CLANNAD -クラナド-

  • 68人登録
  • 3.87評価
    • (18)
    • (5)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • インターチャネル (2006年2月23日発売)
  • PlayStation2
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4513244901362

CLANNAD -クラナド-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『Key』3作目。
    Kanon、AIRと買ったのでこちらも手を出してみました。
    はじめは、知人からアニメDVDをお借りして拝見。
    渚ちゃん…うぅ。
    こちらはまだ未プレイなのですが、いずれ泣かせて頂こうかと…。
    桑島さんボイスも好きだー!

  • 美少女ゲームブランド「Key」の3作品目。

    「家族」をテーマにした、涙あり笑いありの学園物。
    「付き合ったらクリア」という従来の美少女ゲームの既成概念を崩し、付き合い始めてからの衝突や葛藤も描く。

    キャラクターデザインを担当する樋上いたるの絵柄には多少癖があるが、キャラクターがいちいち魅力的で、どのキャラも個性がある。

    やはりメインヒロインである古河渚にまつわるストーリーは涙無しでは見届けられない。
    不良である主人公と、病弱で内気なヒロインとの物語。
    お互いに助けあい、弱さを認め合い、挫けながら、それでも歩き続けていく様は、込み上げるものがある。


    サブヒロインのシナリオにも手が込んでいる。
    一人一人のルートにそれぞれテーマが設けられており、違う毛色のシナリオを楽しめる。
    また、ヒロインの両親や友人のペット、はたまた学校の教育指導の先生というようなサブキャラにもシナリオが用意されている程のシナリオの密度。
    まともにプレイすれば100時間を超えるだろう。

    全ルートにファンタジー要素が強く、魔法的な出来事がたびたびおこるので、そういう分野が苦手な人は純粋に楽しめないかもしれない。

    感動的なシーンでかかる音楽も素晴らしく、サウンドトラックを買ってしまう程。
    美少女ゲームだからと敬遠していた頃の自分の顔面をぶち殴りたい程、得た物は大きい。
    是非一度、オタクへの色眼鏡を一旦外してCLANNADの世界に浸って欲しい。

  • 泣きゲーブランド、Keyの三作目。
    登場&攻略キャラが過去最大で、どのキャラも魅力的です!
    私は智代・風子・杏&椋・勝平しかまだ見てないのですが、どのシナリオでも要所要所でボロッボロでした……(ノд`)

    Keyゲーではメインヒロインのシナリオは最後に取っとく派なので、渚ちゃんもまだ見てないのです。
    が、彼女にスポットライトを当てた『アフター』ストーリーがまたやばいらしいので、頑張って全員攻略したいと思います。
    しかし、長い…っ!!←

  • 何かを批評する態度として、
    自分で実際に触れる前から、
    表層的な部分だけを見て、
    あるレッテルを貼る人がいる。
    本当に、愚の骨頂だと思う。

    私自身、
    他人の批評は参考にするが、
    自分で体験する前に、
    その作品の是非を、
    決して判断しないようにしている。

    無知識で、
    体験的認知に乏しい人ほど、
    社会的な通念でモノゴトを測り、
    知ったかぶりをし、
    文化というものに序列をつけたがる。

    映画>テレビドラマ>アニメ>ゲーム>ギャルゲー

    本当か?

    体験しもしないで、
    みんながそうだと思っている、
    と自分で勝手に思っているだけではないか?

    掃き溜めのような映画だってあるし、
    希有な宝石のようなゲームだってあるのだ。

    文化に序列はない。
    判断するのは、あなただ。

    前置きが長くなったが、
    まず、ギャルゲーという、
    偏見を拭い去ってほしい。
    そして、つべこべ言わず、
    プレーしてみてほしい。

    私がこれまで接した
    映画、文学、漫画、ゲームの中で、
    これ以上、泣いた作品はない。

    閉口するような、
    萌えキャラも登場するし、
    「…」なギャグも多発する。

    しかし、この本(ストーリー)は、
    それ以上に素晴らしい、のだ。

    テーマは、家族愛。
    人は一人では生きていけない。
    誰かに支えられて生きている。

    このことを、
    難しい文章で言うことはカンタン。
    しかし、ゲームとして、
    エンタテインメントに昇華し、
    それを誰にでもわかりやすく伝えた、
    という点で、この作品は、白眉なのだ。

    どんなに、世が荒んでも、
    それでも、世界は美しい。

    そう、思える作品です。

    とにかく、やってみてください。
    ぜったい、後悔しないはずです。



  • しおたん・・・

  • 声が付くと凶悪です…ことみー・゚・(つД`)・゚・

  • 渚は俺の嫁。早苗さんは俺のお義母さん。秋生さんは俺のお義父さん。

  • まだ風子ちゃんルートしか越せてないんですが、最後なきそうになりました。
    ギャルゲーじゃないですねこれ。家族愛がもう泣けて泣けて...。全員クリアしたいです。うちは読むのが早いので一人にかかる時間が少ないかも。

全10件中 1 - 10件を表示

CLANNAD -クラナド-はこんなゲームです

外部サイトの商品情報・レビュー

CLANNAD -クラナド-を本棚に登録しているひと

CLANNAD -クラナド-を本棚に「プレイしている」で登録しているひと

ツイートする