DEATH NOTE -デスノート- (出演 藤原竜也、松山ケンイチ)

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • バップ (2006/10/25発売)
  • Amazon.co.jp ・映画

DEATH NOTE -デスノート- (出演 藤原竜也、松山ケンイチ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • できるだけ期待しないで行こうと思いつつ、期待に胸膨らませながら、行きました。

    率直な感想は、NANAよりはずっといい。
    私の中で期待の星、藤原竜也さんが月(ライト)役、NANAでシン役だった松山ケンイチさんがL役。私は断然L派なので、このキャストはちょっと不満やったんよ。かといって逆やったら、それはそれで非難ゴーゴーやと思う。
    原作がいいと映画化、特に実写化したものはどうしても質が落ちてしまう。今回はキャストでカバーしたという雰囲気やった。リュークの声は中村獅童さん(リュークはCGなんやけど、本人が出てもいいような気がする)、月の父、夜神総一郎役に鹿賀丈史さん、とハマリすぎなキャスティング!

    藤原竜也さん、顔は全然好きじゃないんやけど、この前の古畑といい、数々の舞台といい、本当にいい演技をする。要注目!
    一方、松山ケンイチさんはLのキャラに助けられたという雰囲気。でも彼はすっごいスタイルがいい!白のロンTとジーパンがすごい似合う。

    何だかんだ言いながら、大満足やった!
    後編は11月ロードショー!要チェキラ!

  • たっちゃんの演技も良かったし、L(松山くん)も雰囲気出てる!
    時間がたつのがあっとゆう間でした。激しい頭脳バトルだ!原作ともにすごく面白いのでオススメ!
    CGのリュークがかっこいい!!!

  • 原作を一度読んだだけなのが逆によかったのか、原作にとらわれず、楽しく見られた。Lたんもミサミサもかわいかったなぁ!特にLたん!イメージぴったり!ライトはライトというよりは、フジワラタツヤだったが、それはそれでよし。CGリュークが素晴らしかった。ストーリーもしっかりしていて、面白かった。続きが気になる!

  • あまり期待せずに見たのですが、意外と面白かったです。やっぱ12巻分もあるマンガだけに、内容そのままというわけでなかったけど、映画は映画でいい感じにまとまってました。11月の後編が今から楽しみです。

  • あんまり期待せずに行ったら意外と面白かった!松山ケンイチのLが可愛くて仕方ないですwwでもやっぱりミサだけはちょっと・・・(6/26)

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする