ミュージカル 星の王子さま [DVD]

  • 22人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
出演 : 宮崎あおい  岡田浩暉  ブラザートム  ROLLY  松澤一之 
制作 : アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ  白井晃  能祖将夫 
  • ハピネット・ピクチャーズ (2006年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953014282

ミュージカル 星の王子さま [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うむ。
    原作にきちんと忠実で、非常に面白い。
    なのに眠いんですよね。
    すごい面白いのになんで眠いんだろうと思ったら、演出が白井晃だった。
    うーむ。
    なんでかこの人の演出の舞台って眠いんだよなー。
    面白くても眠いんだよなー。
    何度か見に行ったけど全部眠かったもんなー。
    面白いのに。
    α波とか出ちゃうのかな。
    それはさておき、なかなかよい作品でした。
    変に原作をいじってないし、それでいて舞台向けに味付けしてるし。
    宮崎あおいカワイイし。
    良作なので手元に置いておきたいな。

  • ミュージカルですが、あおいちゃんはあまり歌いません。踊りません。
    白井晃さんの演出は素敵でした。安寿ミラさんのオーラはカッコ良かったです。

  • 大切な何かを思い出せるかもしれない

    この話には、大人になった私たちが子供時代に残してきた何かが隠されているんだと思う。
    それが主題なんだと思うけど、それはなんだか分からない。

    大切なものは目には見えないことなのか。
    大事だと思った時から、その人は特別になるということなのか。

    私は小学生のときにこの本を読んだことがある。
    なぜ読んだのか、家に元々あったのか、親が買ってくれたのか、今となっては分らない。
    話の内容も理解できなかったし、子供ながらにそんなちっちゃい星に住めるわけないだろとか思ってた気がする。

    ただ、あの時の自分と、22歳になった自分を比べて、明らかに変わったと思う事はある。
    それはおそらく社会に縛られていることだと思う。
    寝ても起きても就活の事、面接でよくみられるためにはどうすればいいのかという事、仕事でへまして怒られないようにするためにはどうするかという事を考える。

    それは生きるためには確かに必要な事だと思う。
    でもやらなくていいならしたいことではない。
    本当はそんなことを考えたくないんだと思う。

    王子様が見ている世界は、とても美しいと思った。
    私も子供のころはそんな輝いた世界を見ていた気がする。

    確信はもてないけど、それが私の子供の頃に置いてきたもののような気がする。
    いつのまにか、確実に、私が世界を見る目は淀んできていると思う。
    大人はほぼみんなそうなんじゃないかな。

    このミュージカルを見て、世界をどうやって見たらこんな話を作れるのか驚いた。
    そう思ったのは多分、私は世界を大人の腐った目で見ていて、サンテグジュペリは子供のままの目で世界を見ているからだと思う。

    ミュージカルはあまり見ないのですが、これは普通に感動してしまった。
    舞台も美しいし、俳優さん達の演技が本当に素晴らしい。
    かなりおすすめです。
    子供より、大人に見てほしいです。

    この話について、もうちょっと考えたいと思います。

  • 良平さん 振付け

全4件中 1 - 4件を表示

ミュージカル 星の王子さま [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする