ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]

  • 492人登録
  • 3.70評価
    • (74)
    • (56)
    • (132)
    • (8)
    • (3)
  • 69レビュー
監督 : クリス・コロンバス 
出演 : ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン  リチャード・ハリス  マギー・スミス 
制作 : J.K.ローリング 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2006年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135571212

ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初は興味がなかったんです。
    子供向けのファンタジーと思ってて。
    でもたまたま地上波放送してるのを見てはまったわけです。
    その時はまだ3作目までしか出来てなかったんだけどすぐに本も読みました。とにかく面白いの一言しかないなぁ。
    確かに本の方が100倍面白いけどあれを映像化してくれるってのが夢あったね♪
    本を読み、また映画を観て、子供とも観て、そして映画が最終巻まで完成したのでまた賢者から秘宝まで子供と観ました。
    4回も観たよ(笑)
    いやぁハリーかわいいね♪ロンもハーマイオニーもかわゆす♪

  • ダニエル・ラドクリフ主演による「ハリー・ポッター」シリーズの第1章。孤独な日々を送る少年、ハリー・ポッターの下に「ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可します」という手紙が届き…。(Amazon紹介より)

    小説版でドハマりした(と言ってもまだ『アズカバンの囚人』までしか読んでいませんが…笑)ハリポタシリーズの第1作です。スネイプ先生役の俳優さんが特にいい味出してますよね。

  • 作品の面白さが見直してみてもよくわからなかった。色々と詰め込みすぎな印象があって、見ていてもストーリーがよくわからなかったのと、こういう雰囲気の作品って、これまでもあったような気がする。善悪の基準もはっきりしすぎかなぁ。

  • 原作を読んだときの印象そのまま。昔からファンタジー系の物語に親しんできた身としてはすべて既視感のある内容。どこか物足りない感じ。映像化はよかったかもしれない、読者が想像している世界観を割とそのままビジュアルにできているように感じた。ハリー…成長しすぎ。

  • 数年前に原作を読んだが、内容を殆ど忘れていたため新鮮に感じられとても面白かった。世界観や映像、物語に引き込まれ、意外な黒幕に驚いたり、賢者の石の入手方法に感心したりと飽きることなく夢中になって観ることが出来た。

  • 原作を読んだ感動がそのまま映像になって飛び出してきたのは、やっぱり賢者の石・秘密の部屋の2本だなぁと思います。それでも公開当時は「ロンはもっと赤毛のイメージだった…」とか子供心に思っていましたが、もうすっかり3人のイメージも定着したなぁ。

  • 欧米の映画によくある勧善懲悪で、ハリーがとことん優遇される。
    だからハラハラドキドキするはずもなく。
    どうやって楽しめばいいのですか?
    魔法とか小人とかも、ファンタジーによくあるやつそのままのデザインでオリジナリティーもなし。

  • わくわくする魔法がいっぱい。とんがり帽子に黒マントに箒、ってベタさがいいなあ。

  • あまのじゃくだからか今更、観る。
    iTunesで100円だったので。
    やはり子供向けかなと思ってしまう。

    魔法の画がすごい!とか、CGが多彩!とかファンタジー感がたまらない!とかを感じない為、あんまりのめり込めず、筋が進むのを急いでしまう。

    グリフィンドールとかクィディッチとかある程度、教養として観ておかないといけないかと思った。。

  • ワクワクしたーー!!

    大人でも楽しめるファンタジーですね。

全69件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする