ツインタワーに目が行ってしまう。
    しかし手がかりも無しに、ニューヨークの街中で無闇に聞き込みしても
    人は見つからんだろw
    それと天本英世と岸田森のコンビが怪しすぎるw

  • エヴァヲタにとっては blood type : blue というフレーズで馴染みのある映画。

    設定は素晴らしいと思う。
    なぜだか青い血の人間が同時多発的に発生し、なぜだか政府は彼らを弾圧する。
    少数を泳がせておいて一斉に……という不気味さも素敵。

    が、脚本がどうにも拙い。演出がどうにも臭い。
    主役がダブルで別々に行動すれば、どこかで交差するものじゃないのか、普通。
    後半はパリの雰囲気(具体的にはBGM)を無理やり日本に持ち込むためだけのパートになってしまっているし。
    だいいち、破瓜の血が指についていて慌ててシーツを確認する……こんな場面、失笑不可避。
    臭い演出で全員濃い顔が動き回るので胸焼け。

    ラストシーンはぐっときたけど。

  • 岸田森チョイ役。しょぼん。
    キャストは豪華なのだがなあ。
    青い血がとても綺麗。

  • ちょっと長いけど、贅沢なキャスティング陣の絡みを見ているだけで楽しい。天野英世&岸田森!

  • 人類の意思がひとつにまとまってひどいことになります
    やるせない感じが好きだけど、冷静に考えると話にいろいろ無理があるような・・・
    設定だけ見れば、山田悠介さんの諸作品に通ずるものがある、かもしれない

  • 岡本喜八
    現代SFモノ

    青い血の竹下恵子

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ブルークリスマス [DVD]に関連する談話室の質問

ブルークリスマス [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ブルークリスマス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする