生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 94人登録
  • 4.20評価
    • (24)
    • (21)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 15レビュー
監督 : フランク・マーシャル 
出演 : イーサン・ホーク  ビンセント・スパーノ  ジョッシュ・ハミルトン 
  • パラマウント ジャパン (2006年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113756549

生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 事務所にいるときに必ず聴いてる音楽があります。まさに奇跡の歌声ですね。アーロン・ネヴィルの「アヴェ・マリア」は本当に癒されます。
    父に似たのか影響なのか分かりませんが、親子で同じものが好きです。
    親父を見送る際にも会場ではずっとアヴェ・マリアを流していたほどですよ。

    この曲は映画のエンディングで使われています。普段ならエンディングロールなら観もしないのですが、この映画だけはマッチングしすぎで固まって観てましたww

    年が経つにつれ、どんどん評価が下がって行ってるイーサン・ホークが主演です。彼が輝いていたのはこの作品までなのかな〜?

    1972年、ウルグアイの学生ラグビー・チームが、チリで行われる試合に参加するため、家族と共に飛行機でアンデス山脈を越えようとしていた時に事故に見舞われるんですよね。

    彼らは救助も打ち切られ、食料も尽き最後は死んだ友人の屍を食料にして生き延び、最後にはイーサン・ホーク演じるナンドとロベルトが絶望と思われたアンデスの山を乗り越えて救助を連れてくるんですよね。

    実話だと思うとかなり泣けてきますよね。

    ぜひ、最後のアヴェ・マリアまで鑑賞してくださいね♪

  • 【事件の詳細】
    ・ウルグアイ空軍機571便遭難事故

    【あらすじ】
    ウルグアイのラグビーチームは、昨年チリチームとの遠征試合が充実したものだったため、今年も行くことに。飛行機にはチームメンバー以外に、応援団や家族など乗客40名+乗員5名が乗り、チリへの飛行はアットホームなお祭りムードで楽しいものだった。天候が安定しない状態でアンデスに差し掛かり、向かい風を受けた機体は管制塔の指示に従うには減速しすぎておりコースを変更しようとして山に激突→機体の後部は一部の乗客・乗員ごともぎ取られ、翼が折れたまま機体は雪山を滑落。生き残った者は喜ぶ間もなく、高度4,200m最低気温-40度に立ち向かわなければならなくなる。

    【以下ネタばれあらすじ】
    機体後部にいた5人+滑落時に即死9名+負傷後死亡3名、と初日の生き残りは28名だった。すぐ救助が来てくれるはず、と期待するも全く来ないまま極寒の雪山に閉じ込められる。医療道具もない状態で医学生のカネッサとカリトスは応急処置を施すが、ナンドの妹は力尽きて死んだ。何しろ食料は1日チョコ1かけとワインおちょこ1杯なのだ。これでは助かった命を無駄にすることになる。

    墜落から10日ほど経った頃、捜索が打ち切られたニュースをラジオで聞くに及び、一行は死体を食べることを真剣に検討し始める。ほぼ全員の意見はこうだった→自分が死んだら自分を食べて生き残って欲しい。

    墜落2週間後カネッサを先陣に死体の肉を口にする。その数日後、雪崩が機体を襲い8人が死亡、生き残りは19人に。

    比較的体力のある者が無線の電池を探しに何度か山を登った。最終的に電池は見つかったが無線は動かず、一行は山越えしてチリに行くor DIEという状態になった。しかし山越えも防寒具のない状態では死にに行くようなものだ。機体の断熱材から寝袋を作り、山越えを決意した頃には墜落から2ヶ月経過、生き残りは16名になっていた。予想以上に険しく途中で1人帰らせたカネッサとナンドは、終にチリの農夫を発見して救助される。墜落から72日目のことだった。

    映像特典として20年後の生存者ドキュメンタリーがあり、ナンドさんが
    「ヒーローになりたかった訳ではない。
     あの事故に遭わなくて良いのなら
     母親や妹や友人を失わなくて済むのならば
     その方がどんなに良かったか」
    というようなことを語っていました。

    ナンドさんは当時22歳、生き残った人達もほとんどが19~20代前半でした。生きてこその幸せ、その重みを感じます。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  • 助かるシーンが本当に良かった。
    人間って凄い。

  •  
    ── マーシャル, フランク《生きてこそ ~ 20060421 パラマウント Japan》
    スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000EWBUMQ
     
    (20160507)《生存者》
     

  • これは凄い映画。「真実に基づいたストーリー」とかいうエクスキューズは個人的には嫌いなんですが、この映画に関しては、実際に起きた話だという事実がとにかく重い。アンデスの山中に飛行機が墜落して、16人が70日間生き延びたなんて話、信じ難いです。しかも人肉食ですよ。カニバリズム。うーん、とにかく凄い話だ。

    カネッサ役のメッシ似の俳優ジョシュ・ハミルトン。ほかでは全く見ない俳優さんですが、なかなかいい男でした。

  • 実話。
    良かった。
    よく生きてた。よく越えた。よく食べた。
    こういう状況でも人を食べるなんてありえないとか言う人いるけど食べなきゃ絶対全員死んでるよ。
    凄い話だ。

    ストーリー
    1972年10月厳寒のアンデス山中にウルグアイの学生ラグビー・チーム45名を乗せた旅客機が墜落した。生き残った者たちはいかに死に立ち向かったか ―――“アンデスの奇跡”と名高い実話を描いて世界を感動の涙で包んだ真実のドラマ。劇中流れる「アヴェ・マリア」は観る者の心に深く染み込んでくる。特典として実際の生存者の証言を記録したドキュメンタリーを収録。

  • 全部実話。
    壮絶だと思った。
    ああ、実話だと知って観てたから辛かった。最後は本当に良かった。
    映画を見終わってからWikipediaでも全部読んだけど、助かるシーんは文字で読んでも涙が出た。

  • 南米ウルグアイの学生ラグビーチームら45名を乗せた旅客機がアンデス山脈に墜落し、72日後に16人が無事生還した事実をもとにした人間ドラマ。

  • 中3の時のクラスか学年アンケートで1位になってた映画。ようやく見た。

  • 85点
    これが実話なのだからスゴイ。壮絶・・

全15件中 1 - 10件を表示

生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする