ファンクラブ

  • 1613人登録
  • 3.61評価
    • (274)
    • (181)
    • (705)
    • (7)
    • (2)
  • 174レビュー
アーティスト : ASIAN KUNG-FU GENERATION 
制作 : 後藤正文 
  • ¥ 2,380 (参考価格 ¥ 3,146)
  • KRE (2006年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4582117985617

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ファンクラブの感想・レビュー・書評

  • 『暗号のワルツ』『ワールドアパート』『ブラックアウト』『桜草』『路地裏のうさぎ』『ブルートレイン』『真冬のダンス』『バタフライ』が好き。
    個人的に主張したくなることはアジカンはイヤホンとかヘッドフォンで聞いた方が音がシャワーみたいで気持ちいい気がする…。

  • 自らのことをアジカン第1世代と呼んでいて、たぶん第1世代は遥か彼方やリライトを聴いてるあたりを言うのではないでしょうか。しかし今はソラニンがアジカンのベストソングな時代らしい。

    『ファンクラブ』や『ワールド・ワールド・ワールド』とかは中期?なのかな、アルバムごとの毛色が顕著に出始め、好きなことをしてますって感じ。後者が出た2008年は他にも2枚アルバムが出たはずなので、中期としてひっくるめるべきか迷いどころだが、『ファンクラブ』が他のアルバムとは顕著に違うスタンス・モチーフを持って作られたことはわかる。ダントツで陰鬱として混沌としている。

    うる覚えだが、なんかのインタビューで、当時のアジカンは仲が悪かったっていうのがあって、納得できてしまう。キヨシのドラムがいつもに増して、難解なリズムを刻んでいる。そこに単純なコード進行を合わせているのだが、なぜそこまで暗い!とツッコミたくなるぐらい、マイなコードが続く。アルバムを縛る統一感が、当時のアジカン内の軋轢をあらわしている。

    しかし、とてつもなく良いアルバムであることは変わりなく、1曲目から引き込まれる。ずっと暗闇のなかで、ふらふらしている感じだ。最後はしっかり泣きソングで抑えている。この縛られた統一感で好き嫌いが別れそうだが、わたしはアジカンのアルバムのなかでも偏愛している。

  • アジカン3枚目のアルバム。君繋、ソルファと聴いてきた人はちょっと面食らうかもしれない。

    ベスト盤でゴッチが「ファンクラブの頃の俺はメンタルがめちゃくちゃで」って言ってるけど、それが伝わってくるようなアルバム。レンタルで1回聴いただけでは良さがわからなかったけど、買って何回も繰り返し聴いているとすごく響いてくるところがある。

    「桜草」とか「路地裏のうさぎ」とかほんと暗いんだけど、心に何かしら闇を抱えた人には絶対共鳴すると思う。そういう人たちにとってはまさしく「闇を裂く白い声」となる1枚だと思う。

  • アジカン、通算3枚目のアルバム。

    前作までの勢い良く突っ走る演奏から脱皮し、じっくりと聴かせる・スルメのようによく味わってもらう演奏になっています。

    ですから、前作までの「リライト」などのような圧倒的な刺激をアジカンに求める人にとっては、肩透かしを食わされるかもしれません。なんか物足りないなぁと。

    それでも、本質はまったく変わっていません。アグレッシヴなギターの音。見事にはまったドラムス。楽曲を締めるベース音。そして、後藤さんのボーカル。一度聴いたら、しばらくは何回も何十回も繰り返し聴きたくなるような1枚。よく作り込まれている名盤。

    個人的に、好きな曲を書こうと思ったら、選べない。全部、好きだから。

    アジカンの入門盤としては、おすすめできません。アジカンにはまった方、まさしく【ファンクラブ】の会員あるいはアジカンファンの方におすすめしたい1枚、といった感じになるでしょうか。


    【収録曲】
    1. 暗号のワルツ
    2. ワールドアパート
    3. ブラックアウト
    4. 桜草
    5. 路地裏のうさぎ
    6. ブルートレイン
    7. 真冬のダンス
    8. バタフライ
    9. センスレス
    10. 月光
    11. タイトロープ

  • (3.ブラックアウト)
    独特な音のテンポがいい。

  • アジカンの3rdアルバム。
    アジカンらしさを残しながら、全体的にはガラッとイメージチェンジした感じ。
    深いです。心に染みます。

  • アルバムの中で一番好き。
    歌詞が自分的にしっくりきます。
    なんか叫びながら歌ってみたい

  • これまでのアジカンの作品を並べてみると、
    この作品は異色かもしれない。
    変化の途中というか。
    個々の曲はやはり良いのだが、
    全体を通してみると統一感はあまり感じない。
    スルメのように、よく噛んで味わう作品。

  • アジカンの中で1、2を争うくらい好きなアルバム

  • お気に入り>暗号のワルツ/ワールドアパート/ブラックアウト/路地裏のうさぎ/ブルートレイン/真冬のダンス

    今でもiPodでヘビロテしてます。

  • 何がどうってわけじゃないのに
    涙がでそうになる。
    「君」と「僕」は永遠に交わらないと
    直感でわかってしまうような切なさ。

  • 鬱な時に聴きまくっていた曲ばかり 個人的にブラックアウトは名曲だと思う

  • 暗め。
    暗号のワルツ、バタフライ、路地裏のうさぎは何回再生したことやら

  • 一曲目を聴いて、アジカンまだまだやれんじゃん。って思った作品です
    上から目線ですが、それほど好きってことです

  • アジカンのアルバムのなかで
    いちばん聴いてていちばん好きだ。

  • 一日中毛布に包まって世界から逃げる歌と半透明で不確かな膜にくるんで燃えないゴミの日に出す歌が好きです。

  • ambient。
    かつ、じっくり聴けば聴くほど沁みる。

    全体的にどこか陰のある曲が並んでいます。
    シャウトの利いた曲も好きだけれど、アジカンで1枚と言われるとファンクラブかなあ(かなり接戦で次点は君繋)。
    いちばん再生回数の多いアルバムです。

    暗号のワルツ、真冬のダンス、ブラックアウトが特に好きです。
    センスレスはライブで聴いたらシビレるだろうなあ~

全174件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ファンクラブを本棚に「聴きたい」で登録しているひと

ファンクラブを本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

ファンクラブを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ファンクラブのMP3 ダウンロード

ファンクラブのCD

ファンクラブのLP Record

ツイートする