キング・コング 通常版 [DVD]

  • 384人登録
  • 3.33評価
    • (25)
    • (62)
    • (112)
    • (18)
    • (10)
  • 81レビュー
監督 : ピーター・ジャクソン 
出演 : ナオミ・ワッツ  ジャック・ブラック  エイドリアン・ブロディ  トーマス・クレッチマン 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2006年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580120518808

キング・コング 通常版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キング・コングを攻撃する前に
    ジャック・ブラックを撃てっ!

    撃ちまくれっ!

    ゴリラとのロマンス
    美女と野獣

    全米が泣いた(かもしれない)


    【キング・コング】予告編
    https://www.youtube.com/watch?v=AEWzwSTuBFQ

  • ナオミ・ワッツきれいだわー。人間に限らず、たとえゴリラであっても、みんなブロンド美女が好きなんだな。そういう意味では普遍的な真理を描いている作品です。

    冗談はさておきw さすがはピーター・ジャクソン、「キング・コング」という古い皮袋に見事に新しい葡萄酒を注いでいいます。生き生きとしたキングコングや恐竜たちの姿や、1930年代のニューヨークの光景を再現するため、彼が「ロード・オブ・ザ・リング」で見せつけた壮大な映像構築力を惜しみなく発揮しています。

    キング・コングがヒロインを助けて恐竜と戦うシーンはムネアツ。ニューヨークで彼女を探して暴れるキング・コングの姿もこれまたムネアツ。ナオミ・ワッツの美しさがこのストーリーに説得力を持たせているのは確かです。そういう意味でも本作における彼女の殊勲は際立っています。

  • 子どもの頃、ジョン・ギラーミン版キングコングがけっこう好きでした。たしか1はTVで観たと思うんだけど、今は無きWTCからコングが落下するシーンが怖くて・・・2の冒頭の人工心臓を移植するところも怖くて・・・。
    1933年版は有名なシーンだけ観た記憶があります。

    このピーターオタジャクソンの2005年版ですが、なかなか観る機会がなかったところに放映されたので鑑賞。全体的には良いところと悪いところが半々といった具合。

    序盤:世界恐慌後、'30年代のNYを再現してるしOPもかなり好き。ナオミ・ワッツかわいい。「RKOでクーパーがフェイ・レイ主演で撮ってる」という、並行世界のようなネタがあるので1933年頃。

    船上:『闇の奥』をジェイミー・ベルが読んでて、育ての親的な黒人船員が・・・というところが重要なシーン。植民地支配のアフリカ≒髑髏島。ナチスから隠れたり巨大猿と戦ったりプレデターと戦ったりで忙しいエイドリアン・ブロディとナオミが恋に落ちるのが早すぎ。
    「景色を観ずに鏡を観る」も、たぶん重要なセリフ。

    髑髏島前半:恐竜=ジュラシック・パークなんだけど、全ての元ネタがドイルの『失われた世界』で、元のキングコングにも出るのでしょうがない。けどCGばりばりで飽きる。寝た。ジュラシック・パークの方がたぶんよい。
    アクションシーンの撮り方が気に入らない。NYと違い島なので比較対象物がナオミしかいないのにコング目線or上から撮るので巨大さをあまり感じられない。

    髑髏島後半:虫がきもい!!!!!!!!最高!!!!!
    監督の虫嫌い&LOTRのファンタジー的きもさ!
    ここの気持ち悪さは★1000個。最高。
    元々1933年版でカットされたシーンのオマージュらしいです。
    ダンスシーンのナオミ・ワッツのアホ面が最高。

    NY:コングさんがあんまり壊してくれないので不満。監督の複葉機好き(複葉機プラモのメーカーを自分で興すほど。因みに超絶出来がよい)がラストシーンに炸裂。だけどコングさんは徒手格闘なので派手にぶっ壊れないのが不満。動物園のゴリラだってうんこ投げつけるのに!エンパイアステートビルの外装を剥がして投げるぐらいしてほしかった・・・。

    「飛行機じゃない、美女が野獣を殺した」というラストシーンのセリフはたぶんそのまま引用なんだろうけど、普通に考えると微妙。
    あのセリフは「お約束」+英語のダブルミーニングが理解できてないと意味不明で「ジャックブラック、お前が言うな!」となりますが、全体的にキャラクターの描かれ方が足りなかったように思います。

    ナオミとエイドリアンの恋愛も、コングとの恋愛?もちょっと意味不明。もうちょっと丁寧に描写してくれてれば・・・。あとコングが、今までの作品だとキャラクター的だったと思うんですが、今回はリアルなゴリラになってる点も大きい。

    基本的にはコング=ジャック・ブラック=ピーター・ジャクソンなお話。美しいもの・・・映画、神秘、美女、ナオミのダンス、夕焼け、そして1933年版『キング・コング』・・・に魅入られた者たちの話。
    ジャック・ブラックの狂気顔はとてもよい。けれど、こちらももうちょっと描写して欲しかったところです。
    不況と貧富の差の描写もよかったんだけど、そこがメインになってないので光が当たっていない。

    ナオミ・ワッツの代役の金髪美女と本物の違いが僕にもよくわからなかったです。コングさんが金髪女性をちぎっては投げる気持ちがよくわかった。
    『シザーハンズ』『タイタニック』同様、ヒロインに腹が立つ箇所があります。クライマックスはナオミがいちいち邪魔で何したいんだかさっぱり。戦闘はコングさんにまかせておけ!足手まといなんだよ!

    ピーター・ジャクソンのキングコング好き好きー!って気持ちは存分に伝わりました。好きすぎて詰め込みすぎて尺が超長い。色んなメタファーを入れるのは良いんだけど、普通に観る分ではあまり感動できなかった。
    全体的に、メインテーマが絞り込まれておらず散漫な印象。
    キャストは最高なんだけどなー・・・。

  • 良かった。

  • 時間の長さはあんまり気にならなかったな。最後切なかった。

  • CG以外は見るに堪えない。改悪。

  • 5回目くらいの鑑賞だと思いますが、毎回飽きることなく泣いてしまう感動の作品。
    素直で優しい心は、何かを守ると決めたらその時、何倍も何十倍も強くなるんですよね。
    言葉が無い分の、細やかな表情で伝わる感情が、リアリティを生みのめり込まされます。
    大半を占める愚かな人間たちに腹立たせながらも、美女の優しい心が救いでした。
    大迫力でリアルな画面、ラストはどうしようもなく悲しいです。

  • な、長い。

    映像はさすがハリウッドという感じで、大迫力!!
    映画館向きです。
    ジャングルとか恐竜とかリアルすぎる。

    ラストがせつない・・、人間がひどすぎる。

  • 迫力がすごくて、ストーリーも感動。
    三時間を超える長編には思えないくらい、観入ってしまってあっという間でした。

  • ピータージャクソンファンの知人から
    子供さんと一緒にどうぞと「キングコング」のDVDを頂いた。
    何度かリメイクされているこの作品。
    数十年前、私が子供の頃二度目か三度目のリメイク版(76年)を
    観た記憶があるが
    あまり面白かったという記憶ではない。

    ロードオブザリングのピータージャクソン監督ね・・・
    でも今さらキングコングは正直見たいとは思わなかった。

    が!

    面白いよ、これ。
    ビックリ。
    家族で観たけどみんなググッと見入っていた。

    えーっキングコングでしょぉ?! などとあなどるなかれ
    特撮も俳優陣も見て損はないです。
    キングコング以外にも沢山出てくるイキモノ達も必見。

    こういう出会いも映画の楽しみの一つです。

全81件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

キング・コング 通常版 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

キング・コング 通常版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする