ガンバの冒険 DVDBOX

  • 50人登録
  • 4.08評価
    • (18)
    • (3)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
出演 : 野沢雅子  水城蘭子  内海賢二  富山敬  島田彰 
制作 : 斎藤惇夫 
  • デジタルサイト (2006年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953007734

ガンバの冒険 DVDBOXの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 次男が原作小説を読んで(といっても私が読んで次男は聞いていたのだが)、アニメも見たい!というのでレンタルしてみました。私も見るのは初めて。

    原作感想はこちらhttp://booklog.jp/users/junsuido/archives/1/4001140446

    次男に「ガンバのDVD借りたよ」と言ったら「…本の挿絵みたいに、誰が誰か分からなかったらどうしよう…」と思ったようです。原作では動物挿絵家の藪内正幸さんによる完全なネズミの絵でしたからね。あれがアニメじゃ区別つかん(笑)
    さすがに子供向けアニメなのでかなりデフォルメされて服を着たり小道具を持ってて、次男も安心したみたい。

    原作の15匹のネズミたちは役目を凝縮されたりして7匹にまとめられてました。
    そして合言葉として「シッポを立てろ!」(気合入れを、みたいな感じ)、みんな揃ったら決めポーズもありました。
    http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/030/815/48/N000/000/000/144086245185781339179_gamba2.jpg

    ちょうど画像を貼ったので左から。

     ガンバ:頑張り屋のガンバ、町ネズミ。小さいが負けず嫌いで根性のある行動派。
     ヨイショ:船乗りネズミで力自慢。片目は白イタチのノロイにやられて眼帯。
     ガクシャ:牛乳瓶底メガネの学級委員長タイプで理屈が先に立っちゃうところもある。
     シジン:原作ではおとなしかったんですが、アニメでは飲んだくれで医者でへっぽこ詩人になっていた。原作と一番変わったかも(笑)
     ボーボ:ガンバの相棒の町ネズミ。のんびり屋で口癖は「ぼくおなかすいたよ~~」原作のマンプクとアナホリとカリックをボーボとして集約。…ということは、原作終盤のボーボとイカサマの名場面はなくなったのか。。。(それを元にした場面はそれぞれ別のネズミで行われたが)
     忠太:まだ子ネズミかな。泣き虫だけど島の仲間を守るために勇気を振り絞る。背中に島の地図を入れている。
     イカサマ:イダテンと集約。流れ者の渡世人口調で二つのサイコロを操る、が、イカサマ用の(全部の目が1とかの)サイコロもあるから実は三つか四つ持ってるのか?それにしてもサイコロ用語の「ピンゾロの丁!」とかってかっこいいですね。しばらく癖になりそうだ。

    原作とかなり違うのは、まずはリーダーを決めないってこと。リーダーを決めよう!という話はあったが結局「各自が得意分野を役立てよう」となった。40年前から「ナンバーワンよりオンリーワン」だったのね。

    そしてもうひとつはノロイとの対決までにやたらに時間がかかってる。なんといっても島に着かない、着かない着かない島に着かない(笑)。途中で船が遭難するは、他の島で騒動を起こしたり巻き込まれたり、その上楽しそうな島だと「ちょっとゆっくりして行こうぜ!」…ってアニメ全26話のうち島に着いたのがやっと19話ですよ。

    そしてやっと島に着いたと思ったら怒涛のイタチ攻撃に晒される!鋭い爪!光る眼!ぬるりとした不気味な動き!走りも泳ぎも素早い!それが白い悪魔ノロイの号令一下襲い掛かってくる!取り囲まれた!爪に裂かれた!食い千切られた!心理戦に嵌められた!次々やられる島ネズミたち~~。
    大人の私は「ノロイ指導力抜群…」と感心し、6歳の次男は「歌は楽しいけど、お話はちょっと怖い~~」と言っていた。

    さて、倒す目的白イタチノロイはかなり大柄のようで(原作では小柄)、画面いっぱいにユラリと立ち上がり、鋭い目は感情により赤くなったり青くなったり、朝日を逆光にすると白い光を放出させ、鋭い爪と牙、風に乗る妖しい号令と身振りひとつで手下のイタチを指揮する。昔のアニメ絵がむしろ最近の美しい絵よりも迫力あります。
    アニメになるとネズミとイタチの大きさの差が視覚で分かりますね。ネズミたちなんてノロイの顔くらい、イタチの片手で潰されるくらいしかないんだもの、終盤でガンバがノロイに噛み付き海に引き込まれて行く様は、大きさといい絶望感といい映画の「白鯨」でグレゴリー・ペッグがモービーディックと共に海に消えていくのを思い出た。

    原作ではネズミとイタチの直接的肉弾戦は最後の最後で、催眠術や心理作戦のような死の誘惑が多かったですが、アニメでは直接的爪攻撃を繰り出してきましたね。

    せっかくなので主題歌。次男が覚えて歌ってる。
    OPは明るく軽快で、EDは不吉。「旅はもうこれまでだ 冒険を打ち切ろう」「夕日はおまえと仲間の髑髏を移す」って子供向けとは思えない迫力と覚悟だ。

    http://www.dailymotion.com/video/x185e8d_%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%81%AE%E5%86%92%E9%99%BAop-ed_shortfilms

  • 1975年放送。名作の誉れ高い動物アニメの傑作です。島を暴力で支配する巨大な白イタチ『ノロイ』を倒すために海への冒険の旅に出た勇敢な7匹のネズミたちを描いたストーリー。とにかく7匹のキャラ設定が素晴らしくてグイグイ引き付けらます。それにしても仇役の『ノロイ』の怖いこと怖いこと!ホラー映画真っ青のド迫力やったなぁ〜(汗)。巨大な悪に立ち向かう男たちの構図がたまらなくグッとくるし、勇気や友情ってものを子供ながらに教えられた作品です。でこのアニメのエンディング『冒険者たちのバラード』がまた泣かせるんです!普通に考えれば勝ち目のない絶望的な闘いを匂わす歌詞に、子供ながら最悪な最期を予感して胸がつまる思いでした。ホントに良く出来た作品なのでまた未見の方は是非とも。

  • 白イタチ・ノロイはまさにトラウマ。しかしだからこそ、絶望的な状況に立ち向かう友情や勇気が試され、胸を打つ姿となるのだ。子供の頃にこれを観れたのは幸せだった。出崎監督ありがとう。

  • 丁と出るか、半と出るか、
    やるしかねえぜ!
    by イカサマ

    しっぽをたてろー!
    by ガンバ

  • とうとう買ってしまいました。
    劇場版もおさえてて、まさにスペシャルDVD BOXです。
    ついてるブックレットをみると、キャスト紹介に小さく「○○さんは○年○月○日にご逝去されました~」との表記がちらほらと……
    そういう意味でも保存版です。

  • ぼくらのトラウマアニメ

  • かなーり昔に観たアニメ。
    いつかDVD買いたい

  • これだけは見とけ的な。

  • 夏休みのアニメフェアみたいなのでやっていたのを観ました。最高でしたよもう!!イカサマが大好きです。いつまでたっても大好きです。

  • ノロイがとにかく怖いです。ゴジラの巨大鮒虫と同じくらい小さい頃のトラウマになりました。

全10件中 1 - 10件を表示

ガンバの冒険 DVDBOXはこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ガンバの冒険 DVDBOXを本棚に登録しているひと

ガンバの冒険 DVDBOXを本棚に「観たい」で登録しているひと

ガンバの冒険 DVDBOXを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ガンバの冒険 DVDBOXを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする