ピースメーカー [DVD]

  • 44人登録
  • 2.85評価
    • (1)
    • (4)
    • (14)
    • (6)
    • (2)
  • 7レビュー
監督 : ミミ・レダー 
出演 : ジョージ・クルーニー  ニコール・キッドマン  マーセル・ユーレス  アレクサンダー・バルエフ 
制作 : マイケル・シファー 
  • ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580120518655

ピースメーカー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • TVで視聴。
    10基の核爆弾が盗まれた。
    1つは目を欺くため列車事故の後爆破される。
    残り8基は輸送中のトラックを見つけ出し確保するも、残り1つの中心部はバックパックに入れてニューヨークに持ち出される!という流れ。
    あまり頭に入って来なくて流し見。

  •  ロシアで核弾頭が盗まれた。アメリカの核兵器の専門家と軍人がタッグを組んで核弾頭の奪回に奔走する。
     
     軍人はともかく、核の専門家がそんな陣頭指揮とるかなという疑問はさておくと、かなりリアリティを持った話だった。
     奪還作戦という戦闘行為の痛みを描いたり、犯人の動機が大国に翻弄された人からの世界への攻撃だったりするところはかなりいいなと思った。これ、9.11の数年前の映画なのか。

  • ジョージ・クルーニーがカッコ良く、ニコール・キッドマンがデキる女なんだけどどこか可愛い。
    まあ、それだけで、あんまり心に残らなかったかも。

  • 悪くはないんですよ。軍人(ジョージ・クルーニー)と学者(ニコール・キッドマン)という対照的な2人のコンビは魅力的だし(ニコール・キッドマンは黒髪のほうが良いぞ)、核爆弾テロをめぐるストーリー展開は緊張感があるし、手に汗握るアクションシーンもあるし(時限爆弾の分解まである)、それなりに見所は多いのです。そのわりには地味な印象を受けてしまうのは何故だろう。そつがなさすぎるのかな。

  • 22nd movie in 2007

  • 世界を舞台に美男美女が活躍!しかし、ストーリー展開に真実味ある要素を散りばめて、真実味が増すように作られている。ニコール・キッドマンが綺麗。どんな映画の中よりも輝いてみえる。演出も最高って事だろう。

  • ロシアの貨物列車から盗まれた9発の核弾頭を追って、核兵器密輸対策チームの女性科学者ジュリア(ニコール・キッドマン)と米国防省特殊情報部大佐デヴォー(ジョージ・クルーニー)が、ロシアからサラエボ、トルコ、そしてニューヨークと、世界中を奔走していくポリティカル・サスペンス・アクション映画。スティーヴン・スピルバーグが設立した映画スタジオ“ドリームワークスSKG”の第1回製作作品。
    やはりスピルバーグが製作した全米人気TVドラマ・シリーズ『ER/緊急救命室』で3度エミー賞を受賞した女傑ミミ・レダーが映画初監督の任に当たっているが、パワフルかつハイテンションな手腕で、スリリングな追跡劇やダイナミックなハイテク・アクションの数々を巧みに具現化している。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ピースメーカー [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ピースメーカー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする