ベートーヴェン:交響曲第7番 (Beethoven: Symphony No.7)

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : ベートーヴェン  カルロス・クライバー  バイエルン国立管弦楽団 
  • Orfeo d'or (2006年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4011790700120

ベートーヴェン:交響曲第7番 (Beethoven: Symphony No.7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  1982年5月3日、ミュンヘンでのライブ録音。(オペラではなく)シンフォニー指揮者としてのカルロス・クライバーに対して、個人的には世評で絶賛されるほど感銘を受けたためしがないのだが、このベーム追悼マチネのベト7は別格。聴く度に茫然自失、他の演奏が束になっても敵わない唯一無二の強烈な凄演である。

  • 第一楽章の冒頭からクライバーの神演奏に引き込まれてしまいます。力のこもった、それでいて重くはならず、明るめの音と、深遠さを連想させる迫力のある響きの中で颯爽と音の風が駆け抜けていく様子はまさにクライバーの面目躍如と言ったところです。
    第二楽章は限りなく繊細な響きと少し重々しさを感じながら、谷間の湧水のような響きが、しだいに大河へと変貌していくような、なんとも表現のしようがないベートーベンの思想の中に存在する奥深い音色が、寂寥感と、それに抗おうとする感情が朗々と歌いあげられているかのように奏でられていす。
    第三楽章に入ると、それまでの重々しさから解放され、飛び跳ねるような生き生きとした演奏。言い換えれば、若々しいといってよいかもしれません。それはまるで自然の中で活き活きと飛び跳ねる生命の躍動感と言ったところでしょうか…
    第四楽章はもう乱痴気騒ぎ気味。一気に押し寄せるリズムに圧倒されながら、さまざまなたくさんの音色が波のように、返してはうねり、うねりながら返えり。クライバーの躍動感がオケに伝わり、聴く者に伝わり。怒涛のクライマックスになだれ込んで行きます。天才カルロスの完璧な演奏はまさに神との交信のような気さえしてしまいます。

  • CCCA→FFF8

全3件中 1 - 3件を表示

ベートーヴェン:交響曲第7番 (Beethoven: Symphony No.7)はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ベートーヴェン:交響曲第7番 (Beethoven: Symphony No.7)を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

ベートーヴェン:交響曲第7番 (Beethoven: Symphony No.7)を本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

ベートーヴェン:交響曲第7番 (Beethoven: Symphony No.7)のMP3 ダウンロード

ツイートする