ハート・ブルー [DVD]

  • 111人登録
  • 3.43評価
    • (8)
    • (17)
    • (29)
    • (5)
    • (1)
  • 21レビュー
監督 : キャスリン・ビグロー 
出演 : キアヌ・リーブス  パトリック・スウェイジ  ロリ・ペティ 
制作 : W・ピーター・イリフ 
  • パラマウント ジャパン (2006年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113755559

ハート・ブルー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • DVD

    パラグライダーとサーフィンの壮大さを楽しむ映画。
    気持ちがいい。

  • ひさびさに見直すと、けっこうなツッコミどころがある作品のように見えた。それでも胸が熱くなるものがあるのは、ダサくてもストーリーにロマンがあるからのような気がする。90年代のハリウッド映画の雰囲気は懐かしかった。

  • 今年映画館で鑑賞した「X-ミッション」の元ネタになった作品。「ハート・ロッカー」などのキャスリン・ビグロー監督の作品だとは知らなかった。「スピード」で有名になる前のキアヌ・リーブスやパトリック・スウェイジが出演。サーフィンにハマったFBI捜査官が犯人を追いかける一方、その生き方にも共感するといった話はちょっとどうかなあ。話として成り立っていない気がする。サーフィンのシーンはかっこよかったけどそれ以外はイマイチだったかなという印象。

  • 友情がメインの男の青春映画だった。女性監督が撮ったとは思えないほどこれがまたアツい。スカイダイビングから終盤かなり引き込まれる。
    FBIの潜入捜査なんて言うからもうちょっと派手なアクションを期待していたけど、サーファーだし強盗だし結構めちゃくちゃ。女が胸糞悪いし。追いかけっこは楽しかった。

    そういえば『ホットファズ』の元ネタのひとつであることを忘れていたので、ホットファズもまた見返そう。

  • キアヌがイケメンだと今更知った。
    海と空の疑似体験。ストーリーははちゃめちゃ。
    サンドウィッチ買いに行ってる間にそんな…!
    ホットファズの空パンパン、中盤らへんなのね。

  • ひたすらスリルだけを追い求め、アウトローに生きるボーディの姿に、ユタ同様観ているこちらも憧れを覚えてしまった。自由を知ってしまったらもう元には戻れない。バッジを捨てたユタのこれからの人生から、ボーディの影が消えることはないだろう。

  • 潜入捜査官と犯人との友情? 「なんか想像がつく話だなー」と思っていたら、素性がばれて恋人が人質にとられてからのキアヌ・リーブスの逸脱行動は想像を遥かに越えていきましたよ。強盗の手引きして死人を沢山だしたり、恋人を救おうとしたら同僚が殺されるし、挙句の果てにパラシュートなしでスカイダイビングする(これは映画史に残る珍シーン!)。なんて迷惑な奴なんだと目を覆うばかり。

    とりあえず、ネタとして観て損はない映画だと思います(やれやれ)

  • キアヌリーブスの服装がダサイ。シンプルなストーリー構成だが、FBIが間抜け。相棒が、簡単に殺され、エンディングへのストーリー展開が急ぎすぎな感じだった。

  • パトリック・スウェイジとキアヌ・リーブスの再共演。やっぱり、イマイチ。二人ともカッコイイけどね。

  • 映像が美しくて
    何度も観たくなる。

    時々主人公に
    いらっとする。

全21件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハート・ブルー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ハート・ブルー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする