Kanon(カノン) - PSP

  • 36人登録
  • 3.71評価
    • (4)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • プロトタイプ (2007年2月15日発売)
  • Sony PSP
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4933032004158

Kanon(カノン) - PSPの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とうとうあの有名なKey作品に手を出してしまいました。

    主人公ボイスがとてもよかった。杉田さんの迫真の演技素晴らしい。
    感動系いわゆる泣きゲーに分類されるものにはボイスはつけるべき!と思わされました。
    女性プレイヤーとしては、男性向けゲームは泣きゲー問わず断然主人公ボイス有りを推していきたい。

    絵の独特なタッチはプレイしてたら慣れるので気にしなくていいと思います。
    システムや音楽、主人公以外の声優さんに文句なし。全て素晴らしかったです。
    自動スキップ・オートがあればよかったなと思う程度、十字キーで進められるのは本当に助かった。右手が休める!ご飯食べながらできる!(行儀が悪い)
    一部声優さんの変更があるようですが私は今回が初プレイなので気になりませんでした。


    マイナス面ですが、プレイされた方は皆同じことを言うかと思いますが、ゲーム中盤、ボイスがなくなります。このゲーム、フルボイスではありません。
    先に口コミで知っていましたがボイスがなくなった途端、序盤で作り上げた雰囲気が崩れたような気がしたのはもったいない。
    音質を保つためと公式さんが言っているようですが、それにしては音割れもあったので不思議な感じです。


    あとこれは個人的な問題かもしれませんが「王道泣きゲー」という口コミに期待しすぎていたのか泣けませんでした。ウルッとはした部分もありますが。
    1人目攻略中に全員の展開が読めてしまったといいますか。
    普段だと、涙もろい私は展開が読めても号泣してしまうのがオチなのですが…。
    「…………結局?」みたいな展開の子がいれば「そこ端折る?」みたいな子も。
    感動する話なのに、いまいち世界観に入り込めない演出だな、と個人的に感じました。正直余韻も感じず。
    好きな話の展開なので本来であれば絶対泣けるはずなので、本当に演出の好みの問題だと思います。うぐぅ。

    キャラクターは合う合わないがはっきり分かれると思いますが私はみんな可愛いなと思えました!
    秋子さんとぴろが好き。

全2件中 1 - 2件を表示

Kanon(カノン) - PSPはこんなゲームです

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする