マーキー・ムーン

  • 31人登録
  • 3.94評価
    • (5)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
アーティスト : テレヴィジョン 
制作 : テレヴィジョン 
  • ワーナーミュージック・ジャパン (2006年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4943674061518

マーキー・ムーンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Tom Verlaine (Neon Boys) – lead vocals, guitar, keyboards
    Richard Lloyd – guitar, vocals
    Fred Smith (Blondie) – bass, vocals
    Billy Ficca (Neon Boys) – drums

    Released February 8, 1977
    Recorded 1975 at A & R Studios, NYC,    /1stAlbum/

    It was also ranked at #128 in the Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Time,

    Side one
    1."See No Evil" – 3:53
    2."Venus" – 3:51
    3."Friction" – 4:44
    4."Marquee Moon" – 10:40

    Side two
    5."Elevation" – 5:07
    6."Guiding Light" – 5:35 (Lloyd, Verlaine)
    7."Prove It" – 5:02
    8."Torn Curtain" – 6:56

    CD reissue bonus tracks
    9."Little Johnny Jewel (Parts 1 & 2)" – 7:09
    10."See No Evil" (Alternate Version) – 4:40
    11."Friction" (Alternate Version) – 4:52
    12."Marquee Moon" (Alternate Version) – 10:54
    13.Untitled [instrumental] – 3:22

  • 取材が好きそうでないトム・ヴァーレンの少ないインタビュー記事を見ると、
    ツインギターサウンドなるものを追及していた純粋な音職人だったようです。
    friction、marquee moon、は何回聞いたかわからない。
    マイベストアルバム。

  • すごくいやな思い出があります。
    前に付き合っていた彼女に、なんでもいいから貸してと言われて貸したのはいいのですが、別れてしまったので、戻って来ませんでした。他にジョンスペの来日記念ライブ盤も貸しました。あと何か一つ貸したけれど、覚えていません。
    このアルバムは大好きなのでまた買いました。

  • トム・ヴァーラインとリチャード・ロイドの美しく、金属音的な冷たさを持った絶妙なギターの重なりに、トムヴァーラインの官能的なヴォーカル。ニューヨークパンクの名盤。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マーキー・ムーンのCD

マーキー・ムーンのCD

マーキー・ムーンのLP Record

ツイートする