リディック [DVD]

  • 87人登録
  • 2.94評価
    • (2)
    • (8)
    • (30)
    • (13)
    • (1)
  • 13レビュー
監督 : デヴィット・トゥーヒー 
出演 : ヴィン・ディーゼル  ジュディ・デンチ  タンディ・ニュートン  コルム・フィオール 
制作 : コルム・フィオール 
  • ショウゲート (2006年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427634244

リディック [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この映画が十年前に作られていたら、もっと注目を集めていたかもしれない。
    SF映画は、すでにいろんなパターンが作られていて、この映画のような古典的な宇宙ものは、とっくに乗り越えられてしまっている。

    ただ映画は、スターウォーズ(1977)からブレードランナー(1982)へと、SFの歴史を五十年ほどすっとばしてしまったので、宇宙の物語としての面白さを十分表現することなく、ここまできてしまった。
    広大な宇宙、星々への旅、破天荒な異世界、そういった世界を舞台にした荒唐無稽な冒険物語、われわれが最初にSFにハマるきっかけは、そのあたりの魅力に惹かれてであるが、それをマトモに映画化した作品は意外に少なくて、スターウォーズかスタートレックぐらいしかなかった。

    この映画に昔の正統派SFの趣を感じるのは、その魅力を下敷きにした上で物語が展開しているからである。スターウォーズやスタートレックが明るいスペースオペラなら、リディックは暗いスペースオペラ。こっちの方がヘヴィーでよろしい。画面もかなり強烈。
    物語の目新しさからいえば、とくにこれといったものがあるわけではなく、きわめてオーソドックスな、SFらしいSF映画。しかし、それこそがこの映画の魅力的な点である。

    原題にリディック年代記とあるから、これから先の展開が楽しみ。
    欲をいえば、もう少し異性物らしいキャラクターがほしいなあ。まともな人間が多すぎ。

  •  銀河を支配せんとするネクロモンガーに命を狙われた悪党リディックの活躍を描く。

     あんまり内容はないですが、スケール感や絵敵なすごさはなかなかでまぁまぁのSF作品。
     DVDでは仲根かすみが声やってないのね。。。

  • 前編があったのを知らずに見たためなのか
    何がなんだか分からずだった

    構成もいまいち、人間関係もどうかと
    原作には色々と描かれているのかもしれませんが

    あんな目をしているのも理由があったことを後で知りました

  • 暗闇でも視ることができる力が全然いかされてないような…。普通にみる分には面白かったけど、キーラが殺されてしまうとかないわーと思いました。

  • なかなかない設定でダークな要素も面白かったんだけど、何も残らない…

  • 始まって10分

    『…失敗したな』

    と思いましたが

    なんとか見終わりました

    SFに慣れてないせいなのかあんまりって感じでした


    ヴィン・ディーゼルはカッコいいです

    ストーリー
    恐るべき敵ネクロモンガー艦隊により、次から次へと侵略されていく惑星。その戦いに宇宙のお尋ね者リディックは巻き込まれていく。やがて戦いは全宇宙の命運を分ける、とてつもない聖戦へと発展していくのだが…。
    傑作B級SF映画『ピッチブラック』の続編として作られた本作は、かなり大風呂敷を広げた仕上がり。なんと荒くれ者のリディックが宇宙を助ける“運命の男”として描かれるのだ。それにはツッコミたくなるものの、巨大なセットを実際に作って撮影した灼熱の惑星や地下の牢獄、そしてバロック様式を取り入れたネクロモンガー独特の美術など、世界観の作り込みは見事。むしろ本作は『スター・ウォーズ』で言うところの『帝国の逆襲』であり、続きができてこそ正当な評価ができる作品ではないかと思う。というわけで早く続編を!(横森 文)

  • 【コメント】
    デザインが独特。実は設定とか色々凝っているのかもしれない。
    アクションとかよいと思うんだけど、なんか心に残るものがない。

    【内容】
    一匹狼でお尋ね者のリディックと全宇宙の支配を目論む邪悪な教団
    ネクロモンガーとの戦いを描くSFアクション。

  • 解説:

    暗闇でもものを見ることができる能力を持ち、恐るべきエイリアンの襲撃を生き延びたリディック。

    あれから5年、彼は5つの惑星から指名手配されその首には法外な懸賞金がかかっていた。
    賞金稼ぎの手を逃れて、銀河系のはずれで逃亡の日々を送る彼は、やがてヘリオン第1惑星へとやって来た。

    もともと平和だったこの星は、いまや血に飢えた凶悪な種族ネクロモンガーのリーダー、ロード・マーシャルの手に落ちようとしていた。

    へリオンに暮らすエレメンタル族の使者エアリオンは、ネクロモンガーと対決するため一緒に闘ってほしいとリディックに助けを求めるのだったが…。

  • ヴィンディーゼル主演の映画の中で一番好き

  • 悪魔か救世主? ど派手なアクション痛快。

全13件中 1 - 10件を表示

リディック [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

リディック [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

リディック [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

リディック [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする