クリスマスに雪はふるの? [DVD]

  • 12人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
出演 : ドミニク・レイモン 
  • オンリー・ハーツ (2004年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4511749900392

クリスマスに雪はふるの? [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Y AURA-T-IL DE LA NEIGE A NOEL?
    1996年 フランス
    監督:サンドリーヌ・ヴェイセ
    出演:ドミニク・レイモン/ダニエル・デュヴァル

    プロヴァンスの農村、母親と七人の子供たち。父親はときどきやってくるけれど、本妻は別にいる。暴君のような男だけれど母親は彼から離れられない(今思うと典型的なDV男とその被害者の構図だなー)とにかく子供たちは可愛くて健気でそこは和むのだけれど、この母親の病みっぷりは辛い。くそ親父が長女にまで手を出そうとしたのをきっかけに、母親はクリスマスイブのパーティの後に一家心中を図ろうとするけれど、その晩、雪が降ってくる。心中を思いとどまる母。良かった(ほっ)雪が降ってくる、ただそれだけのことで救われることもある。

    (1998/11/23)早稲田松竹

  • 南仏プロヴァンスの田舎で農場主(別に本妻がいる)の下で暮らさざるを得ない母と七人の子供達を、延々と続く辛く貧しい農作業の日常を中心に淡々と描く1996年フランス映画、97年セザール賞最優秀第1回監督作品賞等を受賞。クリスマスの夜の母のある決断、降り出す雪、流れるアダモの「雪が降る」、搾取・貧困・社会構造・そして又しても男の身勝手、家族の愛と絆だけが救いなのだが心が痛い。
    広大な農地での野良植えトマトやサラダ菜・パセリ等の収穫、播種・調製・選別の様子や季節と天候の移ろいは、傍から見れば美しくのどかな田園風景という一面もあるが、ファーマータナカにとっては、北海道や大分での農に関わった日々とオーバーラップして、我ながら感慨深い。

  • 子どもたちがとてもかわいらしい。

    淡々と描かれていて大きな起伏はない。
    ラストはちょっとした奇跡に感動する演出なのかもしれないけど、
    母親の行動が唐突に思えてあまり入り込めず。

    そしてラストの曲が雰囲気に合ってないかなぁ。

  • 配置場所:摂枚視聴覚
    請求記号:S778.235||V
    資料ID:50800798


  • 親父はしょうもないけど
    田園風景、子供、母親が純粋で無垢でとても美しい。
    ラストシーンは何回も見直してしまったぐらいに美しかった。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする