フォレスト・ガンプ [DVD]

  • 2410人登録
  • 4.03評価
    • (495)
    • (470)
    • (357)
    • (37)
    • (9)
  • 327レビュー
監督 : ロバート・ゼメキス 
出演 : トム・ハンクス  ゲイリー・シニーズ  サリー・フィールド  ロビン・ライト  ミケルティ・ウィリアムソン 
  • パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2006年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113757324

フォレスト・ガンプ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生で3度目の視聴。
    10代の時は少し頭が弱いけど大活躍した男の物語。20代は恋が叶わない男の悲しさと共感。
    そして30代はまた見方が変わった。人が本来持っている理想的な生き方。しかしそれ通りに生きていく事の難しさ。ほとんどの人が諦め、自分に愛想をつかし自分もごまかして生きていくのとは対照的なガンプの生き方。わかっているけどそんな生き方出来ないよって感覚、尊敬なのか羨望、諦め、感謝なのか。人によって捉え方は異なるが自分の生き方について何かしら考えさせてくれる映画である事は間違いない。
    今後も人生の節目で観るたびに違う感想を抱くであろう。それを楽しみにまた生きていこう。
    ニューシネマパラダイスもそうだが、この種のストーリーよりも途中の描写で色んな気づきを与えてくれる映画は本当に好きだ。

  • DVD

    お母さまは癌だったけど、ジェニーがかかってたウイルスは何だったのかと考えていて、やはりAIDSかなと思った。(映画内で危篤の彼女はただ美しく、病気をほのめかすような死の面影はないため詳細は不明)
    だとしたらHIVへの感染はヒッピー時代にしている可能性が高く、息子のリトル・フォレストへも垂直感染しているのだろうか。
    チョコレートの中身は食べるまでわからないとは…あまりに残酷だ。
    はじめて息子と会った時、フォレストはまず息子の知能を心配した。彼は才能をいくつも開花させつつも、やはり自分が他人と少し違うことを理解し、自分が父親になることで息子本人、そしてなにより母親ジェニーに迷惑がかかるのではないかと案じたのだ。
    それは彼自身の母親が、気丈に振る舞う裏で、彼の知能障害を最も気にしていることを知っていたから。脚に矯正器具を着けられた彼はみじめだっただろう。
    フォレストも、息子を愛するあまり体裁を気にしたりするようになるんだろうか。いや、彼はそれよりも無言で息子に食べかけのチョコレートボックスを差し出すに違いない。
    いつか息子のチョコレートボックスの中身が分かる。美味しいものも微妙なものもあるだろう。しかしきっとどんな時でも、父はラン!フォレスト!ラン!と叫んでくれるのだ。

  • 子供と初めて対面した時の、トム・ハンクスの演技がこの映画の全てだと思う。
    BGMもすごく映画の場面に合っていて、鎮魂から再生までをうまく表現したテーマ曲は、それだけで泣けてくる。
    時代を駆け抜けてきたフォレストは、これからは、毎日ベンチに座って息子の帰りを待つ幸せな時間を過ごすのだろう。

  • 米国史の課題でみた。
    ひたむきに純粋にまっすぐ走っていくフォレストと共に歴史上のいろいろなシーンが織り交ぜられていておもしろかった。

  • 何回見ても楽しめる映画。

    毎回違った角度で感じられる

  • Honest is the best policy.
    だなぁと思わされた映画だった。
    フォレスト・ガンプの「ひたすらに従う」ことと、「ひたすらやりたいことをやる」のどちらも貫いているところに教えられる。いい映画だった。

  • 爽やかな映画でした。
    ハンデを抱えた人の話は
    周りの目や家族に苦悩とか
    重くなりがちで苦手だったけど
    この映画はそこをユーモアを交えて
    テンポよく表現し
    なによりそれ以上に周りの人の愛があり
    想像よりすごく楽しくみれました
    トントン拍子に行きすぎなんだろうけど
    それも主人公の才能というか
    悲しい箇所もあるけど
    前向きになれるような映画でした
    アップルを果物の会社と言ったときは笑った
    もっと歴史やアメリカの知識があれば
    笑うとこも多かったんだろうな
    一個だけジェニーは良いとこどり過ぎじゃない?
    とも思ったけど、フォレストの想い人だから
    しょうがないか
    フォレストJr.可愛かったです
    愛ある世界だった

    あと、ダン中尉の苦悩と愛も好きだった
    上手くいったからの結果かもしれないけど
    幸せになってくれて良かった

  • とっても良かった

  • 10回以上は観ている。

    脚本、演出、配役、音楽、etc…、全て文句なし。
    ※たとえ★x5でも、ケチを付けたいところがあるのだが、本作については何もない。

    特に、挿入歌とダン中尉が最高。
    ※実はトム・ハンクスはあまり好きではない…

  • 発達障害を伴いながらも自分の得意とすることを見つけ、才能と運で人生を突き進む

    発達障害であるからこそ達成できた事の数々
    周りの人、特に幼馴染兼将来の妻が彼の才能を開花を助けた

    人には向き不向きがあり、できないことに悩むのではなく、適性を判断して活かしていきたいと思った…

全327件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

フォレスト・ガンプ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

フォレスト・ガンプ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする