ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション [DVD]

  • 232人登録
  • 3.02評価
    • (7)
    • (26)
    • (109)
    • (29)
    • (4)
  • 41レビュー
監督 : テリー・ギリアム 
出演 : マット・デイモン  ヒース・レジャー  モニカ・ベルッチ  ジョナサン・プライス  レナ・ヘディ 
制作 : アーレン・クルーガー 
  • ハピネット・ピクチャーズ (2012年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953012202

ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ギリアム作品は常に、権威/合理/秩序に対するカウンターとしての愛やロマンを、不条理を通じて描いてきた。だが、ギリアムの才能は、不条理を単なる秩序への対概念と捕らえるだけでなく、「死」という概念を内包するものであることを訴え続けている。いや、もっというと、「すべてはエントロピーに帰す」という感じか。
    『ブラジル』における鎧武者と能面の亡者、『バロン』の死神、『12モンキーズ』でのフラッシュバック、『フッシャー・キング』の紅い騎士。これら、コメディーの合間に挿入される鮮烈な死のビジョンは、『ジャバ・ウォッキー』の黒騎士に端を発し、『タイム・バンデッツ』衝撃のラストを経てルーティン化された、「不条理な死」のイコンであり、同時にギリアム作品の共通テーマになっていると思う。
    本作では、映画評論家の町山智浩氏がご自身のblogで指摘しているよう、ジョン・エヴァレット・ミレイ作の絵画『オフィーリア』へのオマージュがそれに当たるであろう。
    「永劫」の記号である鏡の女王への対概念としての、鮮烈なイメージの「終焉」のメタファである。と同時にクライマックスで、愛を持って「再生」を果たす、セックス〜出産のメタファに転化する構成は、見事だった。
    ただ、個人的には、物語冒頭で語られる「妹の死」へのリンケージが成されていなかったことが、若干不満かも。ジョナサン・プライス演じるドラトゥンブ将軍は「秩序」のメタファだ。「永劫」と「秩序」、二大テーマと戦うロマンの使徒グリム兄弟のキャラクターの魅力が、今一淡白なのは、この辺りに起因していそうな気がするのであった。

  • 16/07/03
    はちゃめちゃな物語。
    お兄さんは心臓刺されても死なないの?

  • 内容はアクションもストーリー性もいまいち…
    女王の美しさだけ★5つ。

  • <あらすじ>
    19世紀、フランス占領下のドイツで、兄ウィルと弟ジェイコブのグリム兄弟は、魔物退治をすることで生計を立てていた。

  • グリム兄弟のお話。
    グリム兄弟が村を回って悪魔祓いをしてるんだけど、それはハッタリ。
    フランス軍につかまって、本当の悪魔祓いをしろといわれ・・・

    キャストはよいと思うし、映像はきれい。
    グリム童話のエピソードが諸所に織り込まれているけど、もっとそれを生かした話にしたほうがいいかもね。
    本当にどってことないようなファンタジー。
    子どもが見るくらいで十分。

  • これあんま好きじゃないかな。

    グリム兄弟が童話を書く前のお話。

    なんかちょっと無理があった
    きがします。

  • 各所にグリム童話のエッセンスがあるのがよい。

  • 「赤ずきんの森」という駄作を観てしまったら
    こちらは、かなりオッケィを出してもいいでしょう。
    グリム童話をしった世代には、ニンマリとするような話。

    グリム童話にでてくる主人公たちが、チラリと登場し
    なおかつ、きちんと衣装から設定から、拘っているので
    ここから全てが始まったのか!と思わせる内容。
    ま・・・思わないだろうけど。

    ところどころ知ってる名前が(ラプンツェルとか)でてくるので
    グリム童話を知らなくても、ディズニー映画を観ていれば
    まぁまぁパロディの楽しさを感じるかもしれないけど
    何も知らなければ、あんま面白くないかもね。
    ただのファンタジーとしては意外性も盛り上がりもないから。

    ( ・_ゝ・)<グリム童話を読んでから観れば少しは楽しい

  • ガイ・リッチーの『ホームズ』を見たら何となく見たくなったので見てみた。
    あれーこんな作品だったっけ?って感じだった。
    ヒース・レジャーは文句なしにカッコイイけど、個人的にマット・デイモンが二枚目を演じることに疑問を感じまくっているのでなんとも…(^_^;)
    監督がテリー・ギリアムなので映像や美術の美しさは素晴らしかった。
    だけど脚本はちょっと忙しすぎてついていけない。

  • かなりよい見応えで、予想を大きく上回る面白さでした。話もよくできていて、単純でなく複雑過ぎず。おとぎ話だけど、子供用じゃない。怖かったりキモかったりするけど、時々の面白さのセンスが良いですね。お金のかかった映画は久しぶりに観たので、CGにすごいって過剰に反応してしまいました。やはりマット・デイモンはかなりタイプなので、弟の良さも認めますが、やっぱお兄ちゃんがいいです。

全41件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする