ロンゲスト・ヤード [DVD]

  • 26人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
監督 : ロバート・アルドリッチ 
出演 : バート・レイノルズ  エディ・アルバート  エド・ローター  マイケル・コンラッド 
制作 : アルバート・S・ラディ  トレイシー・キーナン・ウィン 
  • パラマウント ジャパン (2006年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113755467

ロンゲスト・ヤード [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 午前十時の映画祭で観賞!
    普段スポーツものの映画ってなかなか観ることってないのでその点個人的に新鮮だった。アメフトってどんなスポーツなのかよくわからない程度の私でしたが楽しめました。ついでにあの1時間くらいでルールもちょっとわかって一石二鳥!笑
    監獄だなんて聞いたら浮かぶのは大脱走みたいな男だらけのむんむんな空気感なのは想像はできたのですがさらにアメフトということで熱気が半端ないwwww
    試合最中にダイアナ・ロスのシュープリームスの如く踊って歌って盛り上げてくれるあの集団も見事にメンズ。何このプリシラ的なwwwwすごく良いけども。
    あとスーパースターのクレーを演じるバート・レイノルズ氏の逞しい体と凄まじい胸毛が忘れられない。笑

    マルチ画面で魅せる流れがすごく良かった。このテンポの
    良さとセンスが素晴らしいくらいに気分を盛り上げてくれる!
    久しぶりに観た後に爽やかな気持ちになる映画でした。

  • 男臭い!
    ひさしぶりにすかっとする映画観た。

    人の良い友人があんなことになっちゃったり主人公が一度信頼を失ってまたとりもどしたりなにかとベタなストーリー。
    スポーツって良いなあとはおもわせられたけどぜんぜん重くないところがよかった。

    アメフト見たくなった。

  • アメフトといえばアメリカを代表する青春スポーツ、ただし場所は刑務所内。
    どこまでもズルく卑怯な看守チームを、更に卑怯な手でぶちのめそうとする血気盛んな囚人達と、それを率いてゆくヒモ生活上がりの元アメフト選手のお話。
    (女に手を上げるわ、だらしないわで、お縄に掛かるコイツがそもそもひどい)
    面白味のない繰り返しの囚人生活の中に「あいつらやっちまおうぜ!」という空気が入ることで悪賢くニヤニヤ活き活きしていく様にこっちもニヤニヤしてしまう。
    ゲームの終盤は実際の試合さながらの緊張感が訪れ、思わず拳を握るスポーツ映画。
    イメージ通りの「アメリカ~!」な雰囲気を感じられる作品。

  • 元アメフト選手が刑務所送りに。囚人でチームを組んで看守チームと戦う。

    古典的名画。シナリオも演技も非常によく、終わり方も美しい。ただ、個人的には重い葛藤が少ししんどく、映画としてはすばらしいがその点だけちょっとあわなかった。

    あと、漫画「アイシールド21」で多少アメフト知識のある自分でも試合シーンが多少分かりづらかったので、知識ゼロの人だとさらによく分からないのでは。

  • 刑務所を舞台に、看守チームと囚人チームのフットボール対決を描いた傑作アクション。

  • 購入したけど未鑑賞。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする